オーラを見る

オーラは誰にでも見えます。

オーラとは

オーラとは、通説では、生体を取り巻くように出ている光といわれています。
古代の人にも見えたといわれ、仏像の光背はそれをかたどったといわれます。

といいながら、物理的なものではなく、霊的なレベルのものであるという説も有力です。
人体から光が出ていないのは真っ暗なお化け屋敷でみなさん体験済みでしょう。

人が見ることがあるのは、なんらかのものによる屈折光か反射光である可能性もあります。
実は生体の皮膚全体からは汗腺から水蒸気が噴き出しています。それは多くの場合、外気よりも高い温度です。
体から離れるにつれ周囲の気温と同じ温度になっていきますから、温度分布は人の体を取り囲むようになるはずです。 “オーラを見る”の続きを読む