音を体で聞く

いい音楽は私達を幸せにしてくれます。

音、音楽と体の関係については昔から議論があります。
しかし、知られていない音と生体の関係があるのです。

もっとも古いものはソルフェジオ周波数でしょう。最近、話題になっています。音だけど聞くのではなく、DNAに働きかけるという効能がいわれています。
まずはこの話から。
古い音階は1974年にDR.Joseph Puleo により再度発見したということです。
最初にソルフェージオ6音階を紹介します。ピタゴラス 一派の数秘術と、各音階における効果がある、といわれているものを付け加えると次のとおり。 “音を体で聞く” の続きを読む

タットワ

 

タットワ(TATWA)


スーパーセンソニクス(Supersensonics)というテクノロジーがある。クリストファーヒルズ(Christpher Hills)博士が創始した「意識工学」とでもいうべきものだが、いろんなものを調査し、製品を作っておられた。日本では故 山田孝男先生がヒルズ博士と懇意にしておられ、日本で広めるために協力をされていた。パイレイコファーなどなつかしい方も多いだろう。
タイトルにあげた、タットワはインドにおける5大(地水火風空)をあらわす図形として知られる。これはこれで多くの議論がなされており、あらためてここで取り上げない。 “タットワ” の続きを読む

特別な音と音楽

音楽療法

効果を医者が認める分野

音による癒し

後ほど音楽による癒しをご紹介しますが、まず特殊な音を発生する装置を振り返りたいと思います。
古くからパラメモリー、バイノーラルビートなどと音をだすだけの製品は販売されてきました。
最近だと、オーム(日本ではまだ禁句でしょうか)という音は、オームという音はすべての音の先祖であり、136.1Hzの音をふくんでいるといいます。
この音を全身に染みわたらせることで癒されるということです。 “特別な音と音楽” の続きを読む

ホワイトノイズ

ホワイトノイズの効用

人の耳(と脳)はほんとうによくできていて、周囲の雑音にかかわらず目的の音を拾い出すなんてことを簡単にやってのけます。
しかし、この耳と脳の連携がくずれると、耳の傍をとおっている血管の拍動が聞こえたり、耳鳴りが聞こえたりということになってしまいます。脳がセンサーとしての耳からの信号をうまく処理できないんですね。 “ホワイトノイズ” の続きを読む

Translate »