エンドルフィンがあなたを守る

エンドルフィンとは

神経伝達物質のひとつですが、エンドルフィンが有名なのはモルヒネなど以上に、脳に快感をもたらすからです。
脳内で生産される安全性をもちながら、鎮痛系や多幸感をもたらすと考えられているのです。
エンドルフィンは次のような状況で発生することが確認されています。

  • 好きな事、楽しい事をしたとき
  • 性行為をしたとき
  • 高カロリーの食事を取ったとき
  • (スポーツやギャンブルで)勝ったとき
  • 熱いお風呂に入ったとき
  • 辛いものを食べたとき

気持ちいいことっていうのが、実はエンドルフィンのもたらす結果だということに気づいてください。

また、恐怖を感じた時も発生します。
それゆえ、ジェットコースター、ホラー映画などのファンがいるのです。

さらに複雑なエンドルフィンの発生の仕方もあります。
しばしば、ひどい肩こりをもっている人が、マッサージ屋さんに行って強い痛いくらいのマッサージを受けた時。
強くもめばもむほど気持ちよさを感じることがあり、あとからひどい「揉み返し」にあうことがあります。
あの気持ちよさは、マッサージによる痛みを抑えるためにエンドルフィンが分泌されているからです。
辛いもの、熱いお風呂同様、人間は苦痛を感じると苦痛緩和のためにエンドルフィンが発生します。

ランナーズハイも同じ原理でエンドルフィンの作用だといわれています。
大人の事情でこれ以上のことは書けません。

人は気づかぬうちにエンドルフィンを得るために行動していると言っても過言ではないかもしれません。

少なくともストレスをエンドルフィンで耐えているおかげで人は生きて行けていると考えておかしくないでしょう。

エンドルフィンには多くの種類があり、発生メカニズムも興味深いのですが、この記事では割愛します。

エンドルフィンの発生

上記の行動以外にエンドルフィンを発生させることはできないでしょうか?

ストレスの強い時代です。

生きていくだけのかつかつの報酬で楽しみはスマホで楽しめる無料ゲームだけというのでは、生きる気力がわかないのも無理はないと思います。

実はサブカルチャーの世界ではいろいろと快楽の研究が行われてきました。

今は世代交代して忘れられかけていますが、ティモシー・リアリーはハーバード大学で幻覚剤の研究をしていました。
研究内容は広範でした。そういう中でシャーマンが幻覚剤を使う理由も少しずつ理解されていったのでした。

(日本で幻覚剤についていとも簡単に否定する人がいます。日本の法律では使用禁止です。だからといって幻覚剤に意味がない、と断言することは過去数万年に渡る人類の精神史をたいした知識も持たずに否定することです。最近の日本に多い、知識のない人が専門家のやっていることをわからないと言っているのと同じで事情を知っている人間からするとみじめなものです。南アメリカの古い文明から、現代ではオランダやカナダやカリフォルニア州など少しずつ解禁されていたりします。その理由は深く調べて知ってから効能についての非難をしてほしいものです。それが科学的な態度ではないでしょうか。
私は幻覚に関するさまざまな研究結果を調べて、人間の心の世界の広大さに打ちのめされました。)

当時はまだ麻薬のネガティブな側面よりポジティブな側面のほうが評価されていた時代でした。有名なビートルズが”Luccy in the Sky with Diamond”なんて曲を発表していましたが、頭文字をとればLSDだなんて有名な話しもけしからんと言われるよりも、おもしろがられた時代でした。

時代は下り、麻薬はネガティブな側面が大きいということで禁止になりました。

しかし、ティモシー・リアリーが残した研究遺産をもとに音だけでトリップできないかという試みは続けられました。

五感をフローティングタンクで遮断し、音だけでトリップするという方法が最初に考えられました。幻覚剤を使わなくてもトリップできるということは達成されました。

次に商品化され、有名なものがDOSER(ドーザー)です。音の幻覚剤と言われていました。特徴的なのはバイノーラルビート(左右の耳に違う周波数を聞かせる)を使っていることです。
DOSERは1990年代に販売され、いまもインターネット上でi-DOSERとして活動を続けています。

バイノーラルビートはモンロー研究所のヘミシンクでも有名ですが、脳波をアルファ、ベータ、ガンマレベルにまで「引きこむ」ことができるということは特別な音と音楽の研究記事に記載しました。

エンドルフィン発生の試み

マインド・クラフトの記事をご覧になってお気づきの方もおられると思いますが、音の研究の記事はとても多く、世界的に実験がなされています。
エンドルフィンについても例外ではなく、世界各国のさまざまな研究の結果がエンドルフィンを誘発する周波数はわかっています。

とくに有力な周波数は38Hzと111Hzです。
このふたつはさまざまな試み、商品に使われています。

が、38Hzをそのまま聞くと音というよりブザーです。
そこで111Hzに38Hzを加えた149Hzを発生する装置を作りました。
(実は149Hzはスピリチュアルの世界でとても多く使われている周波数です)

音にはうなり音という作用があり、違う周波数が響いているとその周波数の差分がうなり音として生じます。

バイノーラルビートと呼ばれているものの大半はこの物理現象を使っています。

耳に心地よい点ともっとも単純な音であることから正弦波にしました。

ここまでの製品は音源としても多いのです。

しかし、エンドルフィンを出して楽しもうという時に無機質な音だけというのも味気ないものです。

そこで自分が好きな曲を混ぜて聞くことができるミキシング機能を付加しました。

もちろん音源を繋がずに正弦波のみを聞くことも可能ですが、正弦波なればこそ音楽と合成(加算)すれば音楽自身がその周波数をふくむことになります。

効果のチラ見のために3種類の音源を用意しました。できればぜひイヤホン、ヘッドホンスピーカーで聞いてください
最初はデバイスのバイノーラル音のみです。

次はサンプルの音楽です。

エンドルフィン・リリーサーで混成した音です。(音質は若干おとしてあります.私のところでスピーカーで聞くと妙な広がりを感じます。)

ケースの寸法は7cm×3cm×12cmくらいです。シャツのポケットには入るように設計しましたが、この装置はスピーカーで再生してこそ効果がでます
内部はこのようにCPU2つとオーディオアンプでびっしりです。コンデンサーも音楽用のものを使用しています。

マインド・クラフトの製品の中でももっとも複雑なもののひとつです。

癒やしの時間

一般的に瞑想とはちょっとかわったことで、普通の人には難しいと思われています。
しかし、いわゆるボーッとしている時とは、軽い瞑想の時と言っても過言ではありません。
そういう時間が人には必要だから、思わず人はやっているのです。
ぼーっとしていることは決して悪いことではないのです。

2000年のバブル崩壊以降、日本で働いている人の中でどれだけの人が明日への希望を見出して働いているでしょうか。
街なかを行き交う人の表情を見ますが、ほとんどの人が怒っているかのようなけわしい顔をしています。

ほとんどの人はまじめに責任感をもって働いています。
だからこそ多大なストレスを受け、それを癒やすようなプライベートもなければ、将来への展望も見えません。

日本で働くひとの10人に1人はうつ病だといいます。言い換えるとうつ病予備軍はもっともっといます。だから政府も企業に産業医というメンタルケアをする医師を置くように指導しているのです。

ご存知のように、一度うつ病になると「治る」ことはありません。
症状が出なくなったら「寛解」という用語を使います。治ったとは言わないのです。つまり残りの人生はうつの症状が出ないように常に注意する必要があります。

そうなる前に「まさか自分が」と思わず自分を大事にしてください。
自分がぼーっとしている時間を時間の無駄と思わないでください。
エンドルフィンを発生させる音に身を任せ、なにも考えない時間は至福の時間となるはずです。

エンドルフィンにより「フロー」状態に入ることが知られています。最近の流行りでいうマインドフルネスな状態ですね。

効果

試作品を使ってみると、快感が体を貫くなんてことはありません。
しかし私自身はこんな体験をしています。

  • スピーカーで聞くと奇妙な音の広がりがある
  • 単純作業、複雑な作業で集中力が続く
  • 使用後一分くらいで頭がさえてきて、ものがはっきり見える
  • 行動的になる
  • 音楽と一緒に聞くと曲の感情が増幅される。

などを体験します。


デモ用写真です。製品には写真のウォークマンははいりません。イヤホンは別の機種となります。

また、この装置は波長としてはガンマ波のあたりです。

バシャールによるとこの周波数の音を聞くことでゾーンに入るといいます。
脳はより活発に、より調和され、より高い次元を知覚できるといいます。

使用上の注意

よく寝てから使ってください。睡眠不足ですとエンドルフィンの出ようもありません。
また、残念ながらどちらか片耳が不自由な方、てんかんの方は思わぬ症状を引き起こす可能性があるのでご使用になれません。

いつもの間違い記事の指摘

しばしば脳がアルファ波であるとエンドルフィンが発生すると書いてある記事をみかけますが、十分な説明ではありません。
楽しいことをしている時にエンドルフィンは発生します。
いいかえるとエンドルフィンが出ているから楽しいのです。
アルファ波状態だから発生するわけではありませんので、ご注意を。

チャネリングを学ぶ

(メニューにあったものを記事に移動しました。)

当サイトに「チャネリングは自分でやる時代」という記事があります。

おかげさまで、小難しい内容にもかかわらず人気記事のひとつです。

それだけ、チャネリングに興味のある方、習っておられる方も多いのですね。

最初にどこかで今、チャネリングを習っている方について。

先日、こんな話をいただきました。仮にIさんとします。

Iさんは、とあるチャネリングの先生に3年間習ってきたそうです。

私 「で、どのようにチャネリングをするのですか?」

I 「場を浄化し、高い波動を求め、ハイアーセルフに近づくのです」

私 「他の存在のメッセージを取ることはしませんか?」

I 「それは先生だけができて、私達にはできないのです」

私 「なぜですか?」

I 「わかりません。先生は自分の内面を見ろ、そのためにもっと教室にかよえといいます」

私 「死神とコンタクトするということについてどう思いますか?」

I 「そんなことできるのですか」

私 「私の師匠は、いろんな波動を知らないと未知の存在に出会った時その主張に騙されるし、
死神の知恵はすごいよ、といいますよ。

いろんな物質、存在のバイブレーションを感じていくといろんな存在とコンタクトが可能になります。
いや、チャネラーとしては、ならなきゃ。」

I 「先生に、他の人の前でチャネリングしろ、といわれたことがあって、緊張して緊張してダメでした」

私「あっはっは、チャネリングなんて道を歩いていてもやろうと思えばできるし、
別に場を浄化なんかしなくてもいろんな存在があるし、
突然、メッセージ(いや、意識の塊)が降ってくることもありますよ。

私は私のスタイルがありますねー。」

I 「そんな楽しいものなのですか?」

私 「もちろん! だって知らないこと教えてもらうんですよ?
ひとつお聞きしたいのですが、なんのためにチャネリングしたいのですか?」

I 「実は動物と話したくて。。。」

私「それはあまり目的にならないですよ。簡単すぎて。できます。

むしろ自分の生き方にどう活かすか、のほうがはるかに難しいし興味深いし意味があると私は思います。

チャネリングを教室で学ぶのはとてもおもしろいですよ。エネルギー遊びみたいなところがありますから。」

I 「それなら、私も習ってみたいです。そうですよね、マインド・クラフトの記事だともっとすごい世界ですよね」

——

このやり取りにはチャネリングを学ぶにあたって大事なことがいくつか出てきています。

  • チャネリングする心構え
  • 「波動」は高ければいいというものではない
  • さまざまな霊的存在がある。絶対はない。
  • 先生のレベルと教え方

ともすれば、こういう世界に茶道、華道、ピアノなど芸事を習う時の「師匠と弟子」という関係を持ち込もうとする人がいます。
先生でも生徒でもいます。

生徒はマニアになると自分が先生のマネをして他人に教え始めます。
典型的な自己投影です。
自分は自分です。チャネリングは自分の人生を助ける道具であるべきで、ごくごく稀な人を除き、道具を人生にすべきではないというのが私の考えです。

チャネリングをする方法は本当に多彩です。瞑想、ヘミシンク、霊媒、ヒプノ、カードなどなどあげればキリがありません。

エンジェルが見せる番号で言いたいことを伝えるという本もあります。

スピリチュアルな世界はいろんな方法で私達と会話する機会を待っているのです。

ですから、価値観の強制、方法の強制、などがある場合はセカンドオピニオンを取るつもりで別のチャネリング養成セミナーを受けてみるべきです。

なにしろ95%はダメな人がやってる世界ですから、あなたにとっての正解にあたるのはなんらかの導きが必要です。

—-

次に、今はまったくできないけれども、ぜひチャネリングを学びたい場合。

最初にダメなものを挙げます。

  • メール講座
  • スカイプなどのビデオ講座
  • 特定の神の名前ばかりだす人

インターネットの通信を利用した方法はチャネリングができないとはいいませんが、非常に浅いレベルであって、シニアな人が書いた本やDVDで学ぶほうがマシです。(多くが霊的存在と相談しながら書かれている点もおもしろいです)

私は、遠隔で教える方法を取るチャネラーを信用していません。それはチャネリングを教えている間、先生として大事なことが、対面でないかぎり不可能だからです。(なにかは書きません)

力のない自称先生に頼るくらいなら、本による独学のほうがマシです。
それで隠れていた能力が目覚めた人は多数います。
人に教えるのではなく、自分の人生を改善したいのであればそれでも効果があります。

が、私の場合は自分のエゴの錯覚なのか、本当にエネルギーを感じているのかの区別について、非常に苦労しました。

あなたも見かけませんか?
ネットによくある、ちょっと神社に行っただけで、神と会話したと思い込める人、ちょっと気がしただけで「霊がぁ」と簡単に言ってしまう、一度いっただけの神社の「神のエネルギーを伝授します」というトンでもない「似非ヒーラー」(闇に取り込まれている可能性大です。)

うかうかすると、思い込みの世界に落ち込むのです。
勘違い先生を頼っても、その人のエゴワールドに巻き込まれるだけで、もちろんさまざまな正しい霊とコミュニケーションできるチャネラーにはなれません。

考えてもみてください。
自分さえよければいい、自分はエライから周囲は私に従うべきだ、肩書が大事、お金で買えないものはない、人生は弱肉強食。。。

自分のエゴを満たすことを第一に考えている修行中の寂しい魂の人が、精妙なエネルギーを感受するなんてありえるでしょうか?

一方で自分が嫌いな人もチャネリングは難しいです。
自分の能力のなさ、努力できない根気のなさ、他人との比較で落ち込む、見栄をはりたいけどさっぱりうまくいかない、などなどの思いを抱えている人はチャネリングは難しいです。

なぜならば、上にあげた例はすべて他人の視線が基準だからです。
特別な能力を持っていると錯覚したエリート意識も、自分が嫌いな自分を特別に卑下する意識も、根は同じなのです。
人間界のルールから一歩も出ることがない。
それでチャネリングできるんでしょうか?

人は一人で生まれて一人で死にます。
その意味をよくよく考えてください。

わかりやすいように極論を書いてみましたが、チャネラーになるということは、生き方に関係します。

といろいろ書きましたが、大昔読んだ魔法の本に

「準備ができれば師は現れる」
という言葉がありました。

真実かもしれません。

大きな本屋で気になるチャネリングの入門書を見てみるのもよい方法です。
そういう人のワークショップなどで、新たに大事な人と知り合うということはありますから。

いろんな先生のホームページを見て感じてみてください。
その感覚は意外にあたってます。

ほとんどのサイトが綺麗だったりふわふわしていても、浅い感じの実感に驚かれるのではないでしょうか。
文字でいくら利便性、安易さを語っていても、ご自分の感覚を大事にしてください。

そして、最後に一言

「どれほど偉いと思える先生に会っても依存してはいけません。

あなたはご自分の人生を生きていくしかなく、チャネリングはよりよく生きていくための道具なのです。」

追記:

さて、私はこの先生以外にも陰陽師や占い師のところに時々、おうかがいします。
どの方も、半生や実力を見て私は力があると思っているからこそ、時々、話を聞きに行きます。
しかし、どの先生もインターネットの感想ではボロクソに書いている意見もあります。

これはなぜでしょうか?
説明しておきたいと思います。

一言でいえば「スピリチュアルに対する認識のレベルの違い」だと思います。

ボロクソに書いている人は、チャネリングも陰陽師も占い師も全部やり方が違う程度で「占い」なんです。
ですから霊能力者やチャネラーにもヘーキで「占ってください」と言ってしまって、その失礼さにすら気づかない。

さらに未来や生き方について、自分であまり考えたことがない。
不思議なことを「エンタメ」したいだけ。

普通に生活してちょっとスピリチュアルな世界に興味をもった人は
「未来は一本道で、占い師などはそれを教えてくれる。」
一本道のはずなのに、
「気に入った男性とおつきあいできる恋愛成就で人生を変える方法を教えてくれる。」
そして
「悩みはなくなる」
「でも数千円だからたいしたことない。どこかにはすごい人がいて高額だけど人生をかえてくれる」

ものすごく矛盾しているのですが、気づくほど深く考えていないのが普通でしょう。

いつもお話ししていますが、世の中に対する認識の仕方が小学生のころからほとんど進歩していないのが普通の人です。
バカにしているのではありません。
世間で言われている価値感を鵜呑みにしないで自分の内面を見つめる、魂を感じるという訓練をするチャンスが普通はないから当たり前です。

そこそこいい子で無難な人生である人は自己の内面をじっと見つめるなんてことをする必要性を感じないでしょう。正解は自分の外にある、と考えることは試験でいじめられた経験をもつ人にとっては、ごくごく当たり前です。

そしてあまりにもイージーさをうたうスピリチュアルな本、サイトが氾濫しています。
作っている人々の本音は「売れればいい」
買い手の普通の人の本音は、ごく普通の商品を買うように
「カネ払ったんだから、私の思うように人生変えてよね。
少なくとも褒めちぎって私のエゴを満足させて、楽しませてほしい」

と考えることは責められません。

本当は
「未来は決まっておらず、選択により変わる。」
「気に入った男性とつきあったとしても、そいつがDV野郎かつアブナイ奴で不幸のどん底に叩き込まれる、というように目先の幸福が新たな不幸であることもある。」
「目先のエゴによる願望が正しいと思い込む心根こそが問題」
「スピリチュアルな教えで価値あるものは、別の見方、感じ方」
「払ったオカネが生きるも死ぬも、本人が受け取ったものによる」

なのです。

だからむしろエゴ丸出しの売り手の表面的な優しさ、場当たり的な肯定、どうでもいい助言に癒やされた気がするのです。

上にあげた「本当は」のひとつを取っても、説明するには数時間はかかります。
浅い認識にあわせて極めて限られた時間で、初心者に納得してもらうのはほぼ不可能です。

だから話がかみ合わないし、初心者はそういう本当の先生のところに行くべきではないのです。

また多くの初心者が中傷するセリフとしてあげるのが「聞いたことに答えてくれない」です。
なにを聞いたか絶対に書いていないところがおもしろい点です。
「私に金運ありますか?」「私の将来どうなりますか?」「職場のお局が怖いからなんとかして」「カレシと結ばれますか?」「嫌いなあの女を追い払ってください」などと聞くべきでない質問をしてしまい、はぐらかされて、逆ギレしているのが真相でしょう。

誤解を恐れずに例えるならば、小学生が大学院を訪問して「聞いたことに答えてくれない」と言っているようなものです。

スピリチュアルの先生は、学校と同じようにその人の成長の度合いにより適合するしないがあります。
ある程度は自分を見つめる、少しスピリチュアルな本を読んで考えてみるなどしていかれたほうがよいと思います。

霊障のお祓い

拙宅の近所の中山法華経寺は日蓮宗の総本山でして、たいへん霊験あらたかです。

毎年、古い御札の処分と新しいお札を授かりに訪れます。
みなさん大師堂ばかり列をなして拝みますが、八大龍王、大黒天と鬼子母神のほうが大事なように私は思います。

普通の寺院と違い、ここは100日の荒行をやる荒行堂があります。
荒行をすることで法力をもつお坊さんを養成しています。荒行は毎日2時間程度しか寝ずに冬に水をかぶり続けるとてもきついもので、時々、死人がでるほどです。

私見ですが、霊障を払える宗教は真言宗、天台宗、日蓮宗と山伏しかないのではないかと思っています。
いわゆる密教の修行(日蓮宗は天台宗の流れ。天台宗も密教は真言宗から)をすることにより「法力」をもち、初めて可能となるのではないでしょうか。
お経を読んでいるだけじゃ、とてもじゃないですが「法力」はつきません。

たとえば、中山法華経寺には五段御守というものがひっそりと売られています。経験的に正月しか手に入りません。
(ここってものすごいパワーの御守がしれっと売られているから笑ってしまう)

この御守は5つの因縁、死霊、生霊、狐著(動物)、疫病神、呪詛、をはねかえすといわれています。
中山寺ですから当然、開光処理してます。魔除けには最強のお札のひとつです。

godan

他にも私が「黒札」と呼んでいる台所の火除けや八大龍王の御札もあります。(たしか、お札を作る墨に戒壇の灰を入れていると聞いた気がする)

kurofuda

よくある家内安全、無病息災、交通安全のどこで購入しても同じお守りよりも、手作りのマニアックなものを見つけることができます。

数年前になりますが、家人に不幸が続きお祓いをしていただいたことがあります。

中山法華寺内に鬼子母神を祀っている建物があり、そこの入り口で受け付けてくれます。

注意しておきますが、法華寺内のお坊さん達は愛想はよくないです。しかしそんな小さなことに腹をたてないでください。

一度、お祓いをしていただければわかります。誠心誠意、ここまでやってくださるのかという真剣な気合いで祓ってくれます。

私の場合、受付していたお坊さんが「じゃぁ、やるか」ってな感じで鬼子母神堂に入りお祓いをしてくれました。びっくり。

お祓いをする空間は非常に特殊で結界がはられています。
そしてお祓いの間、私達は異空間に連れていかれます。

もし霊障かな?と悩んでおられるのであれば、中山法華寺を訪れてみるのもいいかもしれません。

また、言霊の力を利用するならば「言霊エイト+」もお役にたてると思います。
特定の場所の霊障を祓うことを制作の目的のひとつとしたものです。

屋外でのダウジング(Lロッド)

ダウジングの基本については[こちら]に書きました。しかしダウジングを屋外で行う場合、振り子は向かないです。

振動や風に弱いのです。繊細なものを持って外に出ると気づきますが、意外に揺れたり風が吹くことは多いです。

llodそういう時のために、というよりおそらく振り子より歴史が古いであろうダウジングの道具がLロッドです。 “屋外でのダウジング(Lロッド)” の続きを読む

カトリックとメダイ、護符

メダイ(マリア像のある小さなメダル)について書こうと思います。

その前にキリスト教の極めて基本的なことから書きます。
もともとのキリスト教はカトリックです。しかし日本の大多数の教会はカトリックではありません。プロテスタントです。
日本でカトリックとしてなじみがあるものは学校が多いです。上智大学、白百合女子大学、聖心女子大学、ノートルダム女子大学、暁星中高等学校など。

学生のころしっかり勉強した方ならご存知のとおり、プロテスタントとは15世紀の宗教改革でカトリックから分派したキリスト教です。王は現世を支配し、カトリックの長であるローマ法王は魂を支配するという考え方がヨーロッパ中世の基本的な考え方でした。

それはおかしいと聖書をよりどころとして分派した人々を一括してプロテスタントといいます。もっとも有名なのはルター派ですが、他にもいろいろたくさんあります。悪名高い統一教会もそのひとつと分類上は数えます。 “カトリックとメダイ、護符” の続きを読む