新しいSE-5本体プログラム

新しいSE-5本体プログラム(PCのプログラムではなく、本体側です。ファームウェアと呼びます)ファームウェアが発表されました。

(2011/12)バランスの時間、ディレイと繰り返す回数を本体だけ(Stand Alone Mode)にセットすると、それぞれの数値は↑↓ボタンを押して数値を変更する必要がありました。

今回、ボタンを押したままにしておくと自動的に値が上昇したり、下降したりするようになり、早く設定できるようになりました。
値の変化はゆっくりから、長い間押していると早く変化するようになっています。もちろん、一度ボタンを押すと一段階だけあがるのは以前と同様です。

(2011/12)custom programがcustom sessionと名称を変更しています

ファームウェアが欲しい方はマインド・クラフトまでお問い合わせください。

また、内蔵プログラムも変更し、カスタムプログラム(セッション)は従来の倍、保管できます。

以下を行う場合、必ず本体とPCは必ずAC電源に接続してください。

ファイルを入手したら、exeの実行形式ですから実行してください。
ここではDownloadフォルダーにSE-5updatev26.rar.exeというファイル名で入手したとします。

ダブルクリックすると確認画面が出ます。
実行すると圧縮されていたファイル群が展開されます。

この画面は下に展開するフォルダーの場所が示されます。
展開したい場所が違う場合、”Browse”ボタンを押すとフォルダを選ぶことができます。

ここではDownloadフォルダーを選択しました。OKを押すと元の画面に戻ります。

次にInstallボタンを押します。なお、これはインストールではありません。単にファイルが展開されるだけです。
なお、どこのフォルダーにファイルを展開したか忘れないでください。あとから使うために展開しているのです。

展開されたフォルダー内にあるUSB Utilityプログラムをダブルクリックして起動します。

このユーティリティプログラムで、PCから本体にSE-5 1000のファームウェアを転送します。

まず、Browseボタンを押してダウンロードしたフォルダーを指定します。先の例ではDownloadフォルダー内にあるはずです。

同じ画面でさらに”File Type”を指定してください。 .SE5 を選びます。

file nameの欄に適切なファイル名が指定されるはずです。なお、ファイル名はダウンロードするファームのバージョンにより変化します。

Openボタンを押してください。

 

ここからがまっったく知られていない手順になりますが、失敗したら、ここからやり直してみてください。突然、電源を切ったりしない限り本体が壊れることはないはずです。

1. SE-5 1000の電源をオフにします。

2. USBケーブルでSE-5 1000とPCを接続します。

3. SE-5 1000の電源を入れます。クリア処理が終わったら、 Preparing for USBが本体に表示されるはずです。

4. ここで、UP↑ と Down↓ を同時に押します。ディスプレイにLOAD FIRMWARE Enter to Proceedと出るはずです。

5. 本体のEnterキーを押し、次にPC側のユーティリティのTransferボタンを押します。SE-5側のディスプレイにStart USB utilityと表示されます。

6. PC側のプログレスバーがだんだん増え、転送が終ると終了です。

本体側はrebootします。

次回から新しいファームウェアです。

 

投稿者: たかお

毎度、お世話になってます。店主です。