第四回ニューライフセミナー状況

今年最後のライフ周波数リメディ療法セミナーは10月1日に行われました。

周波数を転写した水の選定方法と使い方を、実際にパートナーに対して適用しながら実践形式で学習します。

リメディを当てると即座に起きる変化とリメディによる反応の違い、治療ターゲットによる効果の違いなどを体験していただきました。

セミナーの感想

・自分の調整法の曖昧な点をかなり補えると思いました。
数字や意識を使っていましたが、リメディのほうが使い勝手がよいのでリメディを使って行きたいと思います。
可能性が大きく拡がる希望が沸きました。

・身体がどんどん変化していくのが楽しいです。
すごく身体が変化し軽くなり楽になりました。
どんどん使っていきます。

・テストはわかりやすく、パートナーの方と協力しながらやり、自分でも結果を出せたのが良かった。

・セミナーで行なったテストと自分が現在行なっている検査を両方行なってみてチェックしたい。
整合性をあわせて治療に使いたい。

・新しい角度からのアプローチが可能になったので、変化の少なかった患者に対して行なってみたいと思います。
リメディが体に及ぼす影響を体験することができた。

・リリースのスピードが速く、意外なリメディが反応したので驚きました。

今回も皆さんに満足していただけたようです。

来年の同セミナーは未定です。受講希望の方はメールフォームから連絡してください。

開催が決まりましたら、こちらから連絡いたします。

正しく使うことで即座に変化をもたらすこの治療法は、時間や物質といった常識的な概念を超える結果を出すこともあります。

さらに多くの方にライフ周波数リメディ療法を使っていただけるように来年もがんばります。

波動機器の効果は小さい焚き火のように

先日、ふと、北海道のアイヌ民族はどうやって冬を越していたのだろうか?と不思議に思ったので調べてみた。

なぜならば今の北海道の家では灯油ストーブをガンガン焚くのがあたりまえだけれど、明治以前にそんな大量エネルギー消費型の暮らしができたわけがない。

いろいろ調べると驚くべきことがわかった。

アイヌ民族の家「チセ」は木材で家の形をつくったら分厚く笹で屋根と壁を覆う。

周囲を雪で囲い、その外は冷蔵庫として使うようだ。

肝心の暖房だが、家の真ん中で小さい焚き火をする。
火を大きくしてしまうと、屋根が熱で燃え、また強い空気の対流により外部の冷気を引き込んでしまう。

だから、一年中ずっと小さい焚き火を絶やさずにすると家の床土全体に熱が伝わるようになり冬も暖かくすごせるようになる。
実験では冬の室内気温は5度程度だが、体感温度は20度ほどであるらしい。

周囲を笹やござで断熱し、土というとても比熱が高い(温まりにくいが冷めにくい)物質の特性をいかした方法である。
これがマイナス30℃の世界を生き抜いていける知恵なのだ。日本人が持っていなかった知恵である。

なお、漆塗りの漆器はマイナスの気温でも割れないので重宝したようである。

さて、私達は今の北海道の「寒ければどんどんストーブを焚く」という発想ばかりしていないだろうか。

シューマン周波数発振器についてしばしば「もっと強力なものは作れないのか」と聞かれる。

しかし、強力にすればいくらシューマン周波数であっても電磁波なのだ。電磁波の弊害を被ってしまう。
それよりもずっとつけっぱなしにしてチセの熱のようにじわじわ環境を変えたほうが利点だけが得られるのではないかと思う。

気オーガナイザーPhi (Chi-o phi)

ただいま、記事のリニューアル記念で
大幅に値下げ中です。

数に限りがありますので、お急ぎください。

Chi-o phi(チーオ ファイ)は美しいだけではなく、身につけることで電磁波の悪影響から身を守り、自分にとって望ましい波動を出す機能性ジュエリーです。

Chi-O Phiはどういう装置なのか?

Chi-O Phi(チーオ ファイ)は以前から続いているChi-o(日本では「気オーガナイザー」として知られています)シリーズで培われてた技術をさらに強化して作られました。

  • 電磁波から生体エネルギーを保護
  • 気のエネルギーのバランスをとる
  • 望ましいスカラー波動を出力する

もっとも基本となる技術は、スカラー波発生装置とスィープ周波数発生です。
このふたつの技術であなたを守るフィールドを発生します。

それだけではなくパワーストーンにライトをあてて強化し、サウンドも発生します。
さらにPhiという名前が示すとおり、神聖図形のエネルギーも利用しています。

ファイ(Phi)

ファイとは日本語で黄金分割比で知られているパターンです。簡単にいうと1.618の比率で、絵画、建築に多く見られ、人間が美しい、落ち着くと感じる比率です。

驚くべきことに自然界には黄金分割比はあちらこちらで見られます。フィボナッチ数列、五芒星、水分子、DNAにまで見られるのです。まさに「黄金」の比率です。
図はオウムガイの成長がやはり黄金分割であり、右側のケースに採用されていることを示しています。

 

自然の波動

私達は普段から共振することの重要さを知っています。特に人間関係、友達、同僚、親しい人などとは「息があう」「同じ感じがする」という言葉で共振を表現します。

自然の中にいるとなおさらこういう感覚に鋭敏になります。

しかしながら多くの人は自然から切り離されて暮らしています。さらに生体に決していいとは言えない電磁波、光や音に囲まれて生活しています。

その結果、病気に至らない未病の状態を感じる人も少なくありません。たまに自然の多いところに行きたくなることは当然です。有害な環境を逃れ、生命をはぐくんできた環境に身を置きたくなるものです。

Chi-O phiの発明者ドン・パリス博士はバリ島の自然から私達によい周波数をいくつも見つけました。もっとも有名なものはシューマン共振波(7.83Hz前後、地球の定常波であることから「地球の鼓動」ともいわれる)かもしれません。
確かにシューマン共振波は私達の体に必要な基礎的なものです。私達は物質的なものだけでは健康に生きていくことは難しいのです。

Chi-O Phi(チーオ ファイ)は、シューマン周波数をふくむ生体によい周波数を発生します。発振した波動はパワーストーンの光(LED)としてChi-O Phiの表面に伝えられ効果を私達にもたらします。

具体的な例を見てみましょう。以下はChi-O Phiによる明確な効果です。

左がなにもしない時、中央が携帯電話を使用した時、右がその後Chi-O Phiをつけて10分経過した時です。
サラサラ血に戻っています。

スカラー波(ゼロ波動)

さらに重要なテクノロジーとして、内部に使われているスカラー波アンテナがあります。アンテナはホログラムチップの直下にあります。ホログラムに書き込まれたデータをスカラー波フィールドに発生します。これは極めて強力です。

スカラー波はアストラルレベルに影響を与える唯一といっていい技術です。
それではなぜホログラムカードがスカラーアンテナでエネルギーを放射できるのでしょうか。

ホログラム技術

ホログラムカードはSE-5などのスカラー波発生機で特有のIDF(まだ現実化していない情報)を時間をかけて書き込んであります。
日本ではまったく知られていない技術です。

ドン・パリス博士は何度もホログラムがIDFを記録するか調べました。何度も再現するため現在の製品に応用しているのです。
各ホログラムカードは特有のIDFをスカラーアンテナにより放出します。

ホログラムチップの情報(IDF)を体や周囲に放射します。それによりもっている人と環境との調和が生まれ、自然との調和がもたらされます。

このChi-O Phiの販売とともに多種類のホログラムカードが販売されました。
主なものをいくつか見てみましょう。信じられない内容です!!!

#1 睡眠
よく眠れるように設計された波動です。使う方によっては悪夢が減ったという方もおられます。
#2 DNA活性化
秘教学者は我々は12種類のDNAをもっているが2種類しか活性化されていないといいます。この波動は10種類のDNAを活性化させるように設計されています。
#3 ネガティブエネルギーの低減
多くの人が周囲のネガティブなエネルギーや闇の影響を気づかぬうちにもらっています。この波動はそういうものや他人からの影響力を低減します。
#4 痛みの軽減
どこの部位の痛みも軽減する波動です
#5 スポーツパフォーマンス向上
有名なスポーツバンドの波動を出します。バランスとパフォーマンスの向上を図ります。
#6 庭の植物の活性化
植物のそばにおいておくと、成長を促進する波動をだします。
#7 風邪とインフルエンザの低減
特にお子さんに有効です。症状の出始めにこの波動を使うと重くならない経験をした人が多数います。
#8 時差ボケの軽減
数日の飛行機での旅行で感じる時差ボケが、まったく感じなくなる人もでる波動です。
#9 ストレスの軽減
ストレスの感じるレベルを下げます。リラックス、やすらぎを感じる波動をふくんでいます。
#10 体重軽減
余分な体重をおとします。(使うとジャンクフードや太りやすい食事を食べたくなくなる自分の感覚に注目してくだささい。)
#11 アレルギーの低減
花粉症対策です。
#12 若返り
50歳過ぎた方にはお勧めです。細胞レベルで若返りと活性化を促す波動です。
#13 放射線の影響
中和生体への影響を軽減します。
#14 霊的成長
瞑想や霊的な存在との交流を助ける波動です。
#15 チャクラバランス
疲労やチャクラのアンバランスを戻す助けをします。
#16 食品の浄化
レストランに行く時はもっていきましょう。食品の波動を改善し、生体に役立つ波動です。
#17 自覚夢
夢の中で目覚めます!
#18 記憶力増強
忘却をさまざまなレベルで防ぎ、思考速度をあげます
#19 幸運
新しいチャンスや人間関係をひきつけあなたの生活を豊かにします
#20 人間関係の向上
コミュニケーションの生涯を除き、他の人とあなたの間の流れを円滑にします。
#21 信頼性の向上
自分を尊重すること、信頼することは密接に関係します。自分について認識がかわると周囲もかわります
#22 幸せの増加
自分の人生の目標と関係していくことはあなたの人生の幸せのレベルをあげていきます。心の奥底のブロックを低減します。
#23 モチベーション
正しい方向に気づかせる波動です。
#24 愛の引き寄せ
愛の引き寄せは経験でしか語れない不思議なことです。愛の光をつけ、愛が引き寄せられる波動です。
#25 恐れの開放
恐れを開放し自分を信じられるようにする波動です。

従来の大型の気オーガナイザー・プログラムで使われていた、希望の波動を出すホログラムカードを入れる機能をこの大きさでも実現しました。
日本では神秘図形や古来から伝わる符呪に願うような波動が宿るとされてきましたが、最新のラジオニクス技術は明確に書き込み、読み出す技術に至っています。

これによりChi-O Phi(チーオ ファイ)はどこでも希望の波動を携帯することでより高い効果を得ることができます。忙しい私達の生活において、気の流れと周囲との調和が円滑になることは人生も調和するのです。

Chi-O Phiの製品について

製品は4種類ですが、日本では主に二種類を扱っています。

  • 金とアメジスト (材質:パンツ・ダツー バリ・ヒンドゥー教に伝わる五種類の金属の組み合わせ)
  • チタンとアメジスト
  • 銀とムーンストーン((日本では非売)
  • 真鍮とムーンストーン (日本では非売)

複数のカードをご購入の場合はお手数ですが、一枚ずつ機能を指定してカートに入れてください。

この商品はIndiGoGoのクラウドファンディングで開発され、世界中の人々に支持されています。

 

「病は気から」が動物実験で証明される

朝日新聞2017年8月15日の記事より、

ストレスで胃腸の病気や突然死を招くメカニズムを、北海道大の村上正晃教授(免疫学)のチームが解明し、15日付のオンライン科学誌イーライフで発表した。ストレスで起こる脳内の炎症が関わっていた。「病は気から」の仕組みが裏づけられたといい、ストレス性の病気の予防や診断への応用が期待される。

チームは、睡眠不足など慢性的なストレスをマウスに与えた。そのマウスのうち、自分の神経細胞を攻撃してしまう免疫細胞を血管に入れたマウスの約7割が、1週間ほどで突然死した。一方、ストレスを与えただけのマウスや、免疫細胞を入れただけのマウスは死ななかった。

突然死したマウスを調べたところ、脳にある特定の血管部分にわずかな炎症があることを発見。炎症はこの免疫細胞によって引き起こされ、通常はない神経回路ができて胃腸や心臓に不調をもたらしていたことがわかった。

村上教授は「同じストレスを受けても、この免疫細胞の量や脳内の炎症の有無によって、病気になるかどうかが分かれると考えられる」と話している。(森本未紀)

この結果は重要だと思います。
というのは、「悩み続ける」と脳の部分に炎症が起き、「通常はない神経回路ができて」病気に至るということですよね。
ならば、その原因は悩みを取らないと再発する、ということではありませんか?
現実をよく反映している気がします。

第三回ニューライフセミナー状況

7月30日に行われた第三回ライフリメディセミナーも大好評でした。

さまざまな波動治療やキネシオロジー療法を行っておられる先生方にとっても、リメディによる即座の反応変化は想像以上のものと評価していただけました。

また、手技療法経験の豊富な先生方には検査の重要性と触診の価値を理解頂けて嬉しかったです。

感想から抜粋

・実習がとてもシンプルで分かりやすかったです。

・テストがしっかりしていたところがよかった。

・リメディの即効性に驚きました。

・テキストは予習・実習ともセミナー後に見るとまた新たな理解ができると思う。

また、この内容を自分の治療法へどのように応用したいですか?という質問に。

・ほぼ、置き換えてしまってもいいかもしれません。
・自分の手技と組み合わせてと受講前は思っていましたが、リメディを使った方が早いです。

という感想をいただきました。

トップレベルの治療家の期待にも十分こたえられるように年内にアドバンスセミナーも開催する予定です。

*アドバンスセミナー受講はニューライフリメディ療法セミナー受講が前提です。

言霊

言霊の定義

しばしばなんの定義もなしに使われ、人によりどうとでも取れる用語があります。
その誤解をうまく悪用したものすらあります。

「言霊」はその最たるものだと思います。
定義のひとつとしてWikiPediaを見ると「言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。」とあります。

この「日本において」がまた微妙で、日本語だからこそ言霊が宿るとか、発した人の意思とは無関係に言葉自体が機能するという機能が付け加えられていることもあります。

言霊が日本語特有かというとそれは完全に違うと考えます。
(本人の努力とは関係ない日本人に生まれたというだけで特別な能力を授かっているような考え方は、実はどの国にも存在します。イタリア人にもカナダ人にも知り合いにいます。閑話休題)

密教で絶大な力を発揮するという「真言」はサンスクリット語のなまったものですが、それ自体が力をもつとされます。この考え方を「言霊」といわずしてなんというのでしょうか?

波動測定器でも「言葉」は重視されます。言葉は意思の疎通に使われます。それは複数の言葉が意味を作り出し、相手の中に概念を再生するからです。
以上より、この記事では「言霊」とは特定の言葉が呼び起こす概念である、とします。

代表的な言霊を示す言葉

朝起きて、家人に「おはよう」ということも言霊の見地からすれば、「今日もお互い元気だね」「元気に一日過ごそうね」という意味をもった一言であり、よい言霊をもつ言葉といえるでしょう。

逆に簡単に「死ねよ」とか言っている人はなによりも自分がもっともその言葉を聞いており、その言葉の背後でイメージする「不幸になる」対象に自分を置いてしまっていることは明らかです。

陰陽師は言葉は「呪(しゅ)」であるから気をつけろ、とおっしゃるがそのとおりだと思います。
しょっちゅう他人の悪口を言っている人間で運勢が向上している人はいません。その悪口で自分の人生をぶち壊していることに気づかないのです。

言葉はさらに言葉自体が表していない、背後の意味が重要であるともいえます。
古い言霊をもつ言葉は聞いただけで意味がわからないものも多数あります。

例えば、光明真言「おんあぼきゃべいろしゃのうまがぼだらまにはんどまじんばらはらばりたやうん」は字にすると


(真言宗豊山派公式サイトより引用させていただいております。感謝

意味は「大日如来さまにお願い致します。私たちの進む道を無量の光で遍く照らし出し、どうか成就するようお導き下さい。」
となるそうですがこの意味だけですんでいるとは考えられません。
わざわざ真言で唱えるからこそ意味があり、その意味は計り知れぬものがあると考えます。それが言霊です。
もちろん、おかげ話も数知れない真言であります。

言霊のふたつの効能

数多くあるように思う言霊を示す言葉ですが、代表的なものをリストすると次のようなものではないかと思います。

  • 天照大神
  • ホ・オポノポノ
  • 光明真言
  • 一二三祝詞
  • すべてはうまくいっている
  • 斎藤一人氏推奨「嬉しい 楽しい 幸せ ありがとう 感謝してます 愛してます 許します ついてる」
  • ハルチ ウムチ ツヅチ

ここでは試しにホ・オポノポノを連続再生で聞いてみましょう。▶を押すと開始し、||を押すと止まります。

自分で唱えるのもよいのですが、だんだん疲れてきます。
言霊を発する言葉を再生し続けるということは意味があるのではないだろうか、と私は思いました。

リストした言霊はふたつに分類されます。

ひとつは真言、祝詞のような、文面からは計り知れぬ呪術のような効能
天照大神、光明真言、一二三祝詞、ハルチウムチツヅチ

もうひとつは言葉がなにかを想起させる組み合わせ
ホ・オポノポノ、すべてはうまくいっている、斉藤一人氏推奨言葉

どちらも人の心の中に直接的に、または間接的になにかを呼び起こすのです。

サブリミナル

ところで言霊を再生する話しになると、必ず出てくるものが「サブリミナル」です。
言葉は早く繰り返して再生したほうがギュッと詰まって効果的といいますが本当でしょうか?

それはテープの早回しのようにキュルキュルという甲高い音となります。(テープの早回しが今や死語ですから、例を貼り付けておきます。)

これをもっと早くすると、人の可聴域を越えます。(もっというとほとんどのスピーカーの再生できる周波数も越えます。)

こんな音、さらには可聴周波数を越えた音でも人のサブリミナルは意味を理解する、という伝説が独り歩きし、それに応じた製品も多々あります。

はっきり書いておきますが、現在、そもそもサブリミナル効果は認められていません
必ずひきあいに出される「1957年9月12日、ニューヨークの某スタジオで市場調査員であるジェームズ・ヴィカリーが記者会見で次の話しを発表しました。
映像内に視聴者が知覚できないほどの一瞬だけ、「コーラを飲め」や「ポップコーンを食べろ」というフレーズを何度も流すことで、コーラとポップコーンの売上をそれぞれ57.7%および18.1%伸ばすことに成功したといいます。これは”サブリミナル広告”と命名されました。

しかし、

「1962年、とうとうヴィカリーは発表できるほど十分な調査は行われておらず、一切を悔いていると白状した」

という大嘘だったことがわかっています。

後年、イギリスのBBCがリプトン・アイスティーとミネラルウォーターで実験しましたが、まったく有為な反応は得られませんでした。

不勉強な人だけがあいかわらず1957年の伝説を信じています。

なぜここでサブリミナルの話しを書いたかというと、言霊のような音声は人が認識できるものでなければ意味はなく、サブリミナル利用なんてアヤシイものの上にアヤシイものを乗っけたものの効果は極めて疑わしいという当たり前の結論を確認したかったからです。

サブリミナルそのものが否定されているのですから、耳に聞こえない周波数が人の潜在意識に作用するという現象も当然、実証されていません。
ディスカバリーチャンネルで有名な「怪しい伝説(原題:MythBusters)でも催眠テープで人はコントロールできるかが調査されましたが、まったく効果はありませんでした。

ただし、時々、潜在意識のことを「サブリミナル」と表現してしまっている記事、書物があるので気をつけてください。言葉の定義って大事です。

同様に聞こえない超音波振動、電磁波に効果があるとするとサブリミナル以外の別の原因を強引に「サブリミナル」と呼んでいませんか?

「言霊エイト」

以上より、言霊を発生する言葉を連続してずっと再生できる機器というものは聞いている人にとって意味があるといえます。

言霊のメリットを得ようとする時、アファーメーションを唱える時、肯定的な言葉を一日5分唱えたところで、残りの23時間55分ネガティブなことを考えたり行動していてもたいして効果がでないことは明らかです。
だから、古人は一万回唱えろとか百万回唱えろと言ったのかもしれません。

マインド・クラフト流に考えるならば、音声として聞くことに疲れたとしても微弱な電磁波として聞こえない「音」を流すことは意味があることは、ソルフェジオ周波数などの機器で確認されています。

また、音を聞く背景に音よりはるかに低い周波数のシューマン波(7.8Hz)を流すことに意味があることも、試してみたいただいた多くの方のフィードバックにより、わかっています。

言霊を発する言葉も、先にあげた8とおりの音声を用意しました。

十言神咒(とことのかじり)
神道で最高神といえば天照大神(あまてらすおほみかみ)です。その神名を唱えることですべての物事の災難を除き、願いも速やかに叶うと
いいます。とくに難局にある時に唱えることをお勧めします。
ホ・オポノポノ
詳しくはこちらのホ・オポノポノの記事をお読みください。世界的に有名です。
光明真言
冒頭にも例であげた、この真言は密教を中国から日本にもたらした空海イチオシの真言です。真言密教の中心におられる大日如来に祈る言葉です。「あらゆる災い」を取り除くといわれています。この真言はオリジナルのサンスクリット語と違うという指摘がありますが、空海自身がこれを推奨し、過去、数え切れない人々が信じ唱えつづけた言葉です。
一二三祝詞
いろは歌と同じように、カナが一度だけ使われている祝詞です。たいへん力のある祝詞とされています。
意味はいろいろ言われていますが、ひとつの解釈が以下のものです。

『ひふみ よいむなや こともちろらね』

宇宙間の生物、森羅万象は、恩顧(すべてのものに恵みを受けとること)により、生を享(身を捧げる)くるものなり
我々は、日常生活の就中にはすべて、日の神、月の神の慈しみによること、至大なり

『しきる ゆゐつわぬ そを』

日月の神は常に、死・老・病の苦悩を去らしめ、悪神をして、憑依する能わしめ(永遠の生成化育の発展を計り給う)

『たはくめか うおえ にさ』

陸の耕地は、年々豊かに富ならしめ、海の魚は、日毎に獲物あらしめ給う

『りへて のます』

老若男女を問わず、黙々として悦びて、働き以って、日月の赤子をして相和し、悉く(ことごとく)餓ゆること無からしめよ

『あせゐ』

朝に出て、日に背に汗し、夕に帰りては、陰陽和合の喜びをたのしみ

『ほれけ』

常に熱烈に、日の神、月の神の出現を祈り、かつ拝せよ
「すべてはうまくいっている」
これは世界中で唱えるといいと言われています。英語だと”Everything is all right”です。宇宙のレベルから見れば正しく運行されているということです。そう考えると不思議だし、感謝がわき、やすらかな気持ちになりませんか。
「嬉しい 楽しい 幸せ ありがとう 感謝してます 愛してます 許します ついてる」
斎藤一人氏が推奨する唱えるとよいと言う言葉「天国言葉」ともいわれています。
「ハルチ ウムチ ツヅチ」
某宗教団体が発祥のようですが、潜在能力を発揮する言霊としてよく使われています。

このように現実すら変える言葉を集め、あなたにかわり24時間唱えるものすごいパワーグッズです。

*ご要望により、さらに言霊ファイルを作ることは可能です。

また持ち運び可能であって欲しい、長時間運用したい、という要望にも答える形で開発をすすめました。

設計段階はこういう状態です。この状態でコンピューターのプログラムを書き、ハードウェアとソフトウェアの役割分担を決めます。

 

製品の内部はこんな感じになりました。
コイルの片方は音源を再生、もう片方はシューマン波を出しています。

外観はこんな感じ。凝ったケースシールが輝いています。

 

操作方法

パネルを見たところです。

スイッチを入れると再生が始まります。

音量を左ボタンか右ボタンで調整してください。

音源は「音源選択ボタン」を押すと変わります。
(どのボタンも長く押しても、短く押しても機能は同じです。)

10秒以上同じ音源を再生すると、電源を切っても次回に電源をいれても、その音を再生し続けます。(メモリー機能)

ACアダプターを使用する場合は、電源スイッチを一度切ってください。

*音源の特注をお受けします。ご相談ください。

言霊発生装置のアイデア自体はずいぶん前から構想していました。
しかしきれいな音声をどうやって再生するかが課題でした。
機械音声、Javascript、ボーカロイドなど検討しましたが、やはりみなさんにお届けするならば、聞いて心地よいきちんとナレーターに読んでもらった音声がベストだという結論に達しました。
幸いなことに調べてみると、効果があるとされて広くしられている文言はそれほどなかったのです。
それでも般若心経、稲荷誓文、観音経、マントラなどまだまだあります。