世界でもっとも売れているラジオニクス装置

それがSE-5 1000です。

ラジオニクス装置は当サイトに資料があるとおり、長年の実績があります。
SE-5は1986年発表以来、世界中で使われてきました。
SE-5 1000は2009年に発表され、2011年に日本語サポートが開始されました。

人体に限らず、農業、ビジネスに応用できる柔軟性、長年の経験によるノウハウ、多くのユーザーによる強い意識の場などなど、他の情報エネルギー分析器の追随を許しません。
外観を見ただけで、古典的ラジオニクス装置との違いがわかると思います。

SE-5が伝統的なラジオニクスより進化しているのは、装置の考え方にも現れています。
SE-5は次のような原理で動作すると考えています。

世の中の森羅万象のものは、固有の情報を持ちます。それは三次元世界で現実になる前から存在します。それを仮に「情報エネルギー」と呼びます。(SE-5の世界ではIDFといいます)

そのエネルギーを操作できれば、具現化する前に働きかけることができます。
東洋では古来、「気」と呼ばれ形がない情報を広く受け入れ、生体を流れる目に見えない、科学では見つからない存在を応用してきました。

すでに形があるものでも形になる時にこめられた思念によって、エネルギーの形は違います。
それはレトルト食品と家庭で作られた料理の違い、言葉になる前の感情などにより、誰もが感じることができるものです。

私たちは形になる前のなにかを感じ続けてきています。

SE-5が扱うのは、この見えない情報エネルギーです。見えない情報を扱うために、さまざまな工夫が詰め込まれた機械なのです。

目に見えない情報エネルギーを測定するということは、森羅万象、すべてのものの本当の意味を知り、コントロールできるということです。

あなたも少しの努力でそれが可能となります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAもう少し、SE-5 1000の概要についてご説明します。

もし、情報エネルギー分析システムについてあまりご存知でなければ、SE-5 1000は洗練された方法を研究のためにお届けします。

IDF、情報エネルギー、バイオフィールドなどと呼ばれるものとのインターフェースを提供します。さらに、小規模ビジネスや仮定での選択をするための完全な装置としても使うことができます。

なにを検知し、どれくらいのコストか?それについてはとてもよい話となります。

ほとんどのラジオニクス、情報エネルギーの分析システムは軽く数百万円します。そして、とても複雑です。そのためにさらに数十万円をトレーニング費用にあてねばなりません。

SE-5 1000はメールで購入できる程度で、トレーニングについてはほぼ無料です。
アドバンスコースこそ有料ですが、必須ではありません。

SE-5 1000の特徴をあげておくと、(以下、Don Paris博士の話のまま)

  • 遠隔で高いレベルのスカラー波をだします
  • 視認しやすいデジタルLEDディスプレイ
  • 早く簡単にリメディを作るための自動ポテンタイズ機能
  • PCとはUSBでの接続(最新のWindowsシステムに対応)
  • 正確なポイント、スキャンのために赤色LEDが点灯するプローブ
  • サウンドをブロードキャストするためにオーディオ・インターフェース付き
  • バランス(調整)をどんなものにでもできるようにELの出力ケーブル付き

そして、なによりも世界中の多数のユーザーにより意識の場ができており、信頼すれば思ってもみない速度で使用できるようになります。

マインド・クラフトはSE-5 1000の製作者Don Paris博士の承認を受けた日本総代理店です。

SANYO DIGITAL CAMERA

 

私の力の及ばないところは、博士に質問して答えをもらうこともできます。

投稿者: たかお

毎度、お世話になってます。店主です。