水素水を作る

水素水の効能

 

アンチエージングの手法のひとつとして、テロメアを保つに書いたように体内の活性酸素(フリーラジカル)を素早く中和するためには、体内の抗酸化酵素を活性化することと、水素の多い水を飲むという方法があります。

理論的な根拠があるのです。

またエステサロンで水素トリートメントをすると、

  • シミが気にならない明るい肌になった
  • 目の下のクマが消え、皮膚の透明感が増した
  • ニキビ跡が薄くなった
  • 髪にハリとツヤが出た
  • 身体が温まり便秘が解消した
  • 熟睡できるようになった
  • 疲れやすさが減った

というような効果が巷ではうたわれています。

アンチエージング、美容に利くというのが、あながち勘違いといえないと思うのは、もっとシリアスな病気がなおる「奇跡の水」、たとえばドイツのノルデナウ、メキシコのトラコテ地方の水などは水素が豊富だという結果が出ています。

さて水素水を自分で作れば、飲み放題、なんなら風呂にいれようか、というくらいになります。
その方法を試してみました。
これが大成功!
“水素水を作る”の続きを読む

冷え症対策:衣類

知る人ぞ知る、目を温める方法から「絹の靴下」まで。。。

目を温める
眼球を動かす動眼神経は副交感性の神経である、てご存知でしたか?
そのため動眼神経のある目を温めると副交感神経にスイッチが入り、リラックスモードになります。
副交感神経ですから、血管が開き、身体の末梢まで十分に血液がいきわたる効果も得られるのです。 “冷え症対策:衣類”の続きを読む

冷え症対策:ハーブティー

ハーブやサプリメントというものは、日本では気軽に売買されています。
それゆえ、「毒にも薬にもならない程度」と思われがちです。

しかしながら、モノによっては医薬品なみに効くものも多くあります。
MindCraftではその中でも、体が不調な時に効果的なハーブ、心がつらくて不安な時に効果的なハーブをブレンドしています。

ハーブはその草全体を使うのでナチュラルでやさしい感じがするところがいいですね。

“冷え症対策:ハーブティー”の続きを読む

冷え症対策品:アロマ

アロマで使うエッセンシャルオイルは大量の花や草木からわずかしかオイルとして抽出できない貴重な自然からの贈り物です。
アロマで冷え症が治るのか?
効果があるのです。
そもそも人間の感覚器官で最初に動作しはじめるのは嗅覚です。
嗅覚は記憶を引き出しやすい特徴があります。
それほど、香りというものは人の精神に作用するのです。
“冷え症対策品:アロマ”の続きを読む

冷え症の隠れた原因:低血糖症

*注意:以下の記述はさまざまな本で知ったことをまとめてありますが、詳細に知りたい場合は専門書にあたるようにしてください。人の体は絶妙なバランスでできており、一部だけを強化すればいいというものではありませんから。

低血糖症とは

低血糖とは、血糖値(血液中のグルコース濃度)が低くなった状態です。

病気でもないのにいきなり血糖値が下がってしまう。
なぜそんなことが起きるのでしょうか。
糖、果糖、ブドウ糖のような単純な構造の糖類を摂り過ぎることで、逆に低血糖症は起こります。
つまり、甘いものや主食を頻繁に取っている人は要注意です。

そのメカニズムを説明します。 “冷え症の隠れた原因:低血糖症”の続きを読む

冷え症対策:SSRIについて

うつ秒の治療においてSSRIと呼ばれる抗うつ薬などが処方されています。

ここでは薬の作用、またSSRIを処方するに当たっての各国の対応を紹介します。

セロトニン

前提知識として、脳内物質セロトニンの働きを概観します。
セロトニンは生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などの生理機能と、気分障害・統合失調症・薬物依存などの病態に関与しています。
またホルモンとしても働き、消化器系や気分、睡眠覚醒周期、心血管系、痛みの認知、食欲などを制御しています。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬:Selective serotonin reuptake inhibitors)

覚醒状態を保つセロトニン濃度が薄くなることを防ぎ、精神的な安定を促すものです。
一般的に抑うつ治療に用いられます。精神科や産婦人科では、抗うつ薬として処方されることがあります。
副作用や依存性は軽いとされていたのですが、2008年に発表された文献には、「プラセボ(偽薬)よりは効果はあるが、従来考えられていたほどの効果はない」という説もあります。
また、3割の患者に改善傾向が見られるが、別の3割には悪化傾向が見られるともされます。>

そうはいっても、3割の患者には効いたのですから、有効化どうかを個別に見極める必要がある、ということです。