ホワイトノイズ

ホワイトノイズの効用

人の耳(と脳)はほんとうによくできていて、周囲の雑音にかかわらず目的の音を拾い出すなんてことを簡単にやってのけます。
しかし、この耳と脳の連携がくずれると、耳の傍をとおっている血管の拍動が聞こえたり、耳鳴りが聞こえたりということになってしまいます。脳がセンサーとしての耳からの信号をうまく処理できないんですね。

そうじゃなくても、非常に静かなところでは「キーン」という音が聞こえているような気がするのは誰もが経験するところであり、そういうところでは小さな音でも非常に気になります。電車のようなざわついたところでも眠れるのに不思議ですね。少なくとも、あまり音のしないところほど、神経質な方にはツライこともあるようです。

そこで、ある程度の音があったほうがいい、ということでヒーリングミュージックをかけてみたりします。

が、やはり自然の生み出すリズム、波の音などがもっとも好まれます。というのも、飽きないんですね。波の音には、あらゆる周波数の音が含まれています。同様のものに、放送を受信していないテレビのザーっという雑音があります。(人工的に波の音を作るにはホワイトノイズを加工するんです。)ホワイトノイズは、聴く人のその時々の精神状態に応じた落ち着きをあたえてくれます。

ホワイトノイズは日本語にすれば「白色音」ですね。どういう意味なのでしょうか? 白い光がプリズムによりいろんな色から出来ていることはご存知のとおりだと思います。同様にホワイトノイズはあらゆる周波数を含んだ雑音なのです。それゆえ、他の音を薄める効果があります。

ホワイトノイズはいろんな役にたつようです。アメリカでも非常に流行っています。

睡眠障害への対策
気になる音(どこかから聞こえる音楽、テレビ、犬の鳴き声、虫、人の話し声など)
を大幅に減少してくれます。ホワイトノイズはいろんな音から出来ていますから、特定の音として認識のしようがありません。
耳鳴り低減
耳鳴りは耳が鳴ってるんではなく、脳の聴覚皮相の過敏反応で起きることが多いのです。そこで、耳鳴りから関心をそらすため、ホワイトノイズ発生器が有効だそうです。

感覚器官が鋭敏になる
触覚が鋭敏になる現象は、ボストン大学の論文で発表された効果ですが、感覚を遮断すると感覚器官が鋭敏になることはガンツフェルト実験などでわかっています。

この実験は、夢見状態と同様な変性意識状態を作り出すためにおこなわれたもので、内側にピンポン球を半分に切って両眼をそれぞれ覆うように装着し、赤色灯を点滅投射します。耳にはヘッドホンを装着させノイズを聞かせます。身体全体はリクライニングシート上に寝かせます。実験自体の詳細はこちらにあります。大事なことは、変性意識状態にまでもっていけるということです。

赤ちゃんの夜鳴き対策
赤ちゃんが泣き止まない、寝ない時に聞かせるスーザー(Soother)という音は、イギリスで開発され日本でもCDで10年以上売られています。これはホワイトノイズの低音を強調したピンクノイズといわれている音です。それよりも単純なホワイトノイズのほうが泣き止むという人もいます。もっとも、赤ちゃんの泣きやまないのには種種の理由と対策があります。(コラム参照)
基本的に、あまりに静かな部屋を落ち着かせるために使います。
かわったところでは、電話を盗聴されないように鳴らしておく、という使われ方もあるようです。 このようにいろんな効果をもたらすホワイトノイズですが、発生させる方法は、いろいろあります。

思念レベルの中和
これは瞑想の専門家の方がおっしゃっていることですが、ホワイトノイズの上記のようなつかみどころのない特性は思念レベルにも適用できるということです。
たとえば、運が悪い、自身に起きたことなのか、もらったのかを問わずネガティブな想念を消し去ることができます。
この場合、時間は比較的長時間必要です。

ホワイトノイズの入手方法

いろいろと使えるホワイトノイズですが、以下のような方法で入手できます。

  1. パソコンでは、いつものefu氏作 音源ソフトWaveGeneを使う。
  2. FMラジオで放送されていないところを狙う。ただし、別の音が入ることが多い。
  3. 波の音CDを買う
  4. ホワイトノイズ・ジェネレータを使う

ホワイトノイズ・ジェネレータをMind Craftでは提供しています。

なぜわざわざ専用の装置が必要なのでしょうか?ホワイトノイズにいろんな用途がある、という上の事実を知るだけでマニアな人は満足するかも知れません。

しかし、実際に使ってみようとすると、聞くに堪えるホワイトノイズを入手することがむつかしいのです。ラジオが家庭にない方もおられるでしょうし、オートチューニングで電波のないところが聞けないラジオもあります。テレビの2チャンネル、3チャンネルはよく聞くとNHKの声が混信したりして純然たるホワイトノイズではないのです。

波の音のCDはかけているとだんだん飽きてきます。人は音のパターンを覚えてしまうのです。

パソコンでWAVEGENを使う方法はいい方法です。しかし、パソコンをつけっぱなしにしていたくない、とお考えの方はおられるでしょう。
また、想念の問題のように長時間必要な場合があります。
そこで、わざわざホワイトノイズを発生する機械を製作したのです。

この機器はホワイトノイズを発生し、音量を調整することができます。使用法は簡単なのでどなたでもお使いいただけます。長時間動作を考慮し、LEDなど光を発生するものはあえて取り付けておりません。ACアダプタつきです。(大きさ:約10cm x 13cm x 5cm)
ご注文は、こちらからどうぞ。

お使いいただいた方から、こんな話をいただいています。

子供の夜泣きに使ってみたのですが、夫も驚くほどに寝るようになりました。あまり大きい音にしないほうがよいのでしょうか。

工房こぼれ話

不眠症対策、精神集中の方法としてホワイトノイズを出す装置を作りたいと思っていました。が発生方法はずいぶん探しました。いろんな回路や音源ICなどがあります。しかしあまり単純だと思ったほどの出力が得られません。複雑な回路になるとたったホワイトノイズを出すだけで?というくらい複雑で高価になってしまいます。安定して安価に動作させる方法をずいぶん探した結果、1秒間に100万回計算できるマイクロコンピュータで処理する方法におちつきました。音源ICがやっていることを高速にプログラムで行っているわけです。