パラレルワールドの移動の仕方

パラレルワールドとは、今、あなたが見ている世界がひとつではなく、多数あるということです。
そして、それぞれの世界は少しずつ違います。SFなどではよく出てくる話ですが、現実に物理学者がマジメに議論している分野でもあります。(参照:多世界解釈)
その数はSFどころではなく、とてつもない数のパラレルワールドが存在するとしています。

バカバカしいとお考えの方は次の動画をどうぞ。量子力学で真面目に議論されているヒュー・エヴァレットの多世界解釈というものを知ってください。

パラレルワールドで有名なエピソードにマンデラ効果というものがあります。
南アフリカで反アパルトヘイト活動に身を投じ、最後は大統領にまでなったネルソン・マンデラは2013年に亡くなりました。
しかし1980年代に獄中で亡くなったという記憶をもっている人が少なからずいて、違う世界を見ているのではないかと言われています。
私個人は間違ったニュースが流れた思い違いではないかと考えていますが、パラレルワールドというものの概念の入門としてお知らせしておきます。

人は望ましい生活を達成するために、さまざまな努力をしてきました。
世の中で一般に言われていることは「目標を立て、手順を細分化し、順番に達成していけ」ということです。
しかしなにかのチャンスが必要な目標の場合、努力が正しいかどうかすらわかりません。セレンティビティもシンクロニシティが発生する理由も不明のまま「天は自ら助くるものを助く」とわけのわからん諺で納得するしかありません。

だからこそ人は神仏に頼むわけで、まだ引き寄せの法則を知ろうとするほうが、研究熱心とはいえるのではないでしょうか。
しかしこれらはどうしても「スピリチュアル」な色が強く、ハイアーセルフや魂や、はたまた霊や神の話まで出てきます。
私が最もイヤなのは、願い事について神の話をすることはどうしても神との取引になるからです。願いを叶えてもらいたいから神の望む生活態度をする、極端な例では、あの世での安楽を信じて自爆テロを起こす宗教すらあるではないですか。
神の話をするならば、自分の願望とは別に生き方の話をしたいものです。

そういうスピリチュアル要素をまったく抜きにして、望む現実を起こすということを「無限にあるパラレルワールドの中で望む世界に移動する」と考えてみようというのが、この記事の趣旨です。

相対性理論の実験より

飛行機(時速1000キロメートル)のパイロットが1000時間フライトをすると、1.5×10-6秒時間が遅れる。
(出典:http://www.oit.ac.jp/is/shinkai/seminar/200811/200811_maeda.pdf)

時間が絶対に過去から未来に一定の速度で流れるのであれば、時間が縮むということは、そのパイロットはほんのわずかとはいえ、私とは違う現実を見ているということになります。

私はこの実験から現実はいくつもあると考えざるを得ないと思っています。

もともと時間は「ない」という考え方が最近の物理学でしばしば取り上げられます。
わかりやすい動画がありますから見てください。

私達が通常信じている時間は、人間の脳の中にしか存在しない。私達が考えている過去、現在、未来は同時に多数存在するパラレルワールドということです。
この「時間は存在しない」という考え方を受け入れることがキモのひとつです。

そして、このパラレルワールドを私達は移動することが可能です。
その方法は単純に私達の選択によります。
しかし、私をふくめ多くの人はその選択をほとんど無意識のうちに行ってしまっています。だから思い通りにいかないのです。

「パラレルワールドは存在する」「パラレルワールドの移動は私達の選択により可能である」というふたつの点に留意して、バシャールの話と5chの未来人の話を読んでみてください。

バシャール

バシャールは誤解があるようですが、あまりスピリチュアルな話をしません。質問者がそういう話を好むから答えているのであり、どちらかというとメタフィジックス(超物理学)の話のほうが多いように思います。
バシャールは頻繁に我々はパラレルワールドを移動している、と述べています。ここでは「バシャール 今ここが人生の目的地なんだ P.76」から引用します。

今、あなたがテレビである番組を見ているとします。あなたはひとつの番組しか見ていませんが、別のチャンネルではいくつもの番組が同時進行で流れていることは理解できますね。

次にあなたは、それまで見ていたチャンネルから別のチャンネルに切り替えて他の番組を見ることにしました。するとそれまで見ていた番組は過去のものになったかと、と言われればそうではないですよね。あなたがその番組を見なくなったとしても、同時進行で別のチャンネルでその番組がまだ流れているわけです。

つまり、さっきまで見ていた番組も今、ここに存在しているのです。「存在」とはこの考え方と同じです。すべてのもの、すべての場所、すべての時間は今ここに存在しています。ただ、あなたの意識が常にシフトし続けている、つまりチャンネルを変え続けているのです。あなたは過去にあなた以外の誰かであったということはありえません。あなた以外の誰かは、今現在も、その誰かとして存在し続けているのです。

バシャールは私達がチャンネルを変え続けている、と言いますが、それが無意識に行われてしまっているとはあまり言わないのが残念です。

これを意図的に選ぶということについて、わかりやすい情報がネットにあがっていたので紹介します。

2020年5月3日から来た未来人だけど質問ある

読むのは面倒くさい人はYoutubeにまとめがあるのでどうぞ

まとめ(アヤしい関西弁なのはご本人の書き込みがそうだからです)

1、時間は存在しない
2、世界線の移動はすべての人が既に行なっている
3、世界線の移動は選択によって可能
4、選択とは結果を取得する際の分岐や集中を指す
5、世界線の移動はすべての人が行なっているにも関わらずその認識が本人に無いのは「任意の」「意図した」世界線に行けていないから
6、「任意の」「意図した」世界線に行くには、自らの選択によって望んだ結果を取得する事が必要
7、結果から原因に向かう事も可能

こんな所やな。
詳細はこのスレでほぼ解説したと思うから、ここでは割愛するでー。

で、ここが重要なとこやけども↓
今までこのスレでのワイの拙い解説や、周りの人の補足も含めて理解してくれるとしたなら「世界線の移動の手順」というのは無いに等しいというのも分かってくれるかなー、と思うんや。

それでも「知りたい!」ってレスがあったから、
【主体的に意識して選択する事】 をお伝えしたわな。
まぁ、ぶっちゃけこれでほぼ全てやねんけど…

それでも「足りん!全然足りんわ!もっとちゃんと説明せーボケー!」ってビンビン伝わってきたから、もーすこし話すとやな…
世界線の移動はあくまで自身の気付きだけで十分なんや。
やから、知覚するってのを、ほんのすこーしだけお伝えするわ。

あんまり無理せんでな。結構疲れるから。
んでこっからの文章はゆっくり読んでみてな。

今、この掲示板を見る為に使っている君の スマホorタブレットorパソコン 使い慣れてるはずやねんけど、ほんの少しだけ視点を変えて見てくれないやろか。(繰り返すけど、ゆーっくり読んでな。)

どんな風に視点変えるか?っちゅーとな。

【初めてその機器を見た】と。

もう、ほんまに初めて、という認識。見たこともない状態。
スマホなら、そもそもボタンも無いただの画面だけの機械。
この画面触ると、ウニョウニョと画面が動く。
もし今、君が何処かのお店や電車に居るなら、周り見渡してみてほしい。
皆、この機械を眺めとる。
もし今、君が家に居るなら鏡で見てほしい。数センチの平べったい機械持って、ポチポチ画面触っとる。
かなり謎や。なんやこの機械。

PCなら、プクプクしたアルファベットの塊の上に手を置いて、右手には丸っこいネズミみたいなのがあるわ。画面には文字がぎょーさん並んどる。意味不明や。

これの使い方もぶっちゃけ分からん。
何故なら君は今、この場でまさに初めて見た機械やからや。

しかも、や。

この画面の中で人々が意思疎通を図っとるらしい。
信じられん、魔法としか思えん。

その認識の状態で、今度は目の前にあるペンやノート、他にも君の目の前にある物を見てほしい。(何度もすまんが、ゆっくり読んでな。)

凝視してほしい。
じーっと見つめて構わんわ。
これも今、君が初めて見た物や。
気になってしゃーない。

かなり謎やな。なんやこれ、っちゅー話や。意味分からん。
何のために使うんやこれ?

んで、一度触ってみてほしい。(ゆっくりでええからガチで試してみてな)
触ってみると心地悪い気はしない。
ペンだったら色んな角度から眺めて、ボタンがあれば押してみて。
匂い嗅げるんだったら嗅いでみて。

それでも相変わらずどうやって使うか分からん。

そうして、周りの物や、人、乗り物、食べ物、飲み物…君は今、全て初めて目にした。

恐ろしいほどに素晴らしく出来とるわな。

これ、誰が作ったんや、って。

ほんで、もう一度、今君の目の前にある機械見てほしいんやけど、やっぱり初めて見るから、どうやって使っていいか分からん。

この時、以下の事が起きているか、
今度は君自身をゆっくりと観察してみて欲しい。

==============
色彩感覚に変化はあるか、
周りの音に変化はあるか、
身体変化はあるか
==============

事細かく観察してみてや。

特に色彩感覚には変化が起こりやすいで。
明るく晴れたような感覚、眩しい、色とりどりに見えるetc
こんなにも世界は多様な色が使われていたのかと初めて知るわ。
色の階層がより鮮やかに映るで。

音も、微細な生活音にも耳が向くようになる。

身体変化については、人によるんやけど、半覚醒したり、逆に不安になる場合もあるな。もし口渇の場合は水分取ってな。

状態としては、君の子供の頃に酷似しとるで。

初めて見たものばかりやから、その都度「これは安全な物か?」「怪我はしないのか?」といった身の危険を守る選択をはじめとして、
「味は?」「色は?」「匂いは?」「触り心地は?」といった五感の情報まで選択して取り入れていた時期やな。

子供の頃の不思議体験って腐るほどあったはずや。
これは明らかに世界線ゴリゴリ移動しとったのを体感してるはずやけど、(よく分からん土地ワープしてたり、よく分からんものを見たり)いつしか大人になって忘れていた感覚やな。

何故大人になってこの状態が無くなるかと言うと、毎度この状態になると単純に脳みそがしんどいねん。やから「意識した選択」をなるべくしないように楽な方向として「無意識な選択」をするねんな。

そりゃ毎回毎回スマホ触るたびに原始人みたいな動きして驚きと興奮を得ていたら敵わんわな。生活出来ん。

時間があるときにこれは繰り返すとええで。いつでも出来るし、場所も選ばん、お金もかからん。

余談やけど、電車とかめっちゃおもろい。
なんせ初めての乗り物やから何処に連れて行かれるのかも分からんやん。なんでドア勝手に開くのかも分からん。車内放送もなんで流れるのかも分からん。周りの人は一心不乱に小さい画面に釘付けになって笑ってまう。

これ↑を「リセット」だとしたら、次はノイズやな。

これは楽ちんや。
至って単純なんやけど、今までの帰り道と全く違う道で帰ってみてほしい。出来れば徒歩で試してな。
車とか自転車バイクは、普通に事故が心配やからやめといてな。

君はいつも、ほぼ無意識で帰り道を歩いてるわけやけどそこに無理やり違う帰り道というノイズを入れて、選択せざるを得ない状況にする。
先ほど伝えたリセットと併せるとより効果的かもしれん。

違う帰り道に入ったら、次の曲がり角から選択の連続や。
とにかく知らない道にガンガン入って欲しいわ。その時に見える景色や匂いや人や動物や家はどんな風に見えるか、そして君自身にどんな影響与えてるかも、つぶさに観察してほしい。
そして元の帰り道に合流した時の感覚も是非覚えておいて欲しいんや。
主体的に帰り道を選択する事でどんな結果を得られたのか。
元の帰り道に合流した時の景色は、匂いは、気分はどう変わるか。
==============

このリセットとノイズは、
●今まで如何に君が無意識下で選択していたか
を知覚してもらいつつ
●意識的に選択する事を強制させた
わけやな。

こっからまた重要な事書くでー↓

今、既に君は結果を手にしてる。
「現在」がそれや。そしてこの瞬間も「現在」が連続して、その連続、点滅で君はここに居る。
この結果は君が選択した結果や。それ以上でもそれ以下でも無い。
この結果は無意識でも取得出来るし、意識的にも取得できる。
ところが無意識で取得した世界線だと、君が意図した世界線ではない可能性が非常に大きい。
つまり、君が望んだ結果ではないかもしれない。

君が望んでいないとすればそれは何かを考えてみてほしい。
恐らく君自身がコントロール出来ない事の多くにそれが含まれているはずや。例を挙げると、

●環境
言われのない差別、
虐待、
劣悪な状況

●感情、関係性
自身の自滅的、破壊的感情
家族や会社内の険悪な人間関係

片方だけの場合もあれば、両方の場合もある。

これらはコントロール出来ないからこそ、それらに振り回されて疲弊してしまう=望んだ結果ではないわけや。そして望んだ結果ではないからコントロール出来ないという、負の連鎖に陥る。

無意識下の選択によって移動した世界線=主体的に世界線を移動出来なかった結果、でもあるんやな。

もし、意識的に選択出来ていた場合、これらは君のコントロール下に置かれるわけやから、望んだ結果を手に出来る。

まずは上記を理解して一つの世界線だけでいいから確実に取得して欲しい。
君が望んだ世界線を一つだけでも手に入れる事が出来れば、その後はほんまに何処へでも好きな所に行ける。行きたい場所にも行けるんやから、行きたくない場所へは余裕で行ける。

通常は下記の流れで結果を取得しとる。
いわゆる一方通行やな。便宜上これを「順次」と呼ぶで。

●認識(どんな経験や体験か)

●選択(どんな選択肢があるか)

●行動(結果をもたらしたのはどんな行動か)

●結果(何を手にしたか)

これを下記のようにすることも可能や。

●結果(何を手にしたか)

●行動(結果をもたらしたのはどんな行動か)

●選択(リセットする事で無限に増やし、ノイズで強制化)

●認識(リセットとノイズで認識を変化させる事ができる)

上記は順次を反転させたものやな。便宜上「再帰」と呼ぶで。
順次と再帰は、方向こそ違えど工程を見ると中身は同じや。
言い換えると、下記とも同義や。

●認識=結果

●選択=行動

●行動=選択

●結果=認識

経験や体験が増えると、順次だけになってしまう。
フィルターが掛かるからやな。
「○○しなければならない」「○○でなければいけない」という認識からスタートするから、順次の移動しか出来ん。

誤解を恐れず言うとすれば、会社に行ってお金を稼いどる人や学校に行って勉強しとる人、明日も明後日も必ず会社や学校に行かなければならない、と無意識で考えてるかもしれん。
ところが、「行かなければならない」なんて事は無い。

「行かなければ給料が出ず、生活出来ない」「行かなければ単位が取れず進学できない」のと「行かなければならない」のはイコールでは無いやんな。

まぁ上記は極端かもしれんけど、この「○○しなければならない」は曲者過ぎてやな、本当は君はもっと自由なはずや。
ところがこの認識に身動き捉われてしまって最悪な選択を連続してしまっている、ちゅー事が多々ある。

むしろその最悪な選択が自身で意識した選択ならまだ良い方で、ほぼ9割以上の人は無意識に最悪な選択を連続してしまっている。
それこそ「させられてしまっている」と言っても差し支えないやで。
それほどまでに「○○しなければならない」は恐ろしい認識や。

(念の為やけど、他人に迷惑を掛けて良いとか、礼儀を捨てて良い、とか、そういう次元の話ちゃうで。今話してる内容は、我儘や自己中とはそもそも土俵が違う。)

君を縛っとるものは他でもない君自身や、っちゅー所をどうにか認識した上で、主体的な選択をしないとこれからも誰かに動かされたままや。

子供の頃なぜあんなにもゴリゴリ世界線移動して体感できていたのか、それはリセットやノイズをやりまくってた上に認識は柔軟やったからや。

アホほど長くなったけど、手順というよりは知覚や認識の話なの分かってくれるやろか。

でも、これ気付かんでも生活出来るから、全然要らん人は要らんねんな。
やから、取捨選択も君の判断や。
ただな、もし変えたいとか変わりたいとか思うならいつでも出来るって事を覚えとくとええし、辛かったらいつ逃げてもええし、挑戦したい時はいつ立ち向かっても構わん、失敗は自身の最善の選択やから何も問題は無い、ってのも頭の片隅入れとくとええかもやで。

そんな他人を見て笑う奴ほど、アホみたくカッコ悪いで。

1番カッコ悪いのは無意識に最悪の選択をしとる自分で、それに気付かん時や、って。

慣れるまでは望んだ結果の取得までどうにも気付きにくいかもしれんけど、ある日リセットやノイズすら無意識下に置けた瞬間、結果が手元に既にあって、そしてどの世界線にも移動出来て、全てが自由な状態が来るで。

せっかくの人生やから、楽しみましょ。

今今メソッド

引き寄せの法則を追いかけている人ならば、最近「今今メソッド」というものが流行っていることをご存知だと思います。
私はこの方法もパラレルワールドを移動する方法の別の説明だと考えています。

「今今メソッド」とは「今、この時点をよく見つめる」ということにつきます。
たとえどんなに大変な状況にいても、今、この時点を見つめる時間がある時、悩み、悲しさ、辛さ、怒り、憤りそのものをもたらすものはなにもないということです。それは過去の経験、未来への恐れがもたらすものであり、たった今。ここには存在しないということです。
今、見つめている時だけはなにも起きていない平穏な時が流れているということです。それでエゴ(顕在意識)が見ている世界を超えて、この世の中を把握しようということです。マインドフルネスに極めて似ています。

静穏な世界を知ると、自然と感謝の気持ちが沸き起こるのです。
それは意識を肯定的な方向にもっていっていると言えないでしょうか?

私の体験

「100%自分原因説」という願望達成の方法論があります。
多くの人が「私の責任じゃないこともたくさんある」と感情的に反発します。しかし本質は「自分の責任だということにして、自分が変えられる」と決めることにあるのです。

いくつか自身の体験を書きます。

私は長年、IT業界にいます。たまに、大きなトラブルが持ち込まれます。日本のシステムインテグレーションをやっている会社で事前に検証をやっている会社はごくごく限られますから、能書きどおりに動かないと大慌てとなります。
そういうトラブルが起きた時にほとんどの人は「どうなるのかわからない」「どうしよう、困った」としか考えていないのです。これはIT業界に限らずトラブルが起きた時の周囲のホンネではないでしょうか。
そこで、「自分が関与している以上はこのトラブルは○○まで(想像でも現実的な範囲)に○○の形で解決する」と考えるのです。
言い換えると誰も未来を見ていない時にひとり未来を見るのです。
すると不思議なことに、結果から過程が実現することがとても多いのです。

もうひとつの例です。新型コロナウィルスが蔓延している世界に私達はいます。
蔓延する前に私は「会社に通勤したくない。満員電車に乗って毎日オフィスに行くことは本当にいやだ。会社を辞めてやりたいことやろうかな」と考えていました。
そうすると世の中にコロナが蔓延し、会社に行かずにすむようになりました。
妄想だと言われることは百も承知で「コロナの蔓延するパラレルワールドを選んだのかな」と思ったりします。
あなたもコロナの蔓延により人生は変わらなかったでしょうか?

IT業界の未来を考えて「こういうビジネスはどうだろう?」と妄想し、資料を集めたりしていました。すると「そういうことをしたい」という企業が現れました。

このような現象をパラレルワールドを移動している、と考えると納得できることが多いように思います。

以上、生活に追い詰められた人は人生の線路を変更するチャンスになるかもしれません。

 

潜在意識との会話

インターネットを見ていると「潜在意識が妨げている」という表現が多くないですか?
自分がやろう、やったほうがいいと思っていることについて、先送りしてしまう、ヤル気が起きない、などのことはしばしば起きます。

でも、それって潜在意識のせいなのでしょうか?
そんなに潜在意識と顕在意識って意見が違うものでしょうか?

そして潜在意識と会話することがそんなに難しく、教えることがビジネスチャンスにすらなっているということに違和感をもちます。

確かに私達は潜在意識に乗っかった子供ですが、それほど潜在意識と意思疎通をすることは困難でしょうか?

今日は潜在意識と折り合いをつける方法について書きたいと思います。

とはいえ、最初に自分がやろうと思っていることを自分が妨げている場合、いきなり潜在意識の議論をするよりも先に、「自分をきちんとかまってあげているか?」意識の世界の自分の中を見つめてください。

私は自分の機嫌を自分でとても取るほうです。
やらなくちゃいけないことがあってもヤル気が起きないとNetflix見たり、Amazonで買い物したり、まとめサイトの世間話を眺めていたりします。

で、ふと「ちょっとやろうかな?」と気分が変わったらその気分をおだてて、やらなきゃならないことに突入します。

自分の機嫌をとらないで「いやだなぁ」と放置しておくと締め切りギリギリとなってしまい、ロクなことにならないことがしばしば起きました。
そうなってしまうくらいならば、自分を大事にしたほうがいいと思います。

他の人から聞くのですが、しばしば「自分を蹴っ飛ばすように叱咤して、やることはやらねばならない」と思い込んでいる人もいます。
私から見ると、まるで自分を信じていない人です。
こういう人は「病気になったらどうしよう」「やっても結果が出ないとどうしよう」とか失敗という概念に囚われています。
言い換えると失敗を期待しているのです。
失敗に対処する最善の方法は先送りしないことなのですが、自分を信じていない人はなかなか始めようとしません。そしてやはり自分がもっとも想起していた失敗に近づいていきます。

このタイプの人は潜在意識など、まるで信用していません。
必要な情報も「自分が探す、探した」と顕在意識で思い込んでいます。

潜在意識との会話以前に、自分の顕在意識との合意が取れていない場合のほうが、圧倒的に多いと思います。

さて、潜在意識と意思疎通することはそんなに難しいことでしょうか?

もっとも簡単なものは呼吸ですね。
呼吸は意識をしてコントロールすることもできるし、意識しなくても潜在意識が体の要求に応じてコントロールしています。
それゆえ、潜在意識との会話のはじめとして呼吸は瞑想などで古来、推奨されてきました。
しかし呼吸だけで潜在意識と会話しようとすると、膨大な「修行」が必要です。
私は推奨しません。

次に簡単なものは、誰もいいませんが、自分に言い聞かせることです。
そんなんでできれば苦労しないって?
私は過去、何十年も目覚まし時計で目を覚ましたことはありません。
(万が一のために、必要な時はセットしますけれども)
眠る前に時間を確認し、「俺は朝7時に起きるんだよ」と明確に2,3回言い聞かせると、7時前にスッキリ起きられます。
これが潜在意識との会話と言わずしてなんでしょうか?

同様にしてなにかの解決策だって、問題を一行にまとめて書いてパソコンにでも貼っておけば。潜在意識は解決策を探しだします。

もう少し高度なテクニックとしてはEFTが挙げられます。EFTについてはここに10年以上前に記事をかきました。
ツボをタッピング(軽く叩く)しながら、基本的に「(ネガティブな事実)であることを認めます。でも、(ポジティブな状態なのです。)」というアファーメーションを唱えるとすっと潜在意識が受け入れるというものです。
EFTを自己催眠だと言っている人がいますが、いいじゃないですか、うまく簡単に潜在意識に伝えられれば。
しばしばレッテル貼って理解したつもりになって、本人はまったく進歩していないトータルで愚かな人を見かけますが、なにがしたいのでしょうか?
ここをお読みの方は先人の知恵をまず試しましょう。

ところでアファーメーションと言えば、ひたすら完成形のアファーメーションを唱え続けて潜在意識に染み込ませる、などという愚論をしばしば見かけます。
オススメしません。
なぜならば、その行動はあなたが誰か他人にしつこくその言葉を言い聞かせていると想像してみてください。
普通は相手は怒り出しますよね。「しつこい#」って。
なぜでしょう?そう、信用されていないと感じるからです。
なぜあなたの潜在意識は例外なのですか?

上に書いたように潜在意識に意思を伝えるなんて簡単なことなのに。
なかなかアファーメーションがかなわないのは、まず顕在意識レベルで矛盾が解決していないのではないでしょうか?

もしくは、あなたのためにならないことであるので潜在意識がのってこない。

しばしば恋愛などでアファーメーションは利用されていますが、恋愛って実は自分の投影だって理解していますか?

どんな人でも自分の中に男性性と女性性を持ちます。
目の前にすてきな異性が現れた、とみんな思い込みますが、それは違います。
自分の中にある理想と相手が近いということです。
そこに理性が「知らない人を探すより、目の前にいる人に仕掛けたほうがラクだ。今がチャンス」と耳元でささやきます。
かくして「この人が大好き」になるのです。
こう言えば身も蓋もないのですが、自分の激しい感情は相手からもたらされているのではなく、自分の中に動機があると気づいてください。
恋愛とは激しい感情ですから割り切ることは難しいですが。

それでも相手に理想を見出して固執しないための大事な考え方だと思います。

恋愛に限りません。

密教という宗教があります。これがなぜ「秘密の教え」と言われているかというと「即身成仏」を教えるからです。
しばしば「この身のまま仏に成る」と解釈されていますが、長年の私の経験では違うと思います。

「この身が仏であることに気づく」ことが秘密の教えなのです。
密教で加持祈祷という願望を達成する、自分が仏であることを体験する方法があります。
この時、「三密」が方法の要(かなめ)とされます。
「身密(しんみつ)」「口密(くみつ)」「意密(いみつ)」です。

願う対象の仏を現す「印(いん)」を手で結ぶことを、「身密」といいます。
真言を唱えることを「口密」といいます。
仏の姿を心(意)に思い描くことが、「意密」です。

この3つで自らを仏と一体化させるといいます。
これをやると人は仏になれる時があるのです。
人にはもともと仏に変身する能力が備わっているということです。

実際に加持祈祷を長年行っておられる阿闍梨(あじゃり)は「加持祈祷は叶うこともあれば、仏の都合により変化したり、叶わないこともある」とおっしゃいます。

我々が潜在的にもっている能力で仏とつながっても(個人的には集合意識だと思います)物理的な達成は多くの人の思いの集合体として達成されるということではないでしょうか。

密教がはじまってから1000年以上経っていますが、現代人は当時の人よりもはるかに多い知識をもっています。
大昔に書かれたお経の知識を超え、私たちは「即身成仏」の可能性が十分にあります。

もっと自分と潜在意識を信頼してください。

占いとカードリーディング

スピリチュアルについて書くことは久しぶりです。
書かない間も時々、カードリーディングの依頼を受け、リーディングをしてポジティブな反響をいただいていました。
私にとっても大事なことはその都度、神々の存在を感じることができるということでした。
簡単な占いについてfacebookに書いたら思わぬ反響があり、やはりこういうこともお知らせしていったほうがいいのだな、と改めて思いました。

ここでは怒涛のように初歩的なチャネリングについて書きます。

  1. スピリチュアルな存在について
  2. 外応、辻占というスピリチュアルな占い方法
  3. カードリーディング

について書きます。

1.スピリチュアルな存在

みなさんは霊的な存在と交流をしたいと思うでしょうか?

そういう精霊は大別して6通りいます。

ひとつはこの世を作った存在。いい例は「神との対話」などかな?雰囲気を知るには翻訳ものより英語版がいいです。

ひとつは精霊と呼ばれる、自然に存在している霊。シャーマンはもっぱら精霊との交流を目指しています。

次に多くの宗教で祈り出された霊。ほとんど人類初の宗教と言える古代エジプトの神々など。ここには過去に祭られても忘れ去られた宗教の神々も含めましょう。

次に天使。多くの宗教で天使は語られるのです。
ただし、天使の種類はとてもたくさんです。

さらに人が亡くなってから神になる。日本の神道ではよくある話ですが世界中の神話でもしばしば起こります。

それから異星人。

私が神々から聞いたことは
「宇宙はいろんな存在がいる。ひとつしか存在できないほど狭くはないよ」
だから、どれが真実かなどと決めつけないでください。
どれもありえるのです。

さて、これだけ様々な神々がおられ、一応、聖なるものとされていますが、当然、逆の象徴もいますよね。悪魔とか邪神とか。
でもね、これらの存在は神のバリエーションに過ぎません。だって邪悪な存在って宗教で使う脅しには最高のアイテムですよね?
で、そういうものを欲する人がいるから存在するのです。
ちなみに悪魔崇拝必須のアイテムのドクロの意味は、人生は虚しい、どんな美人も最後には土に帰るってことです。日本でも九相図というものがあります。

どの神様ともあなたが対話すること(チャネリング)は可能です。
従来の宗教は、専門家を通してしか、私たちは聖なる存在と会話できないとされていました。
今でもその思い込みを利用しているチャネラーはたくさんいます。

そういうチャネリングには致命的な欠点があります。
そのチャネラーのレベル以上のメッセージが降りようがないのです。

よい例かどうかわかりませんが、ここに英語が堪能な帰国子女がいるとします。ただし彼は勉強が大嫌いで中学生レベルの学力しかありません。
彼が通訳としてcovid-19の治療について通訳できるでしょうか?
できるわけがありません。基本的な専門用語も概念も知らずに翻訳は無理です。

同様に霊的な存在の思考を言葉としてあなたに翻訳する人の霊的なレベルはとても重要なのです。
私事になりますが、私がチャネラーになろうと志した最大の理由がこれです。
ビジネス上の難しい問題をビジネスを知らないチャネラーを介しても意味がわかりません。
「神との対話」に「言葉は最後の手段として使われる」は本当にそうなのです。

じゃあ、どうやってチャネリングするか?

まず、グランディンクしてください。
意味がわからないなら、まず、googleなりで検索していろんな方法を見てください。そのなかで自分がやりやすい方法を見つけてください。

基本中の基本です。
たまたま最初からグランディングできちゃってる人は多数います。
世の中に居場所のある生活ができて、ポジティブに将来を考えている人はグランディングできています。
スピリチュアルの世界はとても多くの人が耳年増です。
評論する前に行動しましょう。

グランディングして、瞑想します。
そしてあなたの質問を天に投げると、必要な霊的存在がやがて答えてくれます。
これが初歩的なチャネリングです。
答えが帰って来にくい時には、次の「外応」を利用した占いが役立ちます。

2. 外応、辻占というスピリチュアルな占い方法

もともと私達は霊的な存在に囲まれています。
なぜそれを理解できないかというと、親や学校や友達に「自分」と「他人」という線引きを厳しく教えられてきたからです。
たとえば、人のものを取ってはいけません、と自他の区別を明確に決められます。
ずーっと自分と他人の違いを刷り込んできました。そうじゃない民族もいるのですが、話がぶれるので続けます。

しばしば自分の大きさって変わりますよね。
たとえば、親子で出かけている時、他の親子と「自分たち」は違う、と考えます。デートででかけている時、座る場所を一人分しか探さない相手ならさっさと別れたほうがよく、普通は二人で座れるところを探します。その時に自分とは二人分のはずです。
辛い目にあっている人がいて助けたいと思う時、自分だけじゃなくその人と共感し、助け合おうとします。
さらに広げると学校のクラスメイトや職場のチームを自分と考えることもあります。「ウチの会社」という言葉をよく使いますよね。
すでに自分のサイズを変える技術は習得しているにもかかわらず、エゴが自分だと思い込むから孤独感にさいなまれるのです。

膝をかかえた自分という肉体ですら、物質的な事実として、食べて代謝している限り、あなたの中のすべての物質は入れ替わっていきます。

あなたがあなただと思っているものは、考え方で変わるのです。
この考えを広げてみれば、気づくことはたくさんあります。
広げられない理由はただひとつ。あなたのエゴが恐怖をあなたに語るから。
起きてもいない恐怖をあなたに知らせるからです。

自分という者の認識を広げてみましょう。周囲もすべて自分の一部である、と。

すると簡単なチャネリングができます。

まず今、知りたい疑問を明確にしてください。
こういう時代なので、スマホのメモに書けるくらい明確にしてください。
そしたら、矛盾していますが、スマホを切って、人が多いところに出かけます。
あなたの周囲は、今まであなたが思っていた、赤の他人が偶然さまよっているのではありません。
あなたが理解できなくても、この世界はあなたの一部なのだという感覚をもってください。
本屋とかスーパーマーケット。そこでの人が言っている言葉を聞きます。ひょっとしたらなにか事件が起きているかもしれません。
それが質問への答えです。
これは占いでは「外応」とか「辻占」と言われていますが、占いは動作原理を教えてくれません。
それを見せてくれているのは、あなたを囲む霊的存在です。
自分と周囲の見えない関係を意識すると、シンクロニシティもどんどん起きます。

あなたを守っているハイヤーセルフや守護霊は「!」というアハ体験で悟ってほしいのです。

具体例をあげます。(いろんなサイトにあるものを借りさせていただきました)

例:喫茶店で友人とお茶を飲んでいました。 今度、海外旅行に行くという話をしている時に、喫茶店の従業員が粗相をして食器の音が店中に響きました。 こういう時はなにか騒ぎが起きるということで、警戒して旅行に行きます。
例:道で久しぶりに会った友人と立ち話をしていると、友人が投資話を持ちかけてきました。 すると、車のクラクション、もしくは言い争いの声が聞こえました。 投資話にのってはいけないという合図です。
例:彼の気持ちが見えないと道端にたたずんでいました。見知らぬ子供が走り寄ってきました。大丈夫です。将来があるのです。

スマホを見ていても、これらの予兆は現れません。あなたの現実を見なければ、なにも起きません。
そして問いを持っている限り、何度でも答えは与えられます。
読んでいるだけではなくて、必ずやってみてくださいね。

トレーニングをしなければ、あなたの意識とハイアーセルフや霊的な存在の助けを感知することがうまくならないです。
必要なことは、「私にもできる」と根拠のない自信をもつことです。
何度かこの占いが成功したら(ほとんど成功します)、根拠のある自信に変わります。
そうすると、自分はひとりではない、という確信が得られ、スピリチュアルの道を信じる気力がわきます。

3.カードリーディング

もっと繊細な情報を神々から伝えて欲しい場合、カードリーディングをすることができます。
Amazonなどで「オラクル・カード」で検索すると、さまざまなカードを見つけることができます。
ドリーン・バーチューはエンジェルビジネスから手を引いたということですが、彼女の作ったカードは秀逸です。
彼女が去った理由は依存する人に疲れたからだと思います。
私は今は売られていないアセンデッドマスターのカードを使っていますが、素晴らしいといつも思います。
なにがいいかというと、神々が多岐に渡っていることと、その神についての象徴的なコメントが素晴らしいのです。

オラクル・カードを選ぶ時に、さまざまな神々やエンジェルの力を象徴しているカードを選んでください。
パワーストーン、ルーン文字、動物などあなたが神々としてイメージしずらいカードでは霊的存在の力を得ることは難しいと思います。

当たり前ですが、カードには作者がいます。
いくつかのエンジェルや神々が集まっているカードはカードの作成者がお願いをしているからまとまっているのです。
反目する神々がひとつの場所におかれていても、リーディングの環境はできません。
日本人の作るカードはこのあたりについてどうなのか、私は疑問です。
だから、カードは有名なシリーズのほうが安心できます。
こう考えるとやはりエンジェルがもっとも扱いやすい象徴ではないかと思います。
エンジェルは聖書でも「み使い」と呼ばれ認められた存在ですし、イメージしやすいと思います。

カードの紙質は当然、分厚いものにしてください。ペナペナでは何度も使えません。
かつ、新品を入手してください。後ほど説明しますが、オラクルカードはあなたのエネルギーを必要とします。
使ったものの浄化はとても難しいです。セージの煙ごときで他者のエネルギーを完全に取ることはできません。

さて、カードリーディングですが、

まず購入したカードのパッケージを一人だけの部屋で開けます。他人がいるとスピリチュアルな存在の呼び出しは難しいです。
そしてカードを一枚、手にとってください。
そのカードの解説を読んで、役割を理解してください。ちょうど、初対面の人にあい、どんな人かの紹介を受けているようなものです。
集中力が続かなくなったら休んでいいですから、すべて一枚ずつ手にとって会ってください。
この作業でカードの一枚一枚にあなたのエネルギーが伝わります。
つまり、カードはもう極力、他人に触らせないことです。

実際のリーディング方法に移ります。
まずカードをかき混ぜます。この時はまだ質問をもたなくてもいいです。
かきまぜたカードを束ねます。

そのカードを前にして、質問を決めてください。
その質問を、カードをまとめている存在に感謝とともに、答えを祈ります。

祈った後、カードを裏返しのまま広げます。
私は円形状に広げています。

そこから気になるカードを取りだします。気になるカードなら何枚取ってもかまいませんが、後の作業を考えると6枚から7枚が上限でしょう。
落ちてきたカードは最優先で取ります。

カードの一枚引きでは、そのカードの情報に頼りすぎてしまい、真意を勘違いすることがありますので、おすすめしません。
現在、過去、未来と置き場所を決める方法も、やっていることは一枚引きと同じです。

残ったカードは束ねて、ケースに戻します。

気になるカードを表にして広げます。
だんだんすぐにわかるようになりますが、わからないうちは一枚一枚のカードの意味を重視し、説明は軽い意味で読みます。
その何枚かから、浮かび上がってくるストーリー、もしくはひとつのアイデアがあります。
わかりやすくするためには、ストーリー順にカードを並べ替えてみてもいいでしょう。
リーディングの結果は話してみても、書いてみても、どちらでもいいのでやってみると、明確にカードのいわんとすることがわかってきます。
そのようにまとめたらいいのです。
私だけかも知れませんが、リーディング中のことって、あまり覚えていません。
記録がないと大変です。

10人くらいリーディングをすると、だんだんコツがつかめてくると思います。

対人でやるよりも、質問をメールでもらってリーディングしてから返すほうが緊張感がないのと思考を集中できるので簡単です。
感覚的には、大きくはずれることはなく、神々の指摘事項に相手が驚くことは普通です。

繰り返し書いていますが、だから自分でやったほうが安心できるのです。

冒頭にも書きましたが、私達は常に霊的存在に囲まれています。
次元が違うから気づかないだけです。
そういう存在と接点をもつ方法は、こちらから助けを求めるということです。
上のふたつの方法とも、こちらから質問していますよね?

さて、自分が問うている状態をさらに強化するにはどうすればいいか?
ひとつには自分のモードを変える方法があります。
チャネリングに入ったモードです。

その方法は人により違っていいのですが、ここでは石の力を借りる方法を提案します。
その石はずばりタンザナイトです。
鉱物的には青色をしたゾイサイトというものだそうですが、宝石商のティファニーによって産地のタンザニアにちなんでタンザナイトと名付けられました。

ネガティブなエネルギーを、ポジティブなものに変換するといわれますが、古代ケルトで「霊力を授ける石」とされていたのです。

この力を使いましょう。

ただしタンザナイトはほとんど採掘されなくなっており、今後、値段は上昇しつづけるでしょう。オパールと同じですね。オパールもオーストラリアでほとんど採掘されずブラックオパールは年々、値上がりしています。

SAクラスの10mm玉が入手できたから製作しました。今後、入手難だと思いますので限定商品です。

これを占いをする時、カードリーディングをする時に「モードを変える」ために身につけるのです。
小さな儀式ですが、集中度と感度があがります。

テスラプレート (パープルプレート)

久々にマインド・クラフトっぽいネタです。

私も一枚持っているんですが、、、パープルプレート。

ニコラ・テスラが考えたとか言われていますが、生体によいエネルギーを永久に出すということで知られています。

たしか私はインターネット出現前に入手したもので、なにでできているのか当時調べたけれどもアルミの板をどうとかした、しかわかりませんでした。

今、改めてネットで調べるとこんなサイトがありました。(Tesla Purple Plate)
ここでわかったことです。

1940年代に、ラルフ・バーグストレッサーという男がニコラ・テスラと交友を結んだようです。テスラが亡くなった後、ラルフは28年間勉強し,強い低周波電流がアルミニウムを通過し、アルミニウムが宇宙エネルギーのアンテナと変換器になるという発見をしたということです。
彼は、強いタキオン場が作られ細胞の再生と成長の過程に関与し、治癒が加速すると考えました。
紫色そのものに意味はありません。また、サイズも機能に無関係です。
ラルフはニコラ・テスラへの感謝のしるしとして、名前をテスラ・パープル・プレートと名付けました。

さらにどのように作るのか、という記事はここ

Anodizingを日本語に直訳すると、「陽極酸化させる」という意味です。
技術に疎い人はこれだけで、なにか特別な処理なんだと、ここで思考停止するようです。
私が購入したころにも「特別な電気処理」と紹介されていたと記憶していますが。。。

英語から見ると拍子抜けです。
だってAnodizingって別名「アルマイト処理」です。ホームセンターでアルミのヤカンやナベが金色に輝いていますよね。ああいう処理。
アルミに電気をとおして、酸化アルミニウムを表面に析出させるわけです。
驚くべきことに、そうすると酸化アルミニウムには無数の細かい穴があくそうです。(参照:アルマイトとは

通常、アルミが錆びない理由は放置していても空気中の酸素と結合して20nmくらいのうすーい酸化アルミ皮膜ができているからなんですが、それを電気処理で分厚くするわけです。

というわけでモノタロウでアルマイト処理したアルミ板の紫色を購入してみました。
こんな感じです。

オリジナルよりちょっと色は薄いです。
150mm x 150mm x 0.5mmで349円。
オリジナルは先のサイトでは63mm x 93mmが28Eur(3,386円:執筆時調べ)
だいぶんお買い得ですね。

が、気になる効果はどうなんでしょうか?

手っ取り早く試すためには、両手で挟んで合掌すればいいようです。
それだけで全身にパワーが充満すれば本物だとすると、どちらも同じ感じの特有な感じはします。
それぞれに左右の足をのせてみましたが、どちらもいい感じ。

テスラプレートは浄化にいいといいますから、パワーストーンやグッズの浄化に一枚モノタロウで買っておくのはいいと思います。

 

パーソナルパワースポット

パワースポットが家にあればいいのにな。

と思いませんか?

今回はそういうことができる、というお話です。

事件が起きたのは、サウスダコタで開催された2015年のラジオニクスシンポジウムでした。
ある業者が二重うずまきアンテナをチャクラポイントに当てるとよいという触れ込みで7個(各チャクラ)ワンセットで販売していました。
写真でいうと、緑色の板にエッチングされた二重らせんコイルです。

この二重らせんコイルは置かれた場所で自然な共鳴をするエネルギーを受けとるアンテナでありす。ニコラテスラの1894バイファイラーコイル特許に基づいています。これらのコイルは次の用途に最適だと言われております。

  • エネルギーの活性化:生体の患部の近くにコイルを置くことにより、痛みや痛みへの自然治癒エネルギーの流れを増やします。
  • エネルギー共振器:飲料水、水晶、肯定、神聖な物体、その他の情報パターンのエネルギー的な共振を増やします。。

たしかにそれは本当にチャクラにおいても非常に心地よい効果をもたらします。

しかし場所が場所で、多くの優秀なラジオニクスオペレーターが会場にいたわけで、彼らがそれで遊び始めるのは時間の問題でした。
ある人が二重うずまきコイルにテンソルリングを重ねると、それが大量のスピリチュアルエネルギーを投射していることを発見しました。

考えてみれば当然でテンソルリングは宇宙エネルギーを集めますから、宇宙エネルギーのパワースポットとなるわけです。

それを会場の人々はRadionics Power Pod(RPP)と呼びはじめました。

Radionics Power Pod(RPP)でできることは、たくさんあります。
RPPを使用すると、対象にエネルギーをプッシュできます。

例えばRPPの上にウィットネス(写真、爪、髪など当人のエネルギーが残留するもの)を置きます。
エネルギーが柱の形でRPPから押し出されます。体の上に置いたり、身につけてもち運ぶと、あなたの体に直接エネルギーが届きます。

パーソナルパワースポット

ご覧のようにパーソナルパワースポットはコイルと上に乗せるテンソルリングからできています。ここから発生する宇宙エネルギーは中立的なものですから、さまざまな用途に使えます。
ダウジングをしてみれば、エネルギーの発生を検知できると思います。

裏面にはゲルマニウムダイオードが取り付けられています。これはコイルとしての方向性を出すものです。
ダイオードがあるためコイルを浮かせるために4つゴム足が必要となっています。

苦労してパワースポットに出かけても、周囲にたくさん人がいて思ったことをできなかったり、簡単には足を運べなかったりします。

この装置をお部屋の隅に置いておけば、毎日、パワーを得たり、パワーストーンやエネルギーグッズを再活性化したり、願いに宇宙パワーを入れる、水にパワーを与えるといったことができるわけです。

全体は透明なプラスチックケースに入れてあります。
形が形なので持って歩くことは想定してありません。

宇宙からエネルギーを組み上げるものですから、特にメンテナンスはいらないです。

今回は治療家の先生にまず試してもらいました。

パワースポットはチャクラのラインに近い部位(体幹)を中心にしっかりと反応をします。(効果も出ます!)

テンソルリングはなぜかそこまでの反応は感じないのですが、面白いのはリメディやパワースポットコイルと一緒に使うとその反応の感じ方は強化されますね。

なので昨日はクライアントに

  • 触診やエネルギーを読む
  • パワースポットコイルをかざし、その部位を細かく限定する
  • パワースポットコイルにテンソルリングを重ねて放置する

という感じで行ってみるとエネルギーの流れや触診に変化は即現れています。

昨日特によかったのはメンタル系のダメージからネガティブエネルギーを纏っていた人の変化でした。一瞬で体が緩みました^^

ただ全ての人に同じ変化が出ている訳ではないのでこれからも検証して行きます。

治療院から帰って家では

パワースポット状態にして枕の下に置いていますが、この2日間目覚めがスッキリしています。隣で寝ている8ヶ月の息子も置いてからの2日間は夜中のぐずりがほぼ無し!

先日お伺いしたSE-5 1000のユーザーの方は
「見ただけでパワーが来たので、すぐ購入したんですよ」
とおっしゃっていただきました。

ということで、多くの人への効果が証明されつつあります。

ライフチューナー」でお知らせしたとおり、この二重らせんコイルに周波数を流すと、ニューライフリメディと同じ効果が得られることがわかりました。
実際にこのコイルは入力としても出力としても使えてるようです。

波動と願望

ブログでは初公開となるお話ですが、古くからおつきあいいただいている波動研究家に棟方 興起(むなかたこうき)という方がおられます。
棟方さんの主催する団体は「スピリット波動(小田原)」です。

略歴です。

「1947年、静岡県熱海市出身。1982年、医療総合コンサルタント業を開始。元来持つ”直感”,”潜在的”霊感から東洋運命学の神秘に魅了され「東洋五術運命学協会」に入門、佐藤六龍先生のもと「五術」を学ぶ。さらに古来より伝承される運命学とエネルギー(波動・気)とが最終的に合致する部分が多いことを見出し、西洋の科学分野と東洋の運命学を取り入れ、まったく新しい形の「占術」と「改善術」を形成する。」

という方で、2019年時点で72歳になられる方です。

「西洋の科学分野」の一環として、波動測定としてSE-5の旧モデルから新モデルまでお持ちになられています。
しかし、長年お使いになられておられ感覚は鋭敏で、随分前から機器を必要とはされていません。

私自身の経験からも相談すれば運気は必ずよくなります。
理由は波動操作のみならず、クライアントの性格の歪みを無意識、意識的に改善するからです。
もちろん波動も見極めて的確な現実的アドバイスをされます。

通常、このようなカウンセリングは一回いくらで、クライアントの将来や生活のことはあまり考えていないように思います。
同様のことは代替療法でもいえて、一回6000円以上を取るところはどうなんだろうか?と個人的に考えています。というのも6000円で月に2回行けば12000円。
一年定期的に通ったら12ヶ月ですから、144000円にもなります。
庶民には支払える限度っていうものがあります。
継続的に通えるところなのか、一発屋なのかは見極めたほうがいいです。

棟方さんのやられている「スピリット波動」は最初は入会金15000円と測定費20000円と年会費12000円で47000円です。これで一年、悩みの相談し放題です。(電話もしくは小田原訪問)

まったく料金が違いますが、あなどってはいけません。
略歴をご覧いただいたとおり棟方さんは世間も知り、占いも極め、波動についても深い実践的知識をお持ちですから、極めて具体的な相談結果を得られます。

具体的ということは、相談者に行動を促すということです。
もしも、あなたが「波動を改善してくれるなら、私はなにもしなくていい」と考えておられるのであれば、どんな波動改善でも問題は好転しません。
そもそも問題を引き起こしてしまう最大の理由は当人の世界の見方にかかわっているからです。
それをよい方向に修正していくコーチとしてでしたら棟方さんのアドバイスは役にたちます。

そんな棟方さんが7月に本を出版されました。実は十冊以上、出版されていますが今回は従来とおもむきが変わってます。

第1章 波動で変われること、波動でできること
(波動と運)

第2章 波動を実感してみる
(宝くじで波動をあげる)

第3章 生活にすぐ役立つ波動学入門
(人間関係を波動的見地からみなおす)

第4章 波動を知り、波動を正しく活用する
(波動を見極める注目ポイント)

第5章 波動の常識、非常識
(スピリチュアルの注意事項)

第6章 波動を上げて、幸せを獲得する6つのキーワード
(人間という波動機器の波動の上げ方)

第7章 波動改善で人生が好転した!
(「スピリット波動」での経験集)

ということで、入会しなくてもこの本だけで、宝くじの買い方、波動的見地から人間関係の改善、運の改善について知ることができるお得な本となっています。

Amazonからはこのリンク先から購入できます

スピリット波動のウェブサイトはこちらです。

facebookで「Versionupレウゥン波動宝くじ攻略法」というグループをやられています。毎週のように誰かが宝くじが当たっていて、何十回もナンバーズに当選している人は普通にいます。
これもひとつの波動の使い方なんですね。
関心のある方は入会を申し込んでみてはいかがでしょうか?

Translate »