標準ラジオニクス装置

ラジオニクス装置の基本はここをご覧いただくと、中身や操作がわかると思いますし、このページを参考に装置の製作やセミナーをやられている方もおられます。
ラジオニクスの基本は網羅してあります。

ただ、セミナーをやられている方の多くの使い方の講義が古すぎて気になります。いまだに同率レートとか差率レートとか説明していますが、さすがに古い。
20年くらい前の話です。
対象物のバランス、波動調整などということをする時に今時のラジオニクス装置で大事なものは、ポテンシーです。
SE-5 1000なんかはポテンシーダイヤルだけが目立ってます。

SE-5 1000や最近のラジオニクス装置は、ポテンシーを望ましい方向に変えるために利用します。例えば、「健康」という言葉を入れたなら100方向に強化したいでしょう。「脂肪の減少」という言葉を入れたならば、0方向でしょう。

ポテンシーは対象物がどれくらいの程度であるかということを測定、設定するために使います。
一方でラジオニクスで影響を与えたい、バランス、ポテンタイズする場合は望ましい方向を示すために使います。

ところでラジオニクス装置の製造はしばらくお断りしておりました。
2018年末にレメディ生成器(レメディ・ポテンタイザー)を開発したところ、ラジオニクス装置を治療に使われている数人のお客様から「なんとかならんか」とご相談を受けたので、なんとかしました。

それがレメディ・ポテンタイザーExです。

開けると

赤い端子が追加されています。

ここに

とスティックパッドを接続することでラジオニクス装置として使えます。

例えば基本的な例をひとつあげると、ウィットネスにネガティブエネルギーが強い人の写真を置いたとします。


ダイヤルを右下からじゅんじゅんにスティックするポイントをみつけていけば、その人のネガティブ状態のレートがでます。
そこで写真をコイル内に移し、ポテンシーダイヤルを0にします。
ここでレートの転写スイッチをオン!
対象の人は遠隔であってもネガティブなエネルギーが減少します。

またこの装置は電源オン直後に波動をクリアにする動作が開始されます。
装置のクリアのためにU字型磁石をふりまわす必要はありません。

この機能を利用してコイルにあらかじめくたびれたパワーストーンなどをセットするとリフレッシュさせることができます。
波動測定器にありがちな機能は搭載してあります。

なによりもこの装置はもともと3000種類以上のホメオパシーやフラワーレメディを製作するために作られていますから、購入者が使いこなせないままということにはなりません。

このようにレートを出すことができなくても、やれることがたくさんあります。レメディー・ポテンタイザーのページも参照してください。

スティックパッドのトレーニングはゆっくりやればよいと思います。

 

マイクロラジオニクス

世界最小?のラジオニクス

*この装置でレメディ・ポテンタイザーの代用はできません。内部の回路がまったく違います。なによりダイヤルの数が違います。

友人が出張用に欲しいということで、とても小さいラジオニクス装置を作りました。13cm x 6.5cm x 3cmです。マッチ箱で大きさをご理解いただけるでしょうか。

スティックパッドは、Mind Craftでいろんな素材を試した結果、最善と思われるガラスエポキシ製です。

“マイクロラジオニクス” の続きを読む

アルバート・エイブラムス

アルバート エイブラムス(Dr.Albert Abrams 1865-1924)

Mr.Abramsアルバート・ エイブラムス(Albert Abrams 1863-1924)は1863年サンフランシスコの裕福な商人の家庭に生まれる。エイブラムスの秀た経歴は、ドイツのハイデンベルグ大学医部を首席で卒業し、ベルリン、パリ、ビエナ、ロンドン等で医学研究生活を
送る。ハイデンベルグ大学では、医学・物理学・哲学者として世界的に知名のヘルマン・ホン・ヘルムホルツのもとで学び、その後親しく付き合う事になるが、このヘルムホルツの交友から刺激を受けて、彼は生物学と物理学の法則を結びつける事を試みる様になり、この事が後々までの彼の研究と新たな発見へと運命づける事になる。その後米国に帰り、スタンフォード大学医学部で病理学を教え、医学科主任となり病理学の博士号を受けている。1924年61才で、突然この世を去るまで彼の研究は続けられた。 “アルバート・エイブラムス” の続きを読む

リンデマンのラジオニックチューナー

ピーター・リンデマンのラジオニック・チューナー

この記事はさまざまな海外の文献に転載されているものです。ピーター・リンデマン(Peter
A.Lindemann)はラジオニクス、フリーエネルギーなどの研究家としては有名な人でさまざまな発表をしています。とくに自作できる記事をいろいろ書いてくれております。私が製作したラジオニクス装置よりも高級な構成ですので、参考になるでしょう。翻訳は雰囲気を味わっていただくため(言い訳か)、逐語訳に近いです。
リンデマンに掲載許可を取ろうと努力をしましたが、どうしても連絡先がわかりません。それゆえ、原文も掲載しあくまでも仮に掲載しているとさせていただきます。もし、ご存知の方がおられましたら教えてください。それではどうぞ。 “リンデマンのラジオニックチューナー” の続きを読む

ジョージ・デ・ラ・ワー

ジョージ・デラワー(George De La Warr 1904-1969)

エイブラムスの死後、イギリスの医師達の中で彼の治療法を試したいというものがいた。エイブラムスの本をもとに装置を再現したいと考え、ひとりの技師に依頼した。
それが、デラワーであった。デラワーは装置を制作するだけでなく、自ら植物に対してラジオニクス装置からのエネルギーをレンズをとおして植物にあててみたところ、病気にかかった植物が元気に生育することを確認できたのだった。しかも植物本体に直接でなくても、葉一枚、もっと極端には植物を撮影した写真でさえも、植物本体のかわりができることを発見したのである。 “ジョージ・デ・ラ・ワー” の続きを読む