否定されつつある進化論

進化論により人はサルから進化した、とされている。その「進化」とは進歩とはちがい、「生物の遺伝的形質が世代を経る中で変化していく現象」をいう。

いずれにしても、環境により適合する種類の生物もいれば、非適合な生物もいるということになる。

およそ科学的態度を信奉する人は進化論を崇め奉っている。
たとえば神が人類を作ったなどと言おうものなら、本当に鼻先でバカにされる。

しかし、ここに困った説がある。

現生のすべての生物は10万年から1万年前には最終氷期極大期を経験している。そこで多くの生物が死滅した。氷河期がおわった後から遺伝的な多様性があらわれたという。

我々は進化とはとてつもない長い間の試行錯誤で生物が生き延びた結果だと、このような600万年前からの図を信じ込まされてきている。

ところが地球上の10万種の動物から約500万のDNAバーコードを比較・分析したら、20万年前くらいからしか生物は多様化していないという。

もしそれが本当なら、ランダム変化を前提とした進化論は苦しい立場になる。
今、生きている生物はランダムな変化の結果、環境にたまたま適合した生物が生き延びているという説明だからだ。

そもそも進化論を否定する例として、しばしばあげられるツノゼミの存在がある。

こんな生物の存在する合理性を説明しようとすると屁理屈を並べるしかなくなる。

これがDNAのコピーエラーというのであれば、なぜ種として定着したのだろう。ある日突然、こういうものが大量に発生するの?飛びにくいのに。

つまり、生物の多様性こそが疑問。
本当に環境に適合したものしか残らないならば、逆に種は減るはずだと思う。

たとえば、携帯電話市場が最初は百花繚乱でさまざまな会社が出現したが、数社に集約されてしまう。
同様に大手の生物集団が弱小集団を蹴散らすことがあって不思議じゃない。

素人の疑問を並べても仕方のないことなのでやめる。
進化論を主張する人々がすべて押し付けていた「長い時の流れ」が否定されるとかなり進化論は苦しい立場に置かれることになるだろう。
そうすると、世界は機械的なランダムに変化しているのではなく、なんらかの意思(神とはいわない、それは集団の意思かもしれない)により変化しているということにならないだろうか。

それは今の多くの人が信じている、自分の思いは周囲に行動を介してしか影響を与えないという信念がぐらつく話しではなかろうか。

いつも書くけれど、自分の思いが周囲に影響を与える、とするのか、思念の影響を否定し行動のみが影響をあたえるとするのか、で人生の生き方はかわる。
そして大事なことはどちらを信じていても人生をまっとうできることだ。その意味するところはなんだろう。片方の理論は片方を包含してしまっているじゃないか。

(引用元はトカナ)

丸山ワクチン

ここ数十年話題になっていなかったが再び脚光を浴びている、「丸山ワクチン」というものがある。

がんに効く、効かないの論争期間は長かった。
私が子供のころ、ずいぶんマスコミを騒がせたものだった。(子供のころなので意味はほとんどわかっていない)

もとも丸山ワクチンは結核治療のために開発されたらしい。つまり原材料は結核菌。
ただし結核菌は毒素を作り出すので、単純にうすめても薬にはならない。
そこで丸山博士は毒素を取り除くべく研究し、作り出したのが丸山ワクチン。
たしかに皮膚結核やハンセン病に効果をあげた。
戦中、戦後の話である。

ところが丸山ワクチンを処方した患者にがん患者がいないことに丸山博士は気づいた。
そこで他の医師にも呼びかけ、がん患者に投与したら効果があった。

1966年7月。丸山博士は、「結核菌体抽出物質による悪性腫瘍の治療について」という発表をした。
マスコミが大々的に取り上げ、話題となり、処方希望者が殺到した。

1980年に丸山ワクチンは何度めかの製造認可申請をしたが認められなかった。
この時、丸山博士は77歳。
ところが厚生省「有償治験薬」という名目で丸山ワクチンの暫定的な使用だけを承認した。

この理由はおそらく、「なぜ効くのかわからない」ということにあったと思われる。

ところが2018年5月19日に、日本医大の高橋教授がメカニズムを発表した。

高橋教授によると、丸山ワクチンは、がんに対する免疫をもたらす白血球の一種の「樹状細胞」を活性化するらしい。
樹状細胞は白血球中1万分の1ほどしかない特殊な細胞で、発見されたのが1973年。
異物を攻撃するのはT細胞だが、樹状細胞は敵味方を区別する目印をつけ、T細胞に知らせる役割をもつ。
がん細胞は自己増殖を続ける一方で、樹状細胞の活動を低下させてしまう。

丸山ワクチンの素の結核菌まわりにある脂肪酸のひとつのミコール酸は樹状細胞を活性化させるのだ。

こうして、丸山ワクチンの発表から50年を超えて動作原理がわかりかけてきた。

「科学的に説明できない現象だから、そんなことはありえない」という人は多い。
しかし、現象を素直に受け入れ、そこから自然の摂理を発見することが科学だ。
ひっくり返しに考え始めたのが誰だかわからないが、それは科学教という宗教であり、科学ではない。
それが、またひとつ証明されようとしている。

丸山ワクチンは日本医科大学付属病院で細々と今も処方されている。

第一回VOICE波動会議の講演内容

来られなかった方へ、また、お聞きになってもメモが間に合わなかった方へ、
私の講演の誌上体験版をのっけておきます。

波動をささえるもの

私の立つ場所

みなさん、こんなことを聞いたことはありませんか?

「人は一日に三万のことを考える。」

これ、ちょっと考えたらおかしいとわかります。
一日って起きている間を仮に20時間だとすると、60秒x60分x20時間=72000秒です。三万で割ると2.4秒。
こんなに短い時間しか考えられないのであれば、人の話しすら聞いていられません。

こんな話しを聞いたことはありませんか?

「DNAが人生を決める」

もしそうならば、親、その親はみーんな同じ行動をし、同じ職業を選び、同じような人と結婚をし、同じような子供をもち、同じような年齢で死ぬはずです。
なにより、人の努力は介在しないという説を基にするならば人生を投げ出したも同然。マユツバです。

なぜこんな話しから始めたかというと、物を作るメーカーは妄想だけですまないからです。

たとえば「言霊マシン」を作ってみようか、と考えたとします。
その後、具体的に言霊を発する機器を製作しなくてはなりません。
こんなプロトタイプを作って、
最終的に製品化するわけです。

この間にさまざまな三次元の世界で起きる問題を潰していく必要があります。
だから、概念や無責任な仮説を検証せずに語りっぱなしということはできないのです。

周波数の真実

今日は波動の話しをしますので、ごく基本的な定義の話しをスライド4枚だけします。
ちょっとだけ我慢して聞いてください。これだけで残りの話しを楽しんでいただけると思います。

周波数

この図はひとつの周波数を表します。周波数とは実は円運動であり、一回転が1周期です。
もし、この一回転に1秒かかるのであれば、それが1Hzです。

円運動と時間を考えると周波数となるのです。

1回転が0.5秒だったら、1秒間に2回転しますから,2Hzです。

波長

波長とはさらに波の媒体の移動速度を考えます。

音は空気中を1秒間で340メートルで伝わるので、1Hzの音の波長は340メートルということになります。
2Hzならば半分の170メートル。

光は秒速30万キロですから、1Hzの光の波長は30万キロメートル。2Hzなら15万キロメートルということになります。

次に光とはなにかを見ますが、光が電磁波だということを聞いたことはありませんか?

電磁波

電磁波はしばしば電波といわれます。電界と磁界が交互に進んでいくから電磁波というのです。
ラジオ、テレビ、携帯電話、電子レンジ、などは電波が使われていますね。
光は高い周波数の電磁波です。

電磁波が体に悪いといいながら、カラーセラピーだなんて笑えません。

次に光についてまったく違う話しをします。

それは光電管の話しです。

光電管

光電管は「光子」を捉える装置です。
もっとも有名な応用例はねずみ取りで、発射した光を光電管で受取り、車が遮ると光を受け取れないことで速度を図ります。

さて、今日必要な基礎的なお勉強はここまでです。

ここで人類が知っている全周波数を見てみましょう。

全周波数

ほとんどの周波数は人には感じることができません。

非常に低い周波数は振動として感じることができます。
20から20KHzくらいまでの空気中を伝わる音は耳で聞こえます。

そこからずっと飛んで380テラヘルツから800テラヘルツのみが可視光線です。

あとは人は存在すれど感知できません。
ギャグじゃありませんが、「WiFi電波は見えません」

振動、音、可視光線だけですべてを知ったつもりになれる、逆にこれほど知らない世界があっても生活が成り立っているのはすごいことだと思いませんか。

可視光線の話しのついでに光の三原色とは人間の問題だということも指摘しておきたいと思います。

光の三原色

光の三原色は人間の網膜の色を感じる三種類の細胞の都合です。

昆虫は紫外線が見えますから、まったく違う世の中の姿を把握しています。

三原色とは物理作用ではなく、人間の目の話しなんですね。

さて、次に周波数を伝える媒体の話しをしたいと思います。

人類に知られている周波数

先ほどの全周波数リストを人間の生活主体に見直してみます。
大事なことは媒体が違うことです。
しばしば「波動が」とか「高い周波数」などといいますが、媒体はなんでしょうか?

そして低い周波数が悪いものでしょうか?
1Hz以下のものもあるのです。
木星の公転周期はほぼ12年ですが、占いの「大運」として知られています。
占いは統計ではありません。周期論です。

月の28日と女性の月経の周期を取りざたする人がいます。
大鹿30日、キリン14日、ゴリラ45日、ハムスター4日などという話しを知ったらどう考えるのでしょうか?

ソルフェジオ周波数はすべて可聴周波数です。人間が聞こえる周波数は20Hzから20KHzまでです。
それはとてもとても狭い範囲です。それですべてが決まるほど人間はつまらない存在でしょうか。

可視光線はとても狭い範囲です。色で病気がなおる療法もありますが、それは光の中のごくごく限られた種類です。
霊的存在が光の中に消えていく、なんてのはずいぶんと都合のよい話しです。もし本当なら目に見えるようにあわせてくれている可能性すらあります。

ガンマ線、X線が上限ではありません。さらに上はあってあたりまえでしょう。
人類が測定できないのです。

このようにさまざまな周波数と媒体を利用して人は生活しています。
高い周波数だけがいいというのは、逆にとてもせまい物の見方です。

わからないこと

ここまでは科学でわかっていることをお話ししてきました。
この知識の上でわからないことのお話をします。

例えば、こんな不思議なことがあります。

アレ効果

ニュートンが見つけた法則により、振り子時計につかわれるくらい振り子の周期は一定です。振り子の周期は次の式で表されます。

ここでlは振り子の長さ。gは地球の重力加速度です。通常、重力加速度は一定です。

ところが日食(合)の時、振り子の振動周期が変化することがあります。これを「アレ効果」といいます。
1961年2月15日、ヨーロッパで皆既日食が起きたが、この時は振動周期がほんの少し早くなりました。1970年3月9日、振動周期は遅くなったそうです。

日食で振り子の速度がかわるなんて不思議なことです。

光(電子)は粒なのか波動なのか

5分でわかるビデオを見てみましょう。

物体はスッカスカ

原子一つを例にとります。
原子核の周りを電子が回っているという原子の構造は見たことがあると思います。

本当は三次元的にふわっと雲のように電子は原子核のまわりを回っています。
仮に両国駅に直径20センチメートルの原子核を置いたとすると、改札口から小田原のあたりまでのどこかをパチンコ玉くらいの電子が飛び回っているというのが原子の姿です。

いいかえると物質はスッカスカなのです。

見えないもの

そのスッカスカの空間には本当になにもないのでしょうか?
真空にガンマ線(電磁波)をあてると、電子と陽電子が飛び出て、また消えます。なにか存在してそうだ、でも測定できない。

そこでゼロポイントフィールドという言い方もされています。
ゼロポイントフィールドは特定の場所にあるのではありません。どこにでも偏在するのです。

なにもないところを満たすもの

それを偏在するものということで古人はエーテル(Ether)と名付けました。

  • アリストテレスは四元素説(空気、火、水、土)を採用し、第五の元素としてアイテールが存在し、宇宙はアイテールで満たされていると言いました。
  • 光を伝える媒体としてデカルトの時代から考えられていました。
  • エーテルは三次元の物質ではないという考え方もあります。
  • アインシュタインは真空であっても空間には重力場や電磁場が存在することから、こうした空間を「エーテル」と呼ぶことを提唱しました。

要するに存在を否定しきれないのです。

ではなぜ、エーテルという言葉をめったに聞く事はないのでしょうか?
それは100年前のマイケルソンとモーレーの実験というとても有名な実験で「エーテルを検知できなかった」からです。

この実験は何度も行われたのですが、変わった方法でエーテルを見つけてしまった人がいます。

これがそのビデオです。前半はマイケルソンとモーレーの実験の再現です。

垂直方向に回すと干渉縞が変化し、光の速度が一定でないことがわかります。

UFOとエーテル

これは、FBIが1947年に作成したUFOの考察記事です。

4からがエーテルに関係するところなので訳します。

4.彼らは地球人と関係なく、彼ら独自の別の世界から来ている

5.彼らの我々が知っているどれの惑星からでもない。我々には知覚できないが、すでに地球が浸っているエーテル体の星から来ている。

6.我々の世界の振動率と密度の高い物質の環境に入り込むことで彼らもUFOも自動的に物質化する。

7.UFOはある種の放射エネルギー砲を装備しており、攻撃してくるどんな宇宙船でも簡単に殲滅する。彼らは意のままにエーテル世界に戻ることで、我々の追跡を逃れ視界から姿を消す。

8.彼らの起源は“宇宙の星” にあるのではなく ”Lokas”や”Talas”と呼ばれる世界に該当する。エーテル物質の学習によりこれらの言葉がわかるだろう。

なにもないところに物質はありません。
逆にいえば、私達の社会で「ない」と言われているものはエーテル界に存在するのではないでしょうか?

エーテル

エーテルがなんらかの情報を保持すると仮定するならば、非物質の存在で説明できるものがかなりあります。

以下の3つについて考えてみましょう。

  • 意識
  • 「エネルギー」

意識

意識についてです。
ヨガ哲学から借りてきました。

意識は他者、団体ももち、それに影響されることがあることがあります。
伝わるのです。
この「意識」がつながっていると考えることが世の中への認識の大事なことだと思います。

すべての物に意識がある

プラトンは原因界にあるものを「イデア」と名付けました。例えば完璧な「花」は我々のイメージの世界にしかないのです。それが具現化されているものが現実のモノだと考えるのです。

プラトンは理想形としてイデアを唱えましたが、アリストテレスはイデアは宇宙がモノを表現するために必要な型、つまり原始的意識であるとしました。

つまり、具現化したものには型としての意識がある。
その意識が存在する場所はエーテルではないでしょうか。

ルパート・シェルドレイクのいう「形態形成場」なんて考え方としてはギリシャ哲学の時代からあったということです。

霊・神

  • イデアに同調しやすい人 (日本の狐憑きは、ドイツでは狼憑き)
  • 儀式(信者の思念がエーテル上に溜まっていく)
  • 象徴 (思いの記号化)

神様もエーテル上に存在するのではないでしょうか。
形態形成場はエーテル上に保持されているのではないでしょうか。

「エネルギー」

この世界でいうエネルギーは物理作用をもたらすことはないです。
そのかわりもっと高い周波数が存在する可能性は否定できません。

ただ、スカラー波はエーテルに影響を与える技術ではないかとラジオニクス関係者は考えています。

スカラー波とは電線を互い違いに巻いた磁力を打ち消すような形にしたものに電気を流した時に出るとされています。

スカラー波の応用

VOICEで販売させていたあいているウィナーも願望という思念をエーテル界に流すことを狙っていいます。
このジャンルの研究はかなり進んでいます。
無誘導巻きコイルで特定の周波数を水に与えると、その周波数のエネルギーを保持します。
ホメオパシー、フラワーリメディを作り出すこともできます。

エーテルを応用する方法

エーテルを使うために特別な道具はいりません。
偏在しています。

物質とエーテルについての復習

ちょっと今までのお話を応用するためにまとめてみます。

  • 意識ですべてをコントロールはできない。物理法則は強い意志であるといえる
  • 注目することで物質化(粒子)する
  • 物質はエーテル(ゼロポイントフィールド)にひたっている
  • 物質そのものではなく、イデアに影響を与える
  • 場所場所に違う情報が保持される
  • 一方で偏在し、遠くであっても意図的に共振できる
  • 高い周波数がいいとは限らない。人は低い周波数にも用事がある

エーテルに非常によく似たもの

ひとつにお金があります。
普段、みなさんはお金を紙幣や硬貨という物質で考えておられ、その物質を増やすことをイメージされます。

しかし、銀行の通帳、クレジットカード、などを考えてみればわかりますが、実はお金には実体がありません。

偏在していて、各自にある(局所化)しているという点でエーテルとそっくりです。

エーテルと同様に扱い、集めたいと考えるならば次のようなステップになります。

エーテル宇宙と溶け合う

  1. 来てほしいことを具体的に思考する
  2. 流れるエーテルに自分もいることをあらためて感じてみる
  3. 必然的に「すべての流れがスムーズに」と願ってしまう
  4. 現実世界で前兆をさがす
  5. 前兆に従うとスムーズに具現化する
  6. 起きたことを「いい」「悪い」と近視眼的なレッテルをはらない。現実が確定してしまう。
  7. あきらめないで観察し続ける

有効な瞑想法

実は私はチャネラーでもあります。
チャネリングをしていて、「宇宙のエーテルに溶け合うにはどうすればいいか?」と問うと、「ホワイトノイズに自分が溶け込むことを瞑想してごらん」という答えをもらいました。

ホワイトノイズを聞いて、自分の全身がその中に溶け込んでいくと言う考えを瞑想の主題とします。

この方法は確かに人生に円滑化をもたらします。

ご参考までにこちらにホワイトノイズの音源をつけておきます。

目をつぶって自分が溶け込んでいくことを想像してみてください。

まとめ

今日は周波数の基本的なこと、見えない世界についてお話をしました。
次のような内容でした。

  • 周波数はいろいろなもので伝わる
  • 周波数が高ければいいというものではない。人には両方必要
  • 人間が観察すると、なぜか物質化がおきる
  • エーテル論で説明できる現象は多い
  • エーテル振動を強化するためには、スカラー波が現在応用されている
  • エーテルを応用するためには、偏在するエーテルに意識して浸かろう

 

以上で、講演をおわります。

 

追記:2018/9/1 TOCANAでエーテルを利用したフリーエネルギーエンジンが実用間近と報道される 空気からエネルギーを取り出す「テワリ発電機」が完成間近

 

波動機器の効果は小さい焚き火のように

先日、ふと、北海道のアイヌ民族はどうやって冬を越していたのだろうか?と不思議に思ったので調べてみた。

なぜならば今の北海道の家では灯油ストーブをガンガン焚くのがあたりまえだけれど、明治以前にそんな大量エネルギー消費型の暮らしができたわけがない。

いろいろ調べると驚くべきことがわかった。

アイヌ民族の家「チセ」は木材で家の形をつくったら分厚く笹で屋根と壁を覆う。

周囲を雪で囲い、その外は冷蔵庫として使うようだ。

肝心の暖房だが、家の真ん中で小さい焚き火をする。
火を大きくしてしまうと、屋根が熱で燃え、また強い空気の対流により外部の冷気を引き込んでしまう。

だから、一年中ずっと小さい焚き火を絶やさずにすると家の床土全体に熱が伝わるようになり冬も暖かくすごせるようになる。
実験では冬の室内気温は5度程度だが、体感温度は20度ほどであるらしい。

周囲を笹やござで断熱し、土というとても比熱が高い(温まりにくいが冷めにくい)物質の特性をいかした方法である。
これがマイナス30℃の世界を生き抜いていける知恵なのだ。日本人が持っていなかった知恵である。

なお、漆塗りの漆器はマイナスの気温でも割れないので重宝したようである。

さて、私達は今の北海道の「寒ければどんどんストーブを焚く」という発想ばかりしていないだろうか。

シューマン周波数発振器についてしばしば「もっと強力なものは作れないのか」と聞かれる。

しかし、強力にすればいくらシューマン周波数であっても電磁波なのだ。電磁波の弊害を被ってしまう。
それよりもずっとつけっぱなしにしてチセの熱のようにじわじわ環境を変えたほうが利点だけが得られるのではないかと思う。

「病は気から」が動物実験で証明される

朝日新聞2017年8月15日の記事より、

ストレスで胃腸の病気や突然死を招くメカニズムを、北海道大の村上正晃教授(免疫学)のチームが解明し、15日付のオンライン科学誌イーライフで発表した。ストレスで起こる脳内の炎症が関わっていた。「病は気から」の仕組みが裏づけられたといい、ストレス性の病気の予防や診断への応用が期待される。

チームは、睡眠不足など慢性的なストレスをマウスに与えた。そのマウスのうち、自分の神経細胞を攻撃してしまう免疫細胞を血管に入れたマウスの約7割が、1週間ほどで突然死した。一方、ストレスを与えただけのマウスや、免疫細胞を入れただけのマウスは死ななかった。

突然死したマウスを調べたところ、脳にある特定の血管部分にわずかな炎症があることを発見。炎症はこの免疫細胞によって引き起こされ、通常はない神経回路ができて胃腸や心臓に不調をもたらしていたことがわかった。

村上教授は「同じストレスを受けても、この免疫細胞の量や脳内の炎症の有無によって、病気になるかどうかが分かれると考えられる」と話している。(森本未紀)

この結果は重要だと思います。
というのは、「悩み続ける」と脳の部分に炎症が起き、「通常はない神経回路ができて」病気に至るということですよね。
ならば、その原因は悩みを取らないと再発する、ということではありませんか?
現実をよく反映している気がします。

ジョン・タイターのウソが判明

日本ではジョン・タイター(雑誌ムーで南山宏が発音を誤記したのが原因)として知られるが世界的にはジョン・ティッター(John Titor)について、Youtubeにイタリア国営テレビがアメリカで調査した結果が掲載されている。 “ジョン・タイターのウソが判明” の続きを読む