ビジネス上のブロックを外す

(Regaining Wholeness Through the Subtle Dimensions Where Science Meets Magic by Don Paris Ph.D より)

この分野はSE-5 1000がとても活躍します。
どんな関係であれ、我々はエネルギーや情報を交換します。何度も我々は個人的な理由、健康状態、精神状態、ストレスなどでビジネスがうまくいかなかったこともあるでしょう。

SE-5 1000の助けにより、自分を阻害するIDFを知り、それを打ち消すことが可能です。

考えるべきことはふたつあります。

ひとつは阻害要因を単純にクリアにして意識することです。我々の例ですが、不動産を扱う案件がなかなかクローズしなかったのです。買う側の代理人はあらゆることをしたのですが、売る側からいい返事をもらえません。SE-5 1000で以下の手順をやり、真の原因を知ると、案件はすぐにクローズするか、なしになりました。どちらにせよ、ぐずぐずやるよりはよいことです。すぐに次の案件に集中できますから。

二番目はより複雑ですが、長く使える方法です。自身の中の、本当の理由を認識することです。
時々、我々は無意識に阻害要因を作り、問題の深いレベルに到達しようをとします。
それは、IDFの分析を自分に行うことで、自分の深いレベルについて知ることができます。

これらにより、(現象面の)小さなことは明らかにし、自分の深いレベルについてもクリアにするのです。

手順:

1. 通常のスタートアップ これはビジネスで使う場合、健康で使う時と同様大事です。

2. サンプルとして、問題となっている双方のサイン入り契約書を使います。入力部に入れるか、プレートに載せます。

3. SE-5 1000のウィンドウに次のように入力します。“FTHG / ELIMINATE ALL BLOCKAGES FOR A SUCCESSFUL CLOSING.’’ (成功裏にビジネスがクローズするようすべての障害は消える)

4. Amplitudeノブを100にし、MeasureスイッチをBalanceにします。

5. 30秒ほど待って、Measureに戻し測定します。100%に読み取れるはずです。もし違っていたら、また4を繰り返します。

注意:これはいろんな分野で使える方法です。例えば、ビジネスの成績が思わしくない時、次のように入力します。“FTHG / REMOVE BLOCKAGES FROM MAKING XXXX (number or dollar amount) OF SALES BY XXXX (date).’’

この方法はいろんな人がやってうまくいっていますし、私もいつも驚くような結果を得ています。(時々、目標を超えています)
ある日、健康食品店のオーナーの女性がこの方法を行い、二時間後には従業員がオフィスに駆け込んで叫んだそうです。”SE-5を止めて、お客さんが多すぎて大変です。”

Q. バランスした後、なにも起きないようだったら、なにが起きているのでしょう?
A. 最初に5つのテストを通常のスタートとしてやらなかったでしょう。常にそれが関係しています。
HSDC バイオフィールドリサーチマニュアルの心理的セクションが役立ちます。
自分自身の経験からビジネスの流れは自分の精神状態と直接繋がっています。もうひとつの重要な点は我々が”コントロールライン”と呼んでいることです。
“コントロールライン”とは、多くの人お互いに顕在意識や潜在意識で操作している思念のことです。例えば、ある人がとてもよいアイデアを他の人に行ったとします。言われた方は上品に笑い「素晴らしい!」と言葉ではいいますが、”失敗してコケろ”というのがホンネです。こういうネガティブな情報は微細なレベルに残留します。特に人の影響をうけやすい人はそうです。こういう思念はプロジェクトに影響を与えるため、可能な限りクリアするべきなのです。

投稿者: たかお

毎度、お世話になってます。店主です。