ユカコ(UKACO)

ユカコ(UKACO)

ユカコについてはあまり資料がない。ここでは主に、「植物の神秘生活(工作舎)ピーター・トムプキンズ/クリストファー・バード著」による。

ユカコとは、アプトン(Upton),クヌース(Knuth),アームストロング(Armstrong)の3人の名前をとって設立したラジオニクスを農業に利用する会社であった。1950年代に設立され、成功報酬という方法で良心的値段で事業を行い、成果をあげていた。その方法がペンシルバニア州のヘンリー・M・グロス将軍の目にとまり援助をうけていた。多くの実績をあげたが、化学肥料会社の圧力、科学的な説明ができないことから圧力を受け、ついには閉鎖されてしまった。

彼らの装置といわれるものは、太陽電池の上に写真を置きアンプに接続されているものであった。
エイブラムスがオームで表す数値を使ったのと違い、ユカコマシンは科学物質や試薬のサンプルを使用した。

ユカコ方式では、対象とする畑のネガ写真を用意し、関係のない場所は切り取って捨てた。そのネガを装置にセットし、起こしたい反応のサンプルを載せる。そして、機会のスイッチを毎日5~15分間作動させる。これを週に一度、生育期間中繰り返すのである。けおの方法で、対象となった畑の農作物は元気になり、他の畑と大きく違った。殺虫剤をセットすると、80~90%は除去されたという。

ラジオニクスが農業に応用され、2年以上事業そのものは成功裏に会社が運営されていたことは、我々の記憶にとどめておくべきことであろう。

投稿者: たかお

毎度、お世話になってます。店主です。

コメントを残す