第一回ライフ・リメディ・セミナー[受付終了]

リメディによるライフ周波数療法のセミナーを行います。おかげさまで満席になりました!
希望者は次回までお待ちください。

(リメディによるライフ周波数療法についてはこちら

対象
鍼灸師、治療院で働く経験などで代替医療の基礎を理解しており、将来、この療法のプロを目指す方。
(初心者、興味があるだけの方は対象ではありません。出席されても理解できないと思います)

日時
3月26日(日曜日)10時から16時まで(昼休み一時間)
鬼怒川温泉駅前の藤原総合公民館1F特別会議室
日光市鬼怒川温泉大原1404-1(地図

申し込み要領
定員8名
この記事を読み、ページ中にあるメールフォームからのお申込み
星先生からの許諾後、受講料は35000円(昼食代込み)を指定口座に振り込み

内容

1、ライフリメディとは

ライフリメディとは何か、効果あるリメディの作り方。
ライフリメディが人体に与える影響。
治療に利用する上でのライフリメディの考え方。
(経験的に周波数リストの病名=治療に使うリメディではないこと)

2、ニューライフリメディ治療における人体モデル

リメディ治療で起こる人体反応を理解し、一般的に好転反応と呼ばれる副反応を防ぐために。
リメディ治療によって予想外の反応が起こっても対応できるようにするための人体モデルの考え方。
(単一のリメディの使用で治療が完結するのではなく、何を問題とみなすのか、それを正すためにどんなリメディを選ぶのかが重要)

3、からだのユニット

何を問題とみなすのかに関わる考え方。
これによって、各々の得意分野を活かした効果的なリメディ治療が可能になり、更なる応用・発展につなげることができる。

4、調査の手がかり(実習)

キネシオロジーを簡易的に利用した検査方法。
これによって、からだのどんなシステムが問題なのか、それはどのような性質の問題か、どんなリメディを選択すればいいのか、その
治療はこれでよいのかなどの判定を迅速に行えるようになる。

5、細胞の反応を妨げる要素(実習)

正しい検査、正しい治療のために必要な知識とそのための術者の体をつくるトレーニング。
患者の場、術者の場と体、治療室の場を安定させて基準を確立することで検査と治療および治療の効果とその影響を正しく認識できるようになるために。
(治療と治療の研究に欠かすことのできない前提条件であり、治療を成功させるための秘伝でもある)

6、前提治療(実技)

治療の前提となる治療。
腸管と肝臓、腎臓、脳のクリーニング。
パートナーとお互いに行う。

★昼食 (お弁当が用意されています。)

7、治療実習

パートナーを検査する。
パートナーを治療する。
その効果を確認、評価する。

8、参加者を治療するデモ

実況解説しながら治療を見学してもらうことで、人体に対しての考え方と検査の重要性を示す。
リメディ治療の可能性を知って貰うために。
(時間の都合上省略する可能性があります。)

終了四時

セミナーでは4以降に重点を置きたいので、1、2、3の内容は事前に郵送します。(申し込み入金確認後)
当日までに内容を予習し、思考実験をしておいてください。
(この中で述べられている人体モデルの概念に慣れて下さい。既にこういった概念で治療をしているひとは自分がいつもどのユニットに対して注目しているのかを整理しておいてください。)

このセミナーのみで、当院のニューライフリメディ治療と同じ治療をおこない同じ結果を出す方法を知ることができます。
申し込まれた方は事前に資料が配布されます。
セミナー修了証の発行があります。
受講者はモニターし、ライフリメディを調合し、プロとして活躍できます。

追記:高尾も出席予定です。ニューライフリメディに限らずご質問がある方は当日、お受けします。