フェロモンと媚薬

フェロモンと媚薬

人のフェロモンに近い媚薬は存在する

異性に好感をもってほしい、という難題を解決するひとつの方法ですが。。。
フェロモンとは、生物が空中にふりまく物質です。有名な例はメスの蛾がふりまくフェロモンで雄の蛾は数キロ先から飛んでくることが知られています。ほんのわずかでいいのだそうです。
フェロモンという物質が知られてから人類の最大の関心事は「人にもフェロモンはあるのか?」です。あれば最強の媚薬だろう、ということでしょう。巷にはすでに「これぞフェロモン入り香水。このひとふりで女はメロメロ」という商品が高額で売られています。しかし、アルコールやドラッグ以外で人類が理性をなくすような物質は存在しません。

なにしろ、理性というものがありますからね。
じゃあ、ヒトのフェロモンはどういう効果があるのか。研究してみました。

いくつかの重要な発見がありました。ひとつはヤコブソン器官、もうひとつはテストステロンです。

ヤコブソン器官(Jacobson’s Organ)

ライアル・ワトソン 匂いの記憶 光文社 (ISBN4-334-96104-5)(日本ではヤコブソン器官についての唯一の情報源といっていいかもしれない。)

に、サブミリナルに無抵抗な人類について書かれています。
鼻の奥、1.5センチほどのところに小さな穴があり、その感覚器は臭覚と別系統の経路で脳に伝わっているそうです。これをヤコブソン器官といい、公式にはなんの役にもたっていない器官です。

しかしライアル・ワトソンによればそれは空中を浮遊するホルモン(フェロモン)を検知する器官だといいます。(Vemeronasal Organ (VNO)という名称でも知られる)

感覚しないにもかかわず感覚器官という奇妙な性質をもちます。それゆえ意識されないままに刺激の影響を与えることになります。

この「意識されないままに刺激から影響」というものは実例があります。
女性は男性ホルモンを意識しなくても検知しており、排卵の瞬間が感度が最高となります。
脇の下などに多数あるアポクリン腺分泌物(若いころはニキビの原料)がバクテリアが脂肪とホルモンを分解したものの匂いを人類はフェロモンとして感じることもわかっています。
多くの女性が顔をしかめる汗臭いというアレですね。ところが!

古い記録によると

  • 女たらしの男がハンカチを脇の下にはさんで一日畠仕事をし、夜はそのハンカチを胸ポケットにさし、パートナーの鼻先にくるようにし、デートは大成功だという。
  • イギリスで高級娼婦は「とある部分に身に付けた」ハンカチを売りさばいて大儲けしたという。文脈からしておそらく排卵直前の膣分泌物だと思われる。

いずれも理性とはうらはらの反応なのです。

フェリン社の「レルム・メン」「レルム・ウィメン」は前者は女性の皮膚から採取されるアンドロスタジェノンとエストラテトラエノールです。
ウィメンには男性から抽出されるアンドロスタノール(Androstenone)ということです。

フェロモン アンドロスタノール

人にもこのようにフェロモンは存在するようだ、と1986年に フィラデルフィアのMonell Chemical Senses Centerの研究者、George Pretiと Winnifred B. Cutlerが発表しました。
当時、ワシントン・ポスト、USA TODAY、TIMEなどに掲載されました。
実験は週に一度、男性の脇の下からの分泌物を女性の上唇に少しつけると生理の周期が安定する、というものでした。
定常的に男性と交渉をもつ女性のほうが生理周期が安定するというデータから実証実験が開始されたようです。

同様の検証はあちこちでなされているのを見かけます。
ケンタッキー大学ではアンドロスタノールを吹き付けた男性の写真に女性がより好感をもった、歯医者の椅子に吹き付けておいたところ女性は他の椅子より好んで吹き付けた椅子を選んだ、イギリスのテレビ番組では双子の片方に吹きつけたところ、外見はまるで同じなのに片方よりも女性に人気があったなどなど。。。

生殖に関することですから、人間がそのように反応をすることはなんら不思議ではありません。

しかし、人には理性というものがあります。一見してダメなのにアンドロスタノールをもっているから気が変わるということはないでしょう。

ホルモン テストステロン

テストステロンとは、男性ホルモンの一種です。男性ホルモンの大部分を占める重要な要素の一つです。
骨・筋肉・性欲・バイタリティ作用など男性として生きるために大切な機能を提供します。別名「英雄のホルモン」ともいわれています。「動物系」をささえているわけですね。
テストステロンの分泌が減ること、それはすなわち男性として重要な筋肉や性的魅力が減少していきます。
テストステロンの分泌のある人からの汗からはアンドロスタノールは出ます。
テストステロンを増やすためによく言われていることは、筋トレ、亜鉛とビタミンDをとる、ということです。
ただそういうことをしている人はよくいますよね。で、テストステロンが多そう、魅力的かというとそんな感じもしません。
そこでテストステロンを増強する方法はないか調べているうちに奇妙なものを発見しました。
それは特定の周波数をあびることでテストステロンの分泌が増加するという記述です。1444Hzがそうらしいのです。
ポータブルな周波数発生機を特注で作成しますので、お問い合わせください。

媚薬の試み

ヒトは理性をもつためフェロモンといえども、なんとなく好感がもてる以上の効果はないのは間違いありません。
フェロモンと似た分野で、すでに実績をあげている方法があります。

そう、フレグランス(香水)の分野です。
フェロモンは匂いませんが、フレグランスは匂います。
違うのですが、同じ鼻への刺激ということは共通しています。

実際、男性は香水の匂いでエッチな気分になることがあります。あれくらいの効果を無意識に訴えられるならば十分「効果的」といえるでしょう。

そこでエッセンシャル・オイルの分野を調査しました。以下は、その中で「強力である」と認められた代表選手です。

イランイラン(ylang-ylang)

よくインターネットには「ホルモンバランスをとる」とあるが、実は活発な男性が発するホルモン「テストステロン(testosterone)」に極めて似た分子構造をもつという科学データがあります。女性の不感症、男性のインポテンツに有効だといわれています。なんとなくうなずけるところです。粘るような甘い香りは、興奮させ、陶酔させる作用があります

サンダルウッド(白檀)(sandalwood)

この香りの成分の中に、男性の汗に含まれる成分(アンドロスタノール)に似た物質が含まれているため、心を高揚させ、催淫作用を持つと言われています。女性の冷感症や男性のインポテンツに有効だといわれ、男性的なセクシーなイメージということで、シャネルの香水『エゴイスト』などに使われていることで有名です。オリエンタルな香り。

ジャスミン

強力なリラックス特性をもち、上ふたつとの組み合わせは香水として最高の組み合わせだといわれています。意外ですね。最高の香水の組み合わせって、古来、すでにわかってるんです。
カルバン・クラインの香水、シャネルNo.5にも使われています。インポテンツ、早漏、冷感症等の性的障害に効果があるそうです。甘い香り。
ただしエッセンシャルオイルはギョッとするくらい高価ですから、おいそれと使えません。

ローズ(rose)

以前はローズウッドを推奨していましたが、やはりローマ時代から使われているローズは強力です。催淫特性が認められており、インポテンツや冷感症のような性的障害治療にすら効果が期待されています。リラックスさせ血行をよくする作用があります。

ラベンダー

ラベンダーは催淫作用を強化します。

ムスク

さまざまなパフュームに採用されているにもかかわらず、あまり解説を発見できません。原材料の麝香鹿はワシントン条約の対象です。天然モノはまず入手できません。そんなものを解説しても仕方ないからでしょうか。
しかし古代の魔術ではムスクはしばしば使われていました。

上記をふまえ、「究極の媚薬」を開発しました。
もっとも重視したことは「ヤコブソン器官は分子量の大きな物質を検知する」という点です。

実は世間で売られている香水はコストの面と手間から人工的に生成した香り成分の合成で作られています。
これは化粧品会社の名誉のために記しておきますが、香水が多くの人に渡るほど天然素材を使ったら、地球を破壊すると思います。合成で作るしかないのです。

「究極の媚薬」は、高品質なエッセンシャルオイルを調合します。エッセンシャルオイルの分子量はとても大きいので、ヤコブソン器官にひっかかることを期待しています。

フェロモンとしての効果を狙っているため、匂うほどつけないようにしましょう。

発表してからずいぶんになります。それなりに効果が集まりました。

かなり肯定的な感想をいただきました。

  • 思ったよりいい香り。した時に汗とまざるとすごくよかった。
  • 急に凄く切なく、なんだかとてもエッチな気分になってしまいました(笑)。あまりにも、急にキュンって感じになったので錯覚かも知れませんが
  • イヤミがないからいいかも。
  • 媚薬なかなかヨイ香りに 何かふわふわメロメロな気持ち?になりそうです!
  • 男性の体臭を連想させますね。
  • つけたまま電車等に乗って、人とすれ違う時の反応を見ていると面白いですね。確かに席の周りに不自然に(笑)人が集まる様です。

とても気に入って毎日香水をつけています。
周りを媚薬で夢中にさすのではなく、自分が媚薬に夢中という感じですね。
手首につけて、かぎ回っています。
さすが媚薬です。
今まで気に入った匂いの香水を買ってはしばらくして匂いに飽きて部屋の飾り物になっていましたが、理由がわかりました。
天然と合成香料の違いだったんですね。

それでは、どうしてこれが男性を引き寄せることになるのでしょうか。
それは男の悲しい性(さが)を利用しています。
実は女性が発情しているかのようなサインを出すと、男性は魅力的に受け止める生物なのです。

ほおが少し赤くなる、唇が赤くなる、というのは女性が発情した時に見られる特徴です。
化粧は実はそれをシミュレーションしています。目の周りが青くなるのは、そりゃぁ、経験ある方はよくおわかりでしょう。
関心のある人、モノを見ると目の瞳孔が開きます。目の大きい人が好かれるのは、実は相手が関心をもたれていると錯覚しやすいからなのです。

2010年、ドイツでまさに女性の性器の匂いの香水が発売されました。これも、そういうことです。
女性がちょっといい感じになると男性は引き寄せられるということです。

マインドクラフトでの販売は、一時辞めていたのですが、催淫に集中したエッセンシャルオイルを使った香水はなかなか販売されていないようで、復活してほしいというメールを何通もいただきました。

そこで従来のものよりシャネルの香水レシピを参考にし、少し華やかな香りにして「アプロディーテ2」として販売しています。(媚薬じゃ、あんまりですから)

 

投稿者: たかお

毎度、お世話になってます。店主です。