波動測定技術者の奇妙な死

あまり語られていないことだが、ラジオニクスにかかわった人間は奇妙な死に方をした人が多い。

ルースドラウン女史は獄中で自殺とされているが、実はサイキックアタックで口封じされたという噂を数度、読んだことがある。
ベル研究所で商業ベースでヒエロニムスマシンを製作するというプロジェクトにかかわっていたモリス・K・ゼサップ博士は1959年4月29日の夕方にフロリダ デード地方公演でステーションワゴン内で死体で発見されたが、死因は不明だ。

ひるがえって私の知人の波動測定器を使いこなしていた珍しい技術者も不可解な死をとげている。

別にMIBだとかいうつもりもないが、ふと思い出したので記しておく。

投稿者: たかお

毎度、お世話になってます。店主です。

コメントを残す