異次元の存在が示されることで

ご存知の方はご存知でしょうが、アメリカのCIAがユリ・ゲーラを使って超能力の実験を行っていたことが明らかになりました。

ユリ・ゲラーとはかつて日本でも“スプーン曲げ”やテレビをみている視聴者の家の時計を動かすなどの超能力で一世を風靡した彼が来日するたびに日本のテレビや雑誌はこぞって特集を組んだ。

日本では娯楽以上の深化をしなかったが、もしそれが本当ならばものすごい軍事兵器になると考えたのが、ソ連、イギリス、アメリカなどだった。

今回、CIAから公表された文書では1973年8月にスタンフォードの”SRIインターナショナル”という研究所で8日にも及んで実験を行なっていたことが明らかとなった。

なお”SRIインターナショナル”はいい加減な組織ではなく、米スタンフォード大学が設置した「スタンフォード研究所」を前身とする世界最大レベルの由緒正しき研究機関である。

実験内容はもっぱらリモートビューイング(離れたところから人の思いを読み取る)であった。
手順は次のようなものだ。
まず、ユリ・ゲラーは施設内の一室にほぼ軟禁状態に置かれる。
そして、別室に待機するCIA職員が、辞書から無作為に単語を選ぶ。
次にCIA職員は、その単語から連想される何らかのモノを絵として描き、
その紙をユリ・ゲラーがいる部屋の外壁に貼り付ける。
インターホンで指示し、ユリ・ゲラーは絵を透視する。

選んだ単語の1つは「ヒューズ」であったが、局員は「爆竹」を描いた。
その結果、「彼からほとんど即座に帰ってきた反応は、”中から騒音が聞こえてくる筒”が見えた」というものだった。それから彼は「太鼓といくつもの筒状の物体」を描いた。

「ヒューズ」という単語から局員が描いた「爆竹」

ゲラーは即座に「中から騒音が聞こえてくる筒」と回答。
彼が描いたのは「太鼓といくつもの筒状の物体」である。

2つめの単語は「房」である。職員は「ぶどうの房」を描いた。
ゲラーの反応は「水滴」だった。次に「紫の円」と口にした。
最後に「ぶどうの房」を描き、自信があると答えた。ゲラー氏の絵も局員の絵も24個でなるぶどうの房であった。

左はCIA局員の描いた「ぶどうの房」、右はゲラーが描いたもの

さまざまなテストが行われたようだ。
左:局員は「ラクダ」を描いた。右:ゲラーが確信を持てず描いた「ウマ」。

左はCIA局員の描いた「カモメ」。右はゲラーが即座に丘の上を飛んでいる鳥と地面にいる鳥の姿が見えた言い描いた。

局員が描いたサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジの遠景

ゲラーはいくつかの四角の下に曲線を数本描いたが、自身何の絵なのか分かっていなかったそうだ。

 

左は局員による「太陽系」。右のゲラーの絵は同じではないが、意味として多くの類似点が認められる。

ゲラーが部分的にしか一致しない絵を描くときがあったことから、科学者たちは「対象物である素描の線をイメージしているのではなく、それらについてある種の精神的プロセスを経たうえで絵を描いている」とした。

そして最終的にCIAは「ユリ・ゲラーは超人的知覚力を明確に説得力がある形で私達に示した」とした。

これはタイヘンなことだ。
日本では超能力なんかない、ということで世の中が成り立っている。
しかし、たったひとつでも例があればそれは存在を証明する。

「インチキだ」と感情的になって、CIAの調査結果まで否定することが「科学的態度」だろうか。

少なくとも、この実験により人類に明確に知られていない情報伝達の方法がある可能性が高いことが示された。

超能力の存在が示されるのと同時に、2017年2月16日付けの新聞「Express」が英ロンドン大学クイーン・メアリー校のバーナード・カー教授が”意識と繋がった非物質的な次元”を仮定しないと証明出来ない現象が多いと主張していると伝えている

科学の世界ではもっぱら「宇宙は機械」であって「感情などの意識が介入する余地はない」としてきたことがぐらついていることは確かだろう。

先にも述べたが、ひとつでも例があれば「意識は物質世界に影響を与えられる」のだ。

これこそが卑近なレベルでは「引き寄せの法則」を支える法則だし、高度には「宇宙とはなにか」への緒となるのだろう。

霊障のお祓い

拙宅の近所の中山法華経寺は日蓮宗の総本山でして、たいへん霊験あらたかです。

毎年、古い御札の処分と新しいお札を授かりに訪れます。
みなさん大師堂ばかり列をなして拝みますが、八大龍王、大黒天と鬼子母神のほうが大事なように私は思います。

普通の寺院と違い、ここは100日の荒行をやる荒行堂があります。
荒行をすることで法力をもつお坊さんを養成しています。荒行は毎日2時間程度しか寝ずに冬に水をかぶり続けるとてもきついもので、時々、死人がでるほどです。

私見ですが、霊障を払える宗教は真言宗、天台宗、日蓮宗と山伏しかないのではないかと思っています。
いわゆる密教の修行(日蓮宗は天台宗の流れ。天台宗も密教は真言宗から)をすることにより「法力」をもち、初めて可能となるのではないでしょうか。
お経を読んでいるだけじゃ、とてもじゃないですが「法力」はつきません。

たとえば、中山法華経寺には五段御守というものがひっそりと売られています。経験的に正月しか手に入りません。
(ここってものすごいパワーの御守がしれっと売られているから笑ってしまう)

この御守は5つの因縁、死霊、生霊、狐著(動物)、疫病神、呪詛、をはねかえすといわれています。
中山寺ですから当然、開光処理してます。魔除けには最強のお札のひとつです。

godan

他にも私が「黒札」と呼んでいる台所の火除けや八大龍王の御札もあります。(たしか、お札を作る墨に戒壇の灰を入れていると聞いた気がする)

kurofuda

よくある家内安全、無病息災、交通安全のどこで購入しても同じお守りよりも、手作りのマニアックなものを見つけることができます。

数年前になりますが、家人に不幸が続きお祓いをしていただいたことがあります。

中山法華寺内に鬼子母神を祀っている建物があり、そこの入り口で受け付けてくれます。

注意しておきますが、法華寺内のお坊さん達は愛想はよくないです。しかしそんな小さなことに腹をたてないでください。

一度、お祓いをしていただければわかります。誠心誠意、ここまでやってくださるのかという真剣な気合いで祓ってくれます。

私の場合、受付していたお坊さんが「じゃぁ、やるか」ってな感じで鬼子母神堂に入りお祓いをしてくれました。びっくり。

お祓いをする空間は非常に特殊で結界がはられています。
そしてお祓いの間、私達は異空間に連れていかれます。

もし霊障かな?と悩んでおられるのであれば、中山法華寺を訪れてみるのもいいかもしれません。

また、言霊の力を利用するならば「言霊エイト+」もお役にたてると思います。
特定の場所の霊障を祓うことを制作の目的のひとつとしたものです。

バリ島で日本人のいない安全な隠れ家

バリ島の雰囲気は好きだけど、日本人のいないところで過ごしたい、とお考えの方もおられるのではないか、と思いご紹介します。

日本ではこれが初めての紹介になると思います。

なにを隠そうSE-5 1000の創案者のドン・パリス博士はバリ島でリゾートを経営されています。(女性は奥さんのイローナさん)

don_Ilona

私は2011年に最初に訪れ、2015年にも行きました。

場所は、まずバリ島好きの日本人でも知らない北海岸のボンダレンというところです。(クリックで拡大)

bali

こういうコッテージがいくつも建っていてプライバシーが保てる生活ができます。
聞こえるのは、英語、現地語、波の音だけ。

SANYO DIGITAL CAMERA

コテージから外を見ると、そこはジャワ海です。

部屋の中は蚊が来るので、文字通り天蓋でベッドが覆われております。

IMG_1087

借りきって一万円くらいです。

ヨガや瞑想などをする団体さんが来られることもあるため、こんな

SANYO DIGITAL CAMERA
SANYO DIGITAL CAMERA

瞑想する場所もあります。

そして、バリ島で女性がもっともやりたいSPAもしっかりとあり、バリ式マッサージをしてくれます。

IMG_1101

ご希望でしたら、フラワーバスなんてのも!(要予約)

IMG_1100

ジャワ海にはイルカがいます。
早朝、日の出前から近所の漁船に乗ってイルカを探しに出かけることもできます。

SANYO DIGITAL CAMERA

長期滞在で退屈したら、山に向かうと滝があります。現地名称”Water Fall”。まんまやないかい。
私が行った時は現地の人が頭をシャンプーで洗ってました。orz

IMG_1095

食事はベジタリアンですが卵は出ます。味には問題のないインドネシア料理がメインです。
朝食はコンチネンタル式が食べられます。

従業員のみなさんは笑顔が絶えず、長い間働いているベテランばかりです。

employee

こうして、誰も知り合いのいないところで安全に篭っていることができます。

しばらく人から離れていたい、自然もたくさんあって、でも安全なところ、というとここは理想的だと思います。

(ご希望によってはWi-Fiも借りられます。)
IMG_1143

なお、テンパサール空港まで迎えに来てくれます。
途中、クタ、ウブド、キンタマーニを通る、およそ三時間の車の旅となります。

詳細、予約はホームページからどうぞ。

もしウブドでマッサージを経験したいのであれば、ここがマッサージ店を経営しています
ボラれたりしないので安心できます。
ただ、大人気店で数週間は予約がいつもびっしりだそうです。

ストームグラス

stormglass
このガラスチューブの中の白い結晶の変化で、半日先の天気がわかるといいます。

考案者のフィッツロイ提督は(1805-1865)は、ダーウィンがガラパゴス諸島へ向かったことで有名なビーグル号の司令官として船にのっていました。
彼は海軍の軍人でしたが、気象学の分野でも大きな業績を残しています。
フィッツロイは、天気予報のためにクロノメーター、気圧計などの測定器具を使って天候を観測していました。
このストームグラスもそのひとつで、​​ガラス中の液体の中の結晶の度合いを観察することで天候の変化がわかるというのです。

  • 天気が晴れるなら、ガラス管内の固形分は完全に底に沈み、液体は澄みきる。
  • 雨に変わる前は、沈殿物の量が徐々に増え、星のような形のものが透明の溶液中を浮遊する。
  • 嵐やひどい風の前には、固形分の一部が溶液の表面まで達し、大きな葉のような形になる。溶液は濁り、発酵しているように見える。この現象は天気の変わる24時間前に見られる。
  • 冬、特に雪や霜のときには、管の高い位置まで沈殿物が積もる。内容物はとても白く、浮遊する点状のものが見られる。
  • 夏、とても天気がよく暑くなるときは、沈殿物は管の非常に低い位置までしか積もらない。
  • 風や嵐が接近してくるときは、接近してくる方向の反対側のガラス管の壁に沈殿ができる。

(以上、Wikipediaより)

ストームグラスの成分です。

  • 2.5グラムの硝酸カリウム
  • 2.5グラムの塩化アンモニウム
  • 33 mLの蒸留水
  • 40mLのエタノール
  • 10gの樟脳

なんとも奇妙な組み合わせです。
ストームグラスがなぜ機能するかというと、温度と圧力が液体にかかり、溶解度が変化するからだろうといわれています。

しかし、沈殿の仕方などについて完全に因果関係がわかっているわけではありません。

私も毎日眺めてはいます。明日は雨???

妖怪を退治する人

貴重な証言。データとして保管させていただく。超長文
元 http://blog.livedoor.jp/worldfusigi/archives/6972808.html

Q.今まで退治した中で一番可愛かった妖怪は?
A. あんまりかわいいやつないんだけど、強いて言うなら、通称大平原なまけものってやつ。
なまけものににてるんだけど、あんまり正式名称きいたことない。
爪がめっちゃとがってて、家畜とか襲ったりする

Q. スペック
A. まだ駆け出しで、いま22歳

身長174
流派は一応「搬山」ってやつ
顔はイケメンだと支障が出るから、ブサ面よりのふつめん
童貞。これもそっちのほうがつごうがいいから
中卒だよ。
うちの実家田舎だったんだけど。
小さい頃、一回変なのに憑かれて、退治しに来たのが俺の先生にあたる人。
うちの家族ほとんど死んじまったから、先生に引き取られて今に至る
先生は京都大学の文学部の考古学専門だったらしいけど “妖怪を退治する人” の続きを読む