SE-5 1000ワークステーション

2013年にSE-5 1000の開発者ドン・パリス博士は新しい機種を発表しました。

それがこのSE-5 1000ワークステーションです。
この機器は一言でいうと、バランス専用の機器です。Balancing Only Instrumentということで短くBOIと呼ばれています。SE-5で使われているスカラーアンプとChi-Oのスイープジェネレータの技術の組み合わせから生まれました。 “SE-5 1000ワークステーション” の続きを読む

SE-5 1000代理店について

SE-5 1000は、心と現象を繋ぐ究極のメカといってもよいかと思われます。

応用分野も掲載させていただいているとおり、とても幅広いものです。
広くお使いいただきたいので、日本では代理店の敷居は大変低く設定してあります。
こういう時代ですから、会社形式にこだわりません。個人事業主様でもOKです。

現在は以下の方々が代理店をやってくださっています。 “SE-5 1000代理店について” の続きを読む

新しいSE-5 PCプログラム

SE-5 1000のPC用プログラムはしばしば更新されます。このページでできるだけお知らせしていきたいと思います。

最新はIDFSoftwareです。

新機能

大きい変化はデータベースを切り替えられるようになりました。

ダウンロード

ダウンロード

まずは、このパッケージをダウンロードして保存します。

お使いのSE-5プログラムがある場合

Dataフォルダーがお使いのSE-5プログラムフォルダーにあります。このフォルダーだけ他にコピーしてください。この中にすべてのユーザーデータが入っています。
コピーしたら、コピー先のフォルダー内にSE-5.mdbとQSE.mdbがあればコピーできています。

展開

ダウンロードしたファイルをSE-5 1000を繋ぐPCにもっていき、実行してください。圧縮ファイルが解凍されます。

ご存知かも知れませんが、SE-5 1000のPC用プログラムはインストーラーがありません。パッケージを展開して、中のIDFSofware.exeを実行すれば新しいバージョンが立ち上がります。

この展開したパッケージフォルダーをここでは「プログラムフォルダー」と呼ぶことにします。

プログラムフォルダーは、通常はC:¥, つまりCドライブの直下にSE-5といった名称で作ることをお勧めしています。

新しいパッケージは名前を変え、SE-5xxxにします。
古いプログラムの上に新しいパッケージを上書きすることは避けてください。

新しいパッケージを使用してみて問題がなさそうだったら、古いプログラムフォルダー内のse-5.mdbを新しいプログラムフォルダー内のse-5.mdbと取り替えます。

そうすると、今までのデータベースを使い続けていくことができます。

(図はクリックすると拡大します)

古いパッケージは、しばらくしたら、削除するだけでOKです。通常のアンインストール作業は必要ありません。

 

新しいSE-5本体プログラム

新しいSE-5本体プログラム(PCのプログラムではなく、本体側です。ファームウェアと呼びます)ファームウェアが発表されました。

(2011/12)バランスの時間、ディレイと繰り返す回数を本体だけ(Stand Alone Mode)にセットすると、それぞれの数値は↑↓ボタンを押して数値を変更する必要がありました。

今回、ボタンを押したままにしておくと自動的に値が上昇したり、下降したりするようになり、早く設定できるようになりました。
値の変化はゆっくりから、長い間押していると早く変化するようになっています。もちろん、一度ボタンを押すと一段階だけあがるのは以前と同様です。

(2011/12)custom programがcustom sessionと名称を変更しています

ファームウェアが欲しい方はマインド・クラフトまでお問い合わせください。

また、内蔵プログラムも変更し、カスタムプログラム(セッション)は従来の倍、保管できます。

以下を行う場合、必ず本体とPCは必ずAC電源に接続してください。

ファイルを入手したら、exeの実行形式ですから実行してください。
ここではDownloadフォルダーにSE-5updatev26.rar.exeというファイル名で入手したとします。

ダブルクリックすると確認画面が出ます。
実行すると圧縮されていたファイル群が展開されます。

この画面は下に展開するフォルダーの場所が示されます。
展開したい場所が違う場合、”Browse”ボタンを押すとフォルダを選ぶことができます。

ここではDownloadフォルダーを選択しました。OKを押すと元の画面に戻ります。

次にInstallボタンを押します。なお、これはインストールではありません。単にファイルが展開されるだけです。
なお、どこのフォルダーにファイルを展開したか忘れないでください。あとから使うために展開しているのです。

展開されたフォルダー内にあるUSB Utilityプログラムをダブルクリックして起動します。

このユーティリティプログラムで、PCから本体にSE-5 1000のファームウェアを転送します。

まず、Browseボタンを押してダウンロードしたフォルダーを指定します。先の例ではDownloadフォルダー内にあるはずです。

同じ画面でさらに”File Type”を指定してください。 .SE5 を選びます。

file nameの欄に適切なファイル名が指定されるはずです。なお、ファイル名はダウンロードするファームのバージョンにより変化します。

Openボタンを押してください。

 

ここからがまっったく知られていない手順になりますが、失敗したら、ここからやり直してみてください。突然、電源を切ったりしない限り本体が壊れることはないはずです。

1. SE-5 1000の電源をオフにします。

2. USBケーブルでSE-5 1000とPCを接続します。

3. SE-5 1000の電源を入れます。クリア処理が終わったら、 Preparing for USBが本体に表示されるはずです。

4. ここで、UP↑ と Down↓ を同時に押します。ディスプレイにLOAD FIRMWARE Enter to Proceedと出るはずです。

5. 本体のEnterキーを押し、次にPC側のユーティリティのTransferボタンを押します。SE-5側のディスプレイにStart USB utilityと表示されます。

6. PC側のプログレスバーがだんだん増え、転送が終ると終了です。

本体側はrebootします。

次回から新しいファームウェアです。

 

装置や消耗品の販売について

SE-5 1000の購入については、まずお問い合わせいただくことを強くおすすめします。
基本的には最寄の代理店をご紹介します。
お問い合わせはこちらからお願いします

se5pkg2

ご購入される場合はこちらからお願いします。(購入として質問は送らないでください。返答できません。)

いくつか消耗品があります。

グラシン紙封筒

サンプルを入れる封筒。
grasin_s

プローブ

光ファイバーが入ったプローブです。

probe_s

ELアウトプットケーブル

7色あります。用途に応じ、使い分けるのもよいでしょう。
outcable_s
これらのご購入は、別途お問い合わせください。

なお、POGOプリンターの用紙は、Amazonなどでも売られています。

カルテのカスタマイズ

SE-5 1000はパソコンと接続することにより、SE-5 1000本体とデータの送受が出来ます。
とくに測定結果をレポートとして出力でき、非常にフレキシブルな対応が可能です。

このカスタマイズは個別の対応となりますので、別途、お見積りの上、開発、納品となります。

クライアントに施術の結果の変化を確認していただけます。

(サンプルカルテ準備中)