ライフ周波数療法の具現化2

音についての解釈はさまざまです。

音楽に意味があるとするもの、ソルフェジオ音階のような音を聞く。

これらについては音を体で聴くという記事で研究をしました。
この記事では音と音楽に特段区別をせずに、昔からいわれている音階、モーツァルト音楽や近年の研究のタンパク質の音楽などを研究しました。

ライフの周波数療法を調査した時、
ライフの装置自体いろんな話があり、はっきりしないところがありました。

周波数もラジオくらいの周波数を使うもの。
その強烈な放射をあてるもの、導電子で電流をとおすもの、音をあてるものなどです。

強烈な放射をあてるものが、ライフ自身が使っていた大きな真空管です。
しかし、ライフは音も試していたことがわかっています

周波数療法は従来の音による療法と原理が違います。

あらゆるものは固有の周波数をもち、それに介入しようというものです。
似たようなアプローチにサイマティクス(音により形ができる映像を見せて信じさせて音を使う療法)を使った療法がありますが、ライフの研究のサブセットにもならない程度なので無視します。
ライフが音を試してもあまり有効でなかった理由のひとつに、骨や肺などに音が届きにくいということがありました。
しかし、それをなんとかしようと
Rife-2

こういう涙ぐましい努力をされている方もいます。
これでも効果が出たというから驚きです。

必要な機材は以下のとおりとなります。

  • 周波数発生器
  • ケーブル
  • 振動スピーカー
  • ライフの周波数表

振動スピーカーの振動は骨に到達します。肘に当てたら鳴りますからね。強力です。

これだけあればいいわけです。 (クリックで拡大します)

connection
なにがいいといったって、 音だけなので安全性が高いことです。
(周波数発生装置の日本語説明書(MInd Craft翻訳)はこちらにあります。Youtubeも参考にしてください。全画面で見ないとわかりにくいと思います。)

ライフの周波数療法でも説明した手順で説明します。

    1. 駆除する対象を決めます。

 

  • ライフの周波数帳から該当の病気についての周波数をみつけます。周波数を検索するソフトを提供しています。 Mind Craftで開発したソフトウェアなのでキット購入者のみにURLが通知されます。 最初に次のような画面が出ます。(クリックで拡大します)IMG_1565検索欄にキーワードの一部を入れます。 IMG_1566検索した結果、ここでは放射能除去の周波数が表示されました。IMG_1567このソフトには病院で入院するほどの病気を省き、約600の病気の日本語リストとライフの周波数が入っています。
    使う前にヘルプを一応、参照しておいてください。検索語に迷わなくなると思います。
  • 症状ごとに周波数は10種類ほど出ています。 最適な周波数はOリングやキネシオロジーでテストすることを推奨していることもありますが、 わからない場合は、0Hzより大きい低い周波数から順次試してください。
    この例では727Hzからになります。
    低い周波数から試すべきだというのはドン・パリス博士から聞いた彼の経験です。
    またスピーカーが再生できる範囲が20Hzくらいから20KHzまでであることに注意してください。 周波数が高いほど、人体への浸透は悪化していくようです。
    (出力をあげる必要があります)
  • 周波数発生器の電源をいれ、周波数をマニュアルにしたがって設定します。 波形は音の場合はいろいろ試せます。この装置は矩形波(SQR)、三角波(TRI)とサイン波(SIN)(きれいな曲線のあれ)をサポートしています。 freq OFFSETはゼロ(つまりツマミは真ん中)、AMPLITUDE(出力強度)は弱くていいです。最弱から試してみてください。 dial
  •  使用時間は一日1時間くらいまでにします。5日使ったら2日休むこと。
  • 5日使って変化がないなら、たぶん周波数があってないので別の周波数を試します。
  • 一般的な風邪、インフル、カンジタ、皮膚病、バクテリア、ビールスなどなら少しで治る、とライフは書き残しています。
  • 難しい病気も30日くらいで、周波数が適合していればなんらかの効果が出るはずだと、ライフは書き残しています。
  • セッション終了後、必ず多くの水を飲むこと。
  • 次の周波数はラクトバチルスの周波数と同じなので、ヨーグルトを食べること。 (346.05, 347.00, 348.00, 349.00, 350 00, 351.65, 352.00, 353.00, 354.00, 355.00)

以上です。

パッケージ内容

  • 周波数発生
  • 発生器用ケーブル
  • 発生器用ACアダプター
  • 機器接続用ケーブル
  • 振動スピーカー
  • 振動スピーカー電源
  • ライフ周波数検索ソフトURL

 

ちなみにこれで、トノスコープ(音によって図形を描く)を作ることは可能です。

振動スピーカーをひっくり返して振動面に薄い板を置いてください。(黒いほうがいいです)
その上にまんべんなく塩をまいて、いろんな音やジャックから音を送り込んでみてください。

投稿者: たかお

毎度、お世話になってます。店主です。