農業への応用

以下の方法は’New Horizons Trust’の許可を得て掲載するものです。

SE-5 1000を、植物の栄養状態や太陽光、水、土壌や肥料が穀物の出来具合にうまく役立っているかのクラシカルなスキャナーとして使ってきました。
適切なIDFで処理された穀物、農場や肥料は、植物への害虫を減らし、穀物の生育や品質を向上することに役立ちます。

手順

1. 通常にスタート

2. グラシン封筒に穀物のサンプルを置きます。よいサンプルは、葉、花、花弁、実や茎を含むべきです。もし、農場の写真であるならば、北から南を向いた写真がよいようです。セルの中にサンプルをいれます。

3. General Vitality Tuningをタイプします。スタンドアローン(SE-5 1000のみ使用)モードでは、表示窓に9-49が表示されるか、メインプログラムでポジティブチューニングに行きます。

4. General Vitality Tuningの程度を測定します。

5.二番目のサンプル置き場に、別のグラシン封筒にいれた土か肥料を置きます。最初のサンプルはセルに入れたままか、インプットプレート上に置きます。

6.G.Vチューニングで別の程度を測定します。IDF適合性セクションでの解釈と同様の作業です。しかし、60以下であったら、水、土壌、肥料は最初のサンプルとあまりうまくいっていると言えません。
もし物質の適合性がよくないなら、他の肥料などで試すことができます。

注意事項:
土壌に適切なエネルギーを入れようとするならば、実のGVは、まいた種のGVよりも4から8倍であるはずです。
同様のテクニックが、場所、太陽光、タイミングなどに使えます。2番目のIDFの適合性テストには、文字による詳細をキーインすることもできます。

投稿者: たかお

毎度、お世話になってます。店主です。