霊界ラジオ

霊界ラジオ

エジソンも試みた不思議な世界

霊界からの声を録音する試みで最も有名なのは、コンスタンチン・ラーデブ(Konstantin
Raudive)であろう。

同調回路をはずしたゲルマニウムラジオをテープレコーダに接続して、延々と霊の声がはいるのを待つのである。本来ならば、ホワイトノイズ(テレビの空きチャンネルでザーっというあの音)しか録音されないはずだが、人の声のようなものが録音されることがあるという。ラーデブは数千の声を採集できたそうだ。

現在ならば、パソコンを使うのがもっとも簡単である。ダイオードを接続したジャック(右図)を製作する。ダイオードはシリコンよりゲルマニウムのほうが「感度がよい」ということで珍重されている。右図はゲルマニウムダイオード(IN60)を使用した。
それをパソコンのマイク端子に差込み、ウィンドウズのアクセサリーにある「サウンドレコーダー」で録音すればよい。音がまったく録音できない人は「ボリュームコントロール」ダイアログでマイク入力が最大になっており、ミュートにチェックがはいっていないことを確認すること。あとは、録音ボタンを押せば、録音開始。60秒だけど。。。。適当なフリーウェアや、ICレコーダーを使いましょう!

ほとんどがザーッというホワイトノイズであるが、うまくすればその中に霊の声を発見できるかも知れない。

海外には成功した記録のページが多々ある。例えばこちらなどもそのひとつだ。妙に鮮明なので、ホントウか?と思うが。

投稿者: たかお

毎度、お世話になってます。店主です。