マグネトロン

マグネトロン

科学が生み出したはずのものが、生体エネルギー増幅装置に
もともとマグネトロンとは、超短波を扱えるようにするための装置で、第二次世界大戦のころ、航空機のレーダーの(電波を照射する)アンテナとして発明されました。

それは(他のウェブサイトでも見ることができますが)円筒形の銅のブロックに穴をあけて○が8角形に配置されたような形をしています。ところが、この形が超短波にうまく働くばかりか、生体にも働くことがわかってきたのでした。
1950年、フランスのラジエステシアの研究家(radiesthesist)、サーバンス(Servanx)兄弟は、マグネトロンが(電源を必要とせず)それだけで微妙なエネルギーのアンプとして働くことを発見しました。20年後、それをスーパーセンソニクスで知られるクリストファー・ヒルズが追試し、外周の円に磁石を付け加えるとさらに、パターンの力が増幅されることを発見し、商品化したのです。その時の外見が左図のとおりのものです。

下図の「使い方」には、

  1. 願望を中心の大きな円に書く
  2. あなたの一部(髪の毛や爪)を願望の上に置く
  3. 振り子を外側の一番上の円におき、ゆっくりと時計方向にその円の上をダウジングします。
  4. 反応があった点から小さな円の中心に向かって線を引きます。
  5. 他の縁でも同じことを繰り返します。
  6. ランプをパターンの上でつけ、振り子が大きな円の中心の上にくるようにし、揺れるにまかせます。
  7. 振り子が揺れている間は、願望を繰り返してください。振り子が止まったらやめます。
  8. 毎日繰り返してください。

と書いてあります。ちょっとオカルトっぽいですね。

マグネトロンの別の使い方は、中央の円に強化したい生体のサンプルやパワーストーンを置きます。もちろん、上の例のようにあなた自身のものを置いてもよいのです。写真の場合、頭が東で足元が西になるようにおきます。増幅し、与えるエネルギーの性質は周囲の円上に置くもので決まります。たとえば、磁石、宝石などをおくことで、その物質についていわれている効果を与えます。普段は置きっぱなしでよいのですが、ダウジングでエネルギーが十分与えられたと感知したら、やめます。

特殊図形といえば、それまでですが、今でも世界中に根強いファンがいます。
Mind Craftオリジナルのマグネトロンもあります。

 

投稿者: たかお

毎度、お世話になってます。店主です。