言霊

言霊の定義

しばしばなんの定義もなしに使われ、人によりどうとでも取れる用語があります。
その誤解をうまく悪用したものすらあります。

「言霊」はその最たるものだと思います。
定義のひとつとしてWikiPediaを見ると「言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。」とあります。

この「日本において」がまた微妙で、日本語だからこそ言霊が宿るとか、発した人の意思とは無関係に言葉自体が機能するという機能が付け加えられていることもあります。

言霊が日本語特有かというとそれは完全に違うと考えます。
密教で絶大な力を発揮するという「真言」はサンスクリット語のなまったものですが、それ自体が力をもつとされます。この考え方を「言霊」といわずしてなんというのでしょうか?

波動測定器でも「言葉」は重視されます。言葉は意思の疎通に使われます。それはひとつの言葉、複数の言葉が意味を作り出し、相手の中に概念を再生するからです。

以上より、この記事では「言霊」とは特定の言葉が呼び起こす概念である、とします。

代表的な言霊を示す言葉

朝起きて、家人に「おはよう」ということも言霊の見地からすれば、「今日もお互い元気だね」「元気に一日過ごそうね」という意味をもった一言であり、よい言霊をもつ言葉といえるでしょう。

逆に簡単に「死ねよ」とか言っている人はなによりも自分がもっともその言葉を聞いており、その言葉の背後でイメージする「不幸になる」対象に自分を置いてしまっていることは明らかです。

陰陽師は言葉は「呪(しゅ)」であるから気をつけろ、とおっしゃるがそのとおりだと思います。

言葉はさらに言葉自体が表していない、背後の意味が重要であるともいえます。
古い言霊をもつ言葉は聞いただけで意味がわからないものも多数あります。

例えば、光明真言「おんあぼきゃべいろしゃのうまがぼだらまにはんどまじんばらはらばりたやうん」は字にすると


(真言宗豊山派公式サイトより引用させていただいております。感謝

意味は「大日如来さまにお願い致します。私たちの進む道を無量の光で遍く照らし出し、どうか成就するようお導き下さい。」
となるそうですがこの意味だけですんでいるとは考えられません。
わざわざ真言で唱えるからこそ意味があり、その意味は計り知れぬものがあると考えます。それが言霊です。
もちろん、おかげ話も数知れない真言であります。

言霊のふたつの効能

数多くあるように思う言霊を示す言葉ですが、代表的なものをリストすると次のようなものではないかと思います。

  • 天照大神
  • ホ・オポノポノ
  • 光明真言
  • 一二三祝詞
  • すべてはうまくいっている
  • 斎藤一人氏推奨「嬉しい 楽しい 幸せ ありがとう 感謝してます 愛してます 許します ついてる」
  • ハルチ ウムチ ツヅチ

ここでは試しにホ・オポノポノを連続再生で聞いてみましょう。▶を押すと開始し、||を押すと止まります。

自分で唱えるのもよいのですが、だんだん疲れてきます。
言霊を発する言葉を再生し続けるということは意味があるのではないだろうか、と私は思いました。

リストした言霊はふたつに分類されるのではないかと思われます。

ひとつは真言、祝詞のような文面からは計り知れぬ呪術のような効能
天照大神、光明真言、一二三祝詞、ハルチウムチツヅチ

もうひとつは言葉がなにかを想起させる組み合わせ
ホ・オポノポノ、すべてはうまくいっている、斉藤一人氏推奨言葉

どちらも人の心の中に直接的に、または間接的になにかを呼び起こすのです。

サブリミナル

ところで言霊を再生する話しになると、必ず出てくるものが「サブリミナル」です。
言葉は早く繰り返して再生したほうがギュッと詰まって効果的といいますが本当でしょうか?

それはテープの早回しのようにキュルキュルという甲高い音となります。(テープの早回しが今や死語ですから、例を貼り付けておきます。)

これをもっと早くすると、人の可聴域を越えます。(もっというとほとんどのスピーカーの再生できる周波数も越えます。)

こんな音、さらには可聴周波数を越えた音でも人のサブリミナルは意味を理解する、という伝説が独り歩きし、それに応じた製品も多々あります。

はっきり書いておきますが、現在、そもそもサブリミナル効果は認められていません
必ずひきあいに出される「1957年9月12日、ニューヨークの某スタジオで市場調査員であるジェームズ・ヴィカリーが記者会見で次の話しを発表しました。
映像内に視聴者が知覚できないほどの一瞬だけ、「コーラを飲め」や「ポップコーンを食べろ」というフレーズを何度も流すことで、コーラとポップコーンの売上をそれぞれ57.7%および18.1%伸ばすことに成功したといいます。これは”サブリミナル広告”と命名されました。

しかし、

「1962年、とうとうヴィカリーは発表できるほど十分な調査は行われておらず、一切を悔いていると白状した」

という大嘘だったことがわかっています。

後年、イギリスのBBCがリプトン・アイスティーとミネラルウォーターで実験しましたが、まったく有為な反応は得られませんでした。

不勉強な人だけがあいかわらず1957年の伝説を信じています。

なぜここでサブリミナルの話しを書いたかというと、言霊のような音声は人が認識できるものじゃなきゃ、サブリミナル利用なんて効果が極めて疑わしいという当たり前の結論を確認したかったからです。

サブリミナルそのものが否定されているのですから、耳に聞こえない周波数が人の潜在意識に作用するという現象も当然、実証されていません。
ディスカバリーチャンネルで有名な「怪しい伝説(原題:MythBusters)でも催眠テープで人はコントロールできるかが調査されましたが、まったく効果はありませんでした。

もし別に聞こえない超音波振動、電磁波に効果があるとするとサブリミナル以外の別の原因のはずです。

「言霊エイト(仮称)」

以上より、言霊を発生する言葉を連続してずっと再生できる機器というものは聞いている人にとって意味があるといえます。

言霊のメリットを得ようとする時、アファーメーションを唱える時、肯定的な言葉を一日5分唱えたところで、残りの23時間55分ネガティブなことを考えたり行動していてもたいして効果がでないことは明らかです。
だから、古人は一万回唱えろとか百万回唱えろと言ったのかもしれません。

マインド・クラフト流に考えるならば、音声として聞くことに疲れたとしても微弱な電磁波として聞こえない「音」を流すことは意味があることは、ソルフェジオ周波数などの機器で確認されています。

また、音を聞く背景に音よりはるかに低い周波数のシューマン波(7.8Hz)を流すことに意味があることも、試してみたいただいた多くの方のフィードバックにより、わかっています。

言霊を発する先にあげた8とおりの音声ファイルも用意しました。

  • 天照大神
  • ホ・オポノポノ
  • 光明真言
  • 一二三祝詞
  • すべてはうまくいっている
  • 斎藤一人氏推奨「嬉しい 楽しい 幸せ ありがとう 感謝してます 愛してます 許します ついてる」
  • ハルチ ウムチ ツヅチ

*ご要望により、さらに言霊ファイルを作ることは可能です。

また持ち運び可能であって欲しい、長時間運用したい、という要望にも答える形で開発をすすめました。

最初はこういう状態です。

次にケースに組み込んでみます。

続く。。。

この装置はずいぶん前から構想していました。
しかしきれいな音声をどうやって再生するかが課題でした。
機械音声、Javascript、ボーカロイドなど検討しましたが、やはりみなさんにお届けするならば、聞いて心地よいきちんとナレーターに読んでもらった音声がベストだという結論に達し、制作しています。

投稿者: たかお

毎度、お世話になってます。店主です。