心と機械

Wiredに心が機械に与える影響という記事がある。

ここで最初に紹介されているのは超心理学の実験で定番のREG(ランダムノイズ発生器)ではある。

他にも大きな振り子が止まるまでの時間を念じる、ランダムに落ちる玉の分布の違いを念じる、といったことで結果をかえようという実験が紹介されている。ほんのわずかだが、違いが起きているという。

心が物質に与える影響はいつも、目的がいきなりプロセスに結びつくところが特徴的だ。宇宙のなにがその変換をしているのだろうか?最もシンプルな答えは「宇宙の叡智がそれをやっている」という中央コンピュータのような存在を仮定したものだろう。でも、そんなものが仮にあったら処理能力が追いつかない。そうすると「個々の物質が単純とはいえ、知性のようなものをもっていて変換している。」という分散処理を考えるべきなのだろうか。

そのうち、製品化しようとおもう。

投稿者: たかお

毎度、お世話になってます。店主です。

コメントを残す