エンドルフィンがあなたを守る

エンドルフィンとは

神経伝達物質のひとつですが、エンドルフィンが有名なのはモルヒネなど以上に、脳に快感をもたらすからです。
脳内で生産される安全性をもちながら、鎮痛系や多幸感をもたらすと考えられているのです。
エンドルフィンは次のような状況で発生することが確認されています。

  • 好きな事、楽しい事をしたとき
  • 性行為をしたとき
  • 高カロリーの食事を取ったとき
  • (スポーツやギャンブルで)勝ったとき
  • 熱いお風呂に入ったとき
  • 辛いものを食べたとき

気持ちいいことっていうのが、実はエンドルフィンのもたらす結果だということに気づいてください。

また、恐怖を感じた時も発生します。
それゆえ、ジェットコースター、ホラー映画などのファンがいるのです。

さらに複雑なエンドルフィンの発生の仕方もあります。
しばしば、ひどい肩こりをもっている人が、マッサージ屋さんに行って強い痛いくらいのマッサージを受けた時。
強くもめばもむほど気持ちよさを感じることがあり、あとからひどい「揉み返し」にあうことがあります。
あの気持ちよさは、マッサージによる痛みを抑えるためにエンドルフィンが分泌されているからです。
辛いもの、熱いお風呂同様、人間は苦痛を感じると苦痛緩和のためにエンドルフィンが発生します。

ランナーズハイも同じ原理でエンドルフィンの作用だといわれています。
大人の事情でこれ以上のことは書けません。

人は気づかぬうちにエンドルフィンを得るために行動していると言っても過言ではないかもしれません。

少なくともストレスをエンドルフィンで耐えているおかげで人は生きて行けていると考えておかしくないでしょう。

エンドルフィンには多くの種類があり、発生メカニズムも興味深いのですが、この記事では割愛します。

エンドルフィンの発生

上記の行動以外にエンドルフィンを発生させることはできないでしょうか?

ストレスの強い時代です。

生きていくだけのかつかつの報酬で楽しみはスマホで楽しめる無料ゲームだけというのでは、生きる気力がわかないのも無理はないと思います。

実はサブカルチャーの世界ではいろいろと快楽の研究が行われてきました。

今は世代交代して忘れられかけていますが、ティモシー・リアリーはハーバード大学で幻覚剤の研究をしていました。
研究内容は広範でした。そういう中でシャーマンが幻覚剤を使う理由も少しずつ理解されていったのでした。

(日本で幻覚剤についていとも簡単に否定する人がいます。日本の法律では使用禁止です。だからといって幻覚剤に意味がない、と断言することは過去数万年に渡る人類の精神史をたいした知識も持たずに否定することです。最近の日本に多い、知識のない人が専門家のやっていることをわからないと言っているのと同じで事情を知っている人間からするとみじめなものです。南アメリカの古い文明から、現代ではオランダやカナダやカリフォルニア州など少しずつ解禁されていたりします。その理由は深く調べて知ってから効能についての非難をしてほしいものです。それが科学的な態度ではないでしょうか。
私は幻覚に関するさまざまな研究結果を調べて、人間の心の世界の広大さに打ちのめされました。)

当時はまだ麻薬のネガティブな側面よりポジティブな側面のほうが評価されていた時代でした。有名なビートルズが”Luccy in the Sky with Diamond”なんて曲を発表していましたが、頭文字をとればLSDだなんて有名な話しもけしからんと言われるよりも、おもしろがられた時代でした。

時代は下り、麻薬はネガティブな側面が大きいということで禁止になりました。

しかし、ティモシー・リアリーが残した研究遺産をもとに音だけでトリップできないかという試みは続けられました。

五感をフローティングタンクで遮断し、音だけでトリップするという方法が最初に考えられました。幻覚剤を使わなくてもトリップできるということは達成されました。

次に商品化され、有名なものがDOSER(ドーザー)です。音の幻覚剤と言われていました。特徴的なのはバイノーラルビート(左右の耳に違う周波数を聞かせる)を使っていることです。
DOSERは1990年代に販売され、いまもインターネット上でi-DOSERとして活動を続けています。

バイノーラルビートはモンロー研究所のヘミシンクでも有名ですが、脳波をアルファ、ベータ、ガンマレベルにまで「引きこむ」ことができるということは特別な音と音楽の研究記事に記載しました。

エンドルフィン発生の試み

マインド・クラフトの記事をご覧になってお気づきの方もおられると思いますが、音の研究の記事はとても多く、世界的に実験がなされています。
エンドルフィンについても例外ではなく、世界各国のさまざまな研究の結果がエンドルフィンを誘発する周波数はわかっています。

とくに有力な周波数は38Hzと111Hzです。
このふたつはさまざまな試み、商品に使われています。

が、38Hzをそのまま聞くと音というよりブザーです。
そこで111Hzに38Hzを加えた149Hzを発生する装置を作りました。
(実は149Hzはスピリチュアルの世界でとても多く使われている周波数です)

音にはうなり音という作用があり、違う周波数が響いているとその周波数の差分がうなり音として生じます。

バイノーラルビートと呼ばれているものの大半はこの物理現象を使っています。

耳に心地よい点ともっとも単純な音であることから正弦波にしました。

ここまでの製品は音源としても多いのです。

しかし、エンドルフィンを出して楽しもうという時に無機質な音だけというのも味気ないものです。

そこで自分が好きな曲を混ぜて聞くことができるミキシング機能を付加しました。

もちろん音源を繋がずに正弦波のみを聞くことも可能ですが、正弦波なればこそ音楽と合成(加算)すれば音楽自身がその周波数をふくむことになります。

効果のチラ見のために3種類の音源を用意しました。できればぜひイヤホン、ヘッドホンスピーカーで聞いてください
最初はデバイスのバイノーラル音のみです。

次はサンプルの音楽です。

エンドルフィン・リリーサーで混成した音です。(音質は若干おとしてあります.私のところでスピーカーで聞くと妙な広がりを感じます。)

ケースの寸法は7cm×3cm×12cmくらいです。シャツのポケットには入るように設計しましたが、この装置はスピーカーで再生してこそ効果がでます
内部はこのようにCPU2つとオーディオアンプでびっしりです。コンデンサーも音楽用のものを使用しています。

マインド・クラフトの製品の中でももっとも複雑なもののひとつです。

癒やしの時間

一般的に瞑想とはちょっとかわったことで、普通の人には難しいと思われています。
しかし、いわゆるボーッとしている時とは、軽い瞑想の時と言っても過言ではありません。
そういう時間が人には必要だから、思わず人はやっているのです。
ぼーっとしていることは決して悪いことではないのです。

2000年のバブル崩壊以降、日本で働いている人の中でどれだけの人が明日への希望を見出して働いているでしょうか。
街なかを行き交う人の表情を見ますが、ほとんどの人が怒っているかのようなけわしい顔をしています。

ほとんどの人はまじめに責任感をもって働いています。
だからこそ多大なストレスを受け、それを癒やすようなプライベートもなければ、将来への展望も見えません。

日本で働くひとの10人に1人はうつ病だといいます。言い換えるとうつ病予備軍はもっともっといます。だから政府も企業に産業医というメンタルケアをする医師を置くように指導しているのです。

ご存知のように、一度うつ病になると「治る」ことはありません。
症状が出なくなったら「寛解」という用語を使います。治ったとは言わないのです。つまり残りの人生はうつの症状が出ないように常に注意する必要があります。

そうなる前に「まさか自分が」と思わず自分を大事にしてください。
自分がぼーっとしている時間を時間の無駄と思わないでください。
エンドルフィンを発生させる音に身を任せ、なにも考えない時間は至福の時間となるはずです。

エンドルフィンにより「フロー」状態に入ることが知られています。最近の流行りでいうマインドフルネスな状態ですね。

効果

試作品を使ってみると、快感が体を貫くなんてことはありません。
しかし私自身はこんな体験をしています。

  • スピーカーで聞くと奇妙な音の広がりがある
  • 単純作業、複雑な作業で集中力が続く
  • 使用後一分くらいで頭がさえてきて、ものがはっきり見える
  • 行動的になる
  • 音楽と一緒に聞くと曲の感情が増幅される。

などを体験しています。

ニューライフリメディ療法をやられている星先生も
「エンドルフィン·リリーサーを介してBGM 流すようになって、疲れ方が違います。時間が短く感じる位の集中が当たり前になりました。」

とご活用くださっています。


デモ用写真です。製品には写真のウォークマンははいりません。イヤホンは別の機種となります。

また、この装置は波長としてはガンマ波のあたりです。

バシャールによるとこの周波数の音を聞くことでゾーンに入るといいます。
脳はより活発に、より調和され、より高い次元を知覚できるといいます。

使用上の注意

よく寝てから使ってください。睡眠不足ですとエンドルフィンの出ようもありません。
また、残念ながらどちらか片耳が不自由な方、てんかんの方は思わぬ症状を引き起こす可能性があるのでご使用になれません。

いつもの間違い記事の指摘

しばしば脳がアルファ波であるとエンドルフィンが発生すると書いてある記事をみかけますが、十分な説明ではありません。
楽しいことをしている時にエンドルフィンは発生します。
いいかえるとエンドルフィンが出ているから楽しいのです。
アルファ波状態だから発生するわけではありませんので、ご注意を。

立証された「幸福を感じる能力」

まず、この新聞記事を読んで欲しい。

幸福の度合い:強く感じる人ほど右脳側面に特徴 京大

毎日新聞 2015年 (最終更新 11月21日 12時36分)

強く幸福を感じる人ほど、右脳側面にある「楔(けつ)前部」の体積が大きいという傾向が、京都大大学院医学研究科の佐藤弥(わたる)准教授(脳科学)らのグループの研究で明らかになった。幸福の度合いを客観的に測定できることを示した世界初の成果といい、20日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツ(電子版)に掲載された。

これまでの研究では、質問による主観的な幸福の測定はできたが、客観的な測定方法は一切なかった。
グループは成人男女51人(平均年齢22・5歳)に対し、生きるうえでの目標の有無や、同年代と比べて自分が幸福かどうかなどを尋ね、総合的な幸福感の強さを調べた。一方、各自の脳内を磁気共鳴画像化装置(MRI)で調べたところ、うれしい、楽しいと感じる時に活性化するとされる楔前部の灰白質が、幸福感が強いとされた人ほど大きかったという。

佐藤准教授は「瞑想(めいそう)トレーニングによって楔前部の体積が変わるという研究報告もある。科学的データに裏打ちされた幸福増進プログラムを作ることも期待される」としている。

これの意味するとこがおわかりだろうか。

普通の人は「幸福とは探して、努力して出会うものだ」と思っていないだろうか。

だから、次々と幸福になれそうないろんなものを得ようとする。

しかし、スピリチュアルの世界やマインド・クラフトでずっと言ってきているように、幸福への感受性を高めるトレーニングをすれば、幸福を感じる能力は高まる、ということだ。

スポーツなどとまったく同じで、楔前部が生まれながらに発達している人もいれば、トレーニングで発達する人もいるということ。

しばしば「自分の心の問題なんて自分が1番よく知っている」というエゴがもたらす思い込みがエゴの大好きな客観的事実でくつがえされてしまいました。

あなたはこの事実をどう受け止めるだろうか?

ダウジング-Lロッド

ダウジングの基本については[こちら]に書きました。しかしダウジングを屋外で行う場合、振り子は向かないです。

振動や風に弱いのです。繊細なものを持って外に出ると気づきますが、意外に揺れたり風が吹くことは多いです。

llodそういう時のために、というよりおそらく振り子より歴史が古いであろうダウジングの道具がLロッドです。 “ダウジング-Lロッド” の続きを読む

水素水を作る

水素水の効能

(2018・6・11: マグネシウムだけは扱いを再開しました。)

アンチエージングの手法のひとつとして、テロメアを保つに書いたように体内の活性酸素(フリーラジカル)を素早く中和するためには、体内の抗酸化酵素を活性化する方法と、水素の多い水を飲むという方法があります。

理論的な根拠があるのです。

またエステサロンで水素トリートメントをすると、

  • シミが気にならない明るい肌になった
  • 目の下のクマが消え、皮膚の透明感が増した
  • ニキビ跡が薄くなった
  • 髪にハリとツヤが出た
  • 身体が温まり便秘が解消した
  • 熟睡できるようになった
  • 疲れやすさが減った

というような効果が巷ではうたわれています。

たしかに美肌効果があると毎日、水素水で顔を洗っている女性もおられます。

アンチエージング、美容に利くというのが、あながち勘違いといえないと思うのは、もっとシリアスな病気がなおる「奇跡の水」、たとえばドイツのノルデナウ、メキシコのトラコテ地方の水などは水素が豊富だといいます。

さて水素水を自分で作れば、飲み放題、使い放題ですよね。
実験してみました。
これが大成功!
“水素水を作る” の続きを読む

電磁波の影響が増加?

(2018年9月追記)電磁波の影響についてかなり具体的な実験が発表されています。

ソースはこちら

デンマークのユトランドにある学校で、生物学の実験を行いました。

内容は
「携帯電話を頭の近くに置いて寝ている場合に、学校で集中することが難しく、さらに寝つきが悪くなることがあると私たち全員が感じていました」

みんなが同じ経験をしているところから好奇心を持った少女のグループは、WiFiの電磁放射線が生体細胞に与える影響を調査するための実験を考え出しました。

【実験の内容】

・400粒のクレスの種子を、12個のトレイに分けて蒔きました。

・2つの部屋にトレイをそれぞれ6個ずつ配置。

・2つの部屋は温度が同じで、それぞれのトレイには実験期間全体を通して同量の水と日光が与えられました。

・一つの部屋ではWiFiルーターの横に種子の乗せられたトレイが置かれ、それだけが二つの部屋の唯一の違いでした。

【実験の結果】
実験開始から12日後、二つの部屋に分けられていたトレイの上には驚くような結果が観察されました。

まったく植物の生育状況が違ったのです。
右の青々とした皿はもちろんWiFiルーターから遠いところに置いた皿です。

 

 

人間でも電磁波過敏症という症状があります。

脱・電脳生活という本で私が始めて知ったのは、かれこれ20年前でしたか。

例えば、電子レンジで暖めた水を飲むと体調を壊すとか、ひどい人はガラス瓶に水を入れ、土中に数日埋めないと飲めない、といったことが書かれています。
アレルギーで水アレルギーという人がいるが、電磁波アレルギーかもしれません。
この本は電気の違う力について書かれた興味深い本でありました。

が、当時、私の周りを見ても電磁波過敏症の人は見たことがなかったのです。
ところが、週刊誌ネタですが、週刊実話(2012年9月27日号)に再度、次のような記事がありました。

神奈川県に住むAさんはマンションの玄関口に立ちながら、各住戸の電気製品の点滅の様子が手に取るようにわかるという。
「今、301号室でテレビが点いた。103号室ではパソコンが消えた」
(中略)
本人に問い質したところ、スイッチを入れた途端、針で刺したような胸の痛みを感じるというのだ。

北里大学名誉教授で『そよ風クリニック』院長の宮田幹夫氏は
「電磁波過敏症の患者は、電磁波を感じると皮膚がピリピリします。」

21世紀になったせいなのか、放射能被ばくで免疫力が落ちているせいなのかわかりませんが、過去にくらべ電磁波アレルギーともいう症状をもつ人が、とても増加しているのは間違いないように思えます。

さらに宮田氏は次のような症状が出ることがあるといいます。
「小児の白血病、脳腫瘍、乳がん、携帯基地局周辺のがんの増加、精子数の減少などが見られます」
理由として、
「これまでの研究で、細胞内のカルシウムイオンが流出し、脳の松果体から分泌されるメラトニンが減少することがわかっています。カルシウムイオンは神経の伝達や心臓の鼓動に影響します。メラトニンは睡眠覚醒など、生活のリズムを体内に伝える働きがあります。そうした働きが電磁波で損なわれるのですから、頭痛、疲労、睡眠不足、集中力の低下や不定愁訴が起こるのは当然かもしれません」

電磁波による障害の話しは最近出てきたものではありません。
ちょっと、Amazonで出版された本をざっと調べてみました。これがすべてだとは言い切れませんし、いくつか問題はあるのですが、出版刷数が人の関心の度合いを示しているとはいえるでしょう。

2012年(5冊)

  • 2012/8 「脳の疲れ」がとれる生活術
  • 2012/7 携帯電話でガンになる!?
  • 2012/6 本当に怖い電磁波の話し
  • 2012/6 生体と電磁波
  • 2012/1 電磁波過敏症を治すには

2011年(7冊)

  • 2011/10 電磁波はやっぱり危ない
  • 2011/7 電子洗脳
  • 2011/5 「脳ストレス」に強くなる
  • 2011/3 携帯電話 隠された真実
  • 2011/3 シックハウス症候群を防ぐには
  • 2011/2 週刊金曜日 「電磁波の危険度」
  • 2011/2 エレクトロニクス機器設計と電磁波による生体影響

2010年(6冊)

  • 2010/11 携帯電磁波の人体影響
  • 2010/11 電磁波の何が問題か
  • 2010/10 もしも、IH調理器を使っていたなら
  • 2010/9 見えない汚染「電磁波」から身を守る
  • 2010/9 あぶない!あなたのそばの携帯基地局
  • 2010/4  携帯電話は体に悪いのか?

2009年(3冊)

  • 2009/12 ホットカーペットでガンになる
  • 2009/11 電磁波から家族を守る
  • 2009/3 babycom Eye 子どもと電磁波

2008年(3冊)

  • 2008/5 食べもの通信 no.447 特集 暮らしの中の危ない「電磁波」
  • 2008/3 babycom mook Vol.4 特集「これからの電磁波対策」
  • 2008/2 ユビキタス社会と電磁波

2007年(3冊)

  • 2007/9 告発・電磁波公害
  • 2007/4 健康を脅かす電磁波
  • 2007/2 しのびよる電磁波汚染

2006年(3冊)

  • 2006/12 IH調理器を買う前に必ず読む本
  • 2006/6 babycom mook Vol.1 特集「電磁波」
  • 2006/2 ケータイで脳しゅよう

2005年(6冊)

  • 2005/12 電磁波過敏症
  • 2005/10 検証IH調理器と電磁波被害
  • 2005/10 オールアース時代がやってくる
  • 2005/9 やっぱりあぶない、IH調理器
  • 2005/7 電磁波は”無害”なのか
  • 2005/3 やっぱりあぶない、IH調理器

2004年(4冊)

  • 2004/12 電磁波シンドローム
  • 2004/11 電磁波・化学物質過敏症対策
  • 2004/5 電磁波汚染と健康
  • 2004/4 生体と電磁波

2003年(3冊)

  • 2003/10 電磁波を感じてしまうあなたへ
  • 2003/6 電磁波被曝!
  • 2003/6 危ない電磁波から身を守る本

2002年(3冊)

  • 2002/11 誰でもわかる電磁波問題
  • 2002/3 検証・電磁波問題
  • 2002/1 携帯電話 その電磁波は安全か

2001年(1冊)
・2001/1 電力線電磁場被曝

2000年(1冊)
・2000/4 ここまできた!環境破壊

1999年(1冊)
・1999/3 死の電流

1998年(2冊)

  • 1998/4 続あぶない電磁波
  • 1998/2 電磁波のナゾを解く

1997年(6冊)

  • 1997/12 電磁波安全論にだまされるな
  • 1997/11 武器としての伝播の悪用を糾弾する!
  • 1997/7 高圧線と電磁波公害
  • 1997/5 電磁波白書
  • 1997/4 電磁波の恐怖
  • 1997/3 電磁波がわkる本

1996年(8冊)

  • 1996/12 全解明 電磁波障害と対策
  • 1996/12 電磁波汚染
  • 1996/12 図解 電磁波恐怖マニュアル
  • 1996/11 もう電磁波は怖くない
  • 1996/7 あぶない電磁波!
  • 1996/7 いま、電磁波が危ない
  • 1996/5 電磁波はなぜ恐いか
  • 1996/5 電磁波の正体と恐怖

1995年(4冊)

  • 1995/12 あなたを脅かす電磁波
  • 1995/7 携帯電話が危ない!!
  • 1995/6 ガンと電磁波
  • 1995/4 電磁波の恐怖
  • 1995/4 高圧線と電磁波公害

1994年(0冊)

1993年(2冊)

  • 1993/12 クロス・カレント
  • 1993/10 電磁波はなせ恐いか

1992年(1冊)
・1992/3 脱・電脳生活

1991年(1冊)
・1991/4 電磁波汚染

1989年(2冊)

  • 1989/11 しのびよる有害電磁波の恐怖
  • 1989/2 電磁波が危ない

1989年以前は見つからない。

トレンドを見ると、1996年ごろは8冊を数えます。次のピークが2005年の6冊。そして2010年から大量出版が続いています。

携帯電話や無線LANの普及と共に被害が出ているのかもしれません。
なにしろ被害があることは冒頭にある記事のとおり、立証されているのですから。

シューマン波発生器 や 気オーガナイザー はこういう時代には必須になってきたのかな、と思います。