情報によるレメディの製造 (レメディ・ポテンタイザー)

タイトルはとても怪しいものとなりましたが、自信をもって発表させていただく記事です。

情報からレメディを作り出すことは可能です。

その事実を知るためには、ホメオパシーとラジオニクスについての技術的な関係と、先人達の努力の歴史を知る必要があります。
順番に解説します。

ホメオパシーとフラワーエッセンスについて

ホメオパシーは原料となる物質を水に入れ、その水を100万倍、数億倍、振盪(しんとう)しながら希釈します。
結果的にホメオパシーの薬液の中には現物質はほとんど存在しません。

フラワーエッセンスは花びらを、水をいれた鉢に浮かべ数時間太陽にさらします。結果的にできあがった水には花の現物質はほとんど存在しません。

それらが単なるプラシーボ効果しかもたらさないのであるならば、使用している治療院ではレメディは「賢者の水」のような万能薬として一種類だけあればいいはずですが、現場ではしっかりと使い分けがなされています。なんらかの理由により各レメディの性格が違うことは明白です。

ホメオパシーは「現物質」と呼ばれる物質が人体に引き起こす現象を水に転写し、その水に特定の症状と心理状態をもった体が共鳴した時に効果を発揮します。

「ハーネマンがじっさいにおこなっていたことは植物からの抽出物の 周波数と病気の周波数をマッチングさせることだったとおもわれる。」(バイブレーショナル・メディスン P101)

ここでいう「周波数」の実態はまだ科学的に解明はされていません。ホメオパシーやフラワーリメディを扱っておられる方々にはほとんど知られていませんが、それは鍼灸の経絡を流れる気、生体エネルギー、バイブレーションやサトル・エネルギーと呼ばれているものです。(「バイブレーショナル・メディスン」にはこういう話が満載です。)

ホメオパシーやフラワーエッセンスにおいては現物質が科学的には存在しないレベルなのにもかかわらず、呪術的な思いで現物質への期待をもつことは適切ではありません。
にもかかわらずなぜ現物質から作ったと称するレメディに固執するのか?理由は後述します。

ラジオニクスについて

ラジオニクスは20世紀初頭に開発された波動を扱う技術です。
創始したアルバート・エイブラムスは医師であり人間の腹の皮膚をガラス棒でこするという方法で共振、非共振を判定していました。後年になりそれは物質が生体に及ぼす反応を利用したもので、振り子によるダウジングとかわらないということがわかりました。
ラジオニクスにおいて大きな発見は、物質、意識などを固有の「レート」と呼ばれる数値にあらわすことができ、逆に数値をセットすることで物質、意識の波動を作り出すことができるということです。

ラジエスセシア(放射感知学)とラジオニクスについて研究していたマルコム・ラエ、ブルース・コーペンにより「波動の転写」ということが可能であり、最初のレメディ制作がイギリスでなされました。

現代ではやはりバイブレーション、サトルエネルギーを扱う技術だと認識されています。

世界でもっとも販売数の多いラジオニクス装置SE-5 1000(IDF分析機)(マインド・クラフトは日本の総代理店です)を持ち運び、世界中でホメオパシーを制作して使っているホメオパス(ホメオパシーを処方する人)や製造企業もあります。
それはホメオパシーのみならず漢方薬のジャンルまで広がりつつあります。

またイギリスではSULIS社がレメディを作る装置を販売しています。そのサイト(http://www.sulisinstruments.com ) には次のように製品について述べられています。

マルコム・レイ氏が最初のレメディーメーカーを製造して以来、様々なタイプのレメディーメーカーが市場に出ました。しかしそれらの開発に携わったのは電気技師たちであり、ホメオパスではありませんでした。そんな中、電気技師でラジオニクス・プラクティショナーのトム・ラファティー氏とホメオパスのスティーブン・シルバー氏が共同でSULISのレメディーメーカーMK2の原型となるモデルを開発しました。

SE-5 100やSULIS Remedy Makerのようなラジオニクス装置によりレメディの波動を転写してレメディを作るという考え方そのものは一般的なものです。

装置の使用者について

ラジオニクス装置を使い波動の共振状態を検知するには、波動への感受性をもつか、トレーニングをしなければならないものです。
しかしいったんレート(数値)が確定したものを操作することは誰もができます。
この写真はイギリスのデラワー研究所でラジオニクス装置を使い、遠隔治療のために治療レートをセットしているところです。操作している人はアルバイトのインド人の女性です。特別な能力をもった人ではありません。レメディ生成装置はどなたが操作しても結果がでます。

レメディ・ポテンタイザー

マインド・クラフトでは従来ホメオパシーを要望いただくと、SULIS社のリメディ・メーカーを使っていました。
しかし、ニューライフリメディ研究会において自由にホメオパシーを作って試したいという要望が高まってきました。
ホメオパシーやフラワーエッセンスは精神的な愁訴に特に効きます。

ラジオニクスはレートという単位のない数値を扱わねばなりません。そこでどうしても別装置の開発が必要となりました。

ラジオニクスの文献は30年前から集めていますが、デジタル回路がなかったころはボリュームの角度に意味があるのではないかなどと議論されていた時代もありました。
現在ではそれは違うことはわかっていますが、ボリュームでセットするほうがわかりやすい(特に治療家の先生はアナログな方が多い)のは確かです。
そこで制作は面倒なのですが、あえてボリュームを使うことにしてあります。

ボリュームにレートをセットして、[C]と書いてあるところにポテンシー(希釈度)をセットします。実際の市販されているホメオパシーはほとんどがCですから間に合うと思います。

左下のウェルにボトルを入れ、Cの上のボタンを押すと点灯しますから、消灯まで14秒ほど待てば完成。

必要な時に効き目のある新鮮なレメディーをオンラインで作って提供するというのはどうでしょうか?
在庫も必要ありません。

レメディ作成のためのレートを検索する日本語版のツールも用意しました。
これは日本初だと思います。(クリックするとサイトへジャンプします)

クライアント、患者さんのために多くのレメディを試したい方、気軽に持ち帰ってもらいたい方はご検討されてもよいのではないでしょうか。

効果

この装置に自信をもてたのはモニターをお願いした星先生の次の感想です。

比較的ヒット率の高い物10種での意見です。
凄く良いです。

質問:一緒に送ってもらったレメディは何で作ったのでしょうか?(SULIS社のRemedy Maker MK-1です)
この試作機で作った物と区別つきません。
少なくとも同様の物は作れると言うことでです。

藤井先生からは

バッチレメディは、全部オッケーでした。
ホメオパシーも午前の患者さんに何本か使ったんですが、ちゃんと反応しますね^_^大丈夫そうです

理屈ではいけるはずでも現実ではどうかというと、やはりドキドキします。
うまく動作検証ができました。

治療家は自分が感知できなくても患者さんに適用することで有効なレメディかどうかはたちどころに理解します。

ラジオニクス機能を搭載したモデルについては、こちらへどうぞ。

工房こぼれ話

この装置は記事にあるとおり、ニューライフリメディ研究会をより進歩させるためには必須の道具であったため、開発しました。
レメディについての知識の総動員に近いですが十分な知識は溜まっていたため、開発期間は2ヶ月足らずでした。
2018年にあらためてインターネットを調べるとラジオニクスについてのみならずライフの研究なども世界では大幅に進んでいます。イギリスでもアメリカでも古い文献を気軽に見ることができるようになっています。
20年くらい前、インターネット出現以前の時代には、FAXで注文、郵便小為替でお金を送り、資料を得ていた時代とは大きく変わりました。入手がほぼ不可能だったアメリカのヒエロニムスマシン(主に2ダイヤル)の使い方についての細かい説明なども今はいくらでも入手できます。
日本だけがラジオニクスについては古い知識のまま滞っているといえます。不勉強な連中の嘘を正すために、いつかはインターネット時代に即したラジオニクスについての本を書きたいものです。
国産ラジオニクスの設計をし、SE-5 1000を販売し、こうして関係機器を製作販売している立場上、日本でもっともラジオニクス技術を知っているひとりといってもうぬぼれじゃないと思いますので。

 

標準ラジオニクス装置

ラジオニクス装置の基本はここをご覧いただくと、中身や操作がわかると思います。

近頃は伝統的なラジオニクス装置の販売をしているお店も増えました。

ただ使い方の講義が古すぎて気になります。いまだに同率レートとか差率レートとか説明している人がいますが、さすがに古い。

今時のラジオニクス装置で大事なものは、ポテンシーです。
SE-5 1000なんかはポテンシーダイヤルだけが目立ってます。

対象物のバランス、波動調整などということをする時に、同率レートとか差率レートとかの説明をしていることがありますが、とくに差率レートはとたんに共振しなくなる、という事実があります。
SE-5 1000や最近のラジオニクス装置は、ポテンシーを望ましい方向に変えるために利用します。例えば、「健康」という言葉を入れたならば、おそらく多くの場合は100方向に強化したいでしょう。「脂肪の減少」という言葉を入れたならば、多くの場合は0でしょう。

ポテンシーは通常は、対象物がどれくらいの程度であるかということを測定するために使います。
しかし、ラジオニクスで影響を与えたい、バランス、ポテンタイズする場合は望ましい方向を示すために使います。

ところでラジオニクス装置の製造販売はしばらくお断りしておりました。
2018年末にレメディ生成器(レメディ・ポテンタイザー)を開発したところ、ラジオニクス装置を治療に使われている数人のお客様から「なんとかならんか」とご相談を受けたので、なんとかしました。

それがレメディ・ポテンタイザーExです。

開けると

赤い端子が追加されています。

ここに

とスティックパッドを接続することでラジオニクス装置としても使えます。

例えば基本的な例をひとつあげると、ウィットネスにネガティブエネルギーが強い人の写真を置いたとします。


ダイヤルを右下からじゅんじゅんにスティックするポイントをみつけていけば、その人のネガティブ状態のレートがでます。
そこで写真をコイル内に移し、ポテンシーダイヤルを0にします。
ここでレートの転写スイッチをオン!
対象の人は遠隔であってもネガティブなエネルギーが減少します。

またこの装置は電源オン直後に波動をクリアにする動作が開始されます。
装置のクリアのためにU字型磁石をふりまわす必要はありません。

この機能を利用してコイルにあらかじめくたびれたパワーストーンなどをセットするとリフレッシュさせることができます。
波動測定器にありがちな機能はすべて搭載してあります。

マイクロラジオニクス

世界最小?のラジオニクス

友人が出張用に欲しいということで、とても小さいラジオニクス装置を作りました。13cm x 6.5cm x 3cmです。マッチ箱で大きさをご理解いただけるでしょうか。

スティックパッドは、Mind Craftでいろんな素材を試した結果、最善と思われるガラスエポキシ製です。

“マイクロラジオニクス” の続きを読む

アルバート・エイブラムス

アルバート エイブラムス(Dr.Albert Abrams 1865-1924)

Mr.Abramsアルバート・ エイブラムス(Albert Abrams 1863-1924)は1863年サンフランシスコの裕福な商人の家庭に生まれる。エイブラムスの秀た経歴は、ドイツのハイデンベルグ大学医部を首席で卒業し、ベルリン、パリ、ビエナ、ロンドン等で医学研究生活を
送る。ハイデンベルグ大学では、医学・物理学・哲学者として世界的に知名のヘルマン・ホン・ヘルムホルツのもとで学び、その後親しく付き合う事になるが、このヘルムホルツの交友から刺激を受けて、彼は生物学と物理学の法則を結びつける事を試みる様になり、この事が後々までの彼の研究と新たな発見へと運命づける事になる。その後米国に帰り、スタンフォード大学医学部で病理学を教え、医学科主任となり病理学の博士号を受けている。1924年61才で、突然この世を去るまで彼の研究は続けられた。 “アルバート・エイブラムス” の続きを読む

リンデマンのラジオニックチューナー

ピーター・リンデマンのラジオニック・チューナー

この記事はさまざまな海外の文献に転載されているものです。ピーター・リンデマン(Peter
A.Lindemann)はラジオニクス、フリーエネルギーなどの研究家としては有名な人でさまざまな発表をしています。とくに自作できる記事をいろいろ書いてくれております。私が製作したラジオニクス装置よりも高級な構成ですので、参考になるでしょう。翻訳は雰囲気を味わっていただくため(言い訳か)、逐語訳に近いです。
リンデマンに掲載許可を取ろうと努力をしましたが、どうしても連絡先がわかりません。それゆえ、原文も掲載しあくまでも仮に掲載しているとさせていただきます。もし、ご存知の方がおられましたら教えてください。それではどうぞ。 “リンデマンのラジオニックチューナー” の続きを読む