アスピリン

超薬 アスピリン

100年前に発見され、今なお新しい効能が見つかる超薬アスピリンについてのまとめ

効能

アスピリン(バイエルの薬品名)は正しくはアセチルサリチル酸は、日本ではライオンが出しているバファリンの商品名で知られる。
胃への負担が消して小さくはないが、鎮痛剤としてベストセラーである。
後述するが、約100年前に発見されたため、特許はとっくにきれていて、非常に安価である。

アスピリンが効く理由は、人体に存在するプロスタグランジンという物質群の働きを阻害し、血小板の凝固を防ぐことにあるらしい。そのため発熱、痛み、炎症を止める。 “アスピリン”の続きを読む

心と機械

Wiredに心が機械に与える影響という記事がある。

ここで最初に紹介されているのは超心理学の実験で定番のREG(ランダムノイズ発生器)ではある。

他にも大きな振り子が止まるまでの時間を念じる、ランダムに落ちる玉の分布の違いを念じる、といったことで結果をかえようという実験が紹介されている。ほんのわずかだが、違いが起きているという。 “心と機械”の続きを読む