潜在意識との会話

インターネットを見ていると「潜在意識が妨げている」という表現が多くないですか?
自分がやろう、やったほうがいいと思っていることについて、先送りしてしまう、ヤル気が起きない、などのことはしばしば起きます。

でも、それって潜在意識のせいなのでしょうか?
そんなに潜在意識と顕在意識って意見が違うものでしょうか?

そして潜在意識と会話することがそんなに難しく、教えることがビジネスチャンスにすらなっているということに違和感をもちます。

確かに私達は潜在意識に乗っかった子供ですが、それほど潜在意識と意思疎通をすることは困難でしょうか?

今日は潜在意識と折り合いをつける方法について書きたいと思います。

とはいえ、最初に自分がやろうと思っていることを自分が妨げている場合、いきなり潜在意識の議論をするよりも先に、「自分をきちんとかまってあげているか?」意識の世界の自分の中を見つめてください。

私は自分の機嫌を自分でとても取るほうです。
やらなくちゃいけないことがあってもヤル気が起きないとNetflix見たり、Amazonで買い物したり、まとめサイトの世間話を眺めていたりします。

で、ふと「ちょっとやろうかな?」と気分が変わったらその気分をおだてて、やらなきゃならないことに突入します。

自分の機嫌をとらないで「いやだなぁ」と放置しておくと締め切りギリギリとなってしまい、ロクなことにならないことがしばしば起きました。
そうなってしまうくらいならば、自分を大事にしたほうがいいと思います。

他の人から聞くのですが、しばしば「自分を蹴っ飛ばすように叱咤して、やることはやらねばならない」と思い込んでいる人もいます。
私から見ると、まるで自分を信じていない人です。
こういう人は「病気になったらどうしよう」「やっても結果が出ないとどうしよう」とか失敗という概念に囚われています。
言い換えると失敗を期待しているのです。
失敗に対処する最善の方法は先送りしないことなのですが、自分を信じていない人はなかなか始めようとしません。そしてやはり自分がもっとも想起していた失敗に近づいていきます。

このタイプの人は潜在意識など、まるで信用していません。
必要な情報も「自分が探す、探した」と顕在意識で思い込んでいます。

潜在意識との会話以前に、自分の顕在意識との合意が取れていない場合のほうが、圧倒的に多いと思います。

さて、潜在意識と意思疎通することはそんなに難しいことでしょうか?

もっとも簡単なものは呼吸ですね。
呼吸は意識をしてコントロールすることもできるし、意識しなくても潜在意識が体の要求に応じてコントロールしています。
それゆえ、潜在意識との会話のはじめとして呼吸は瞑想などで古来、推奨されてきました。
しかし呼吸だけで潜在意識と会話しようとすると、膨大な「修行」が必要です。
私は推奨しません。

次に簡単なものは、誰もいいませんが、自分に言い聞かせることです。
そんなんでできれば苦労しないって?
私は過去、何十年も目覚まし時計で目を覚ましたことはありません。
(万が一のために、必要な時はセットしますけれども)
眠る前に時間を確認し、「俺は朝7時に起きるんだよ」と明確に2,3回言い聞かせると、7時前にスッキリ起きられます。
これが潜在意識との会話と言わずしてなんでしょうか?

同様にしてなにかの解決策だって、問題を一行にまとめて書いてパソコンにでも貼っておけば。潜在意識は解決策を探しだします。

もう少し高度なテクニックとしてはEFTが挙げられます。EFTについてはここに10年以上前に記事をかきました。
ツボをタッピング(軽く叩く)しながら、基本的に「(ネガティブな事実)であることを認めます。でも、(ポジティブな状態なのです。)」というアファーメーションを唱えるとすっと潜在意識が受け入れるというものです。
EFTを自己催眠だと言っている人がいますが、いいじゃないですか、うまく簡単に潜在意識に伝えられれば。
しばしばレッテル貼って理解したつもりになって、本人はまったく進歩していないトータルで愚かな人を見かけますが、なにがしたいのでしょうか?
ここをお読みの方は先人の知恵をまず試しましょう。

ところでアファーメーションと言えば、ひたすら完成形のアファーメーションを唱え続けて潜在意識に染み込ませる、などという愚論をしばしば見かけます。
オススメしません。
なぜならば、その行動はあなたが誰か他人にしつこくその言葉を言い聞かせていると想像してみてください。
普通は相手は怒り出しますよね。「しつこい#」って。
なぜでしょう?そう、信用されていないと感じるからです。
なぜあなたの潜在意識は例外なのですか?

上に書いたように潜在意識に意思を伝えるなんて簡単なことなのに。
なかなかアファーメーションがかなわないのは、まず顕在意識レベルで矛盾が解決していないのではないでしょうか?

もしくは、あなたのためにならないことであるので潜在意識がのってこない。

しばしば恋愛などでアファーメーションは利用されていますが、恋愛って実は自分の投影だって理解していますか?

どんな人でも自分の中に男性性と女性性を持ちます。
目の前にすてきな異性が現れた、とみんな思い込みますが、それは違います。
自分の中にある理想と相手が近いということです。
そこに理性が「知らない人を探すより、目の前にいる人に仕掛けたほうがラクだ。今がチャンス」と耳元でささやきます。
かくして「この人が大好き」になるのです。
こう言えば身も蓋もないのですが、自分の激しい感情は相手からもたらされているのではなく、自分の中に動機があると気づいてください。
恋愛とは激しい感情ですから割り切ることは難しいですが。

それでも相手に理想を見出して固執しないための大事な考え方だと思います。

恋愛に限りません。

密教という宗教があります。これがなぜ「秘密の教え」と言われているかというと「即身成仏」を教えるからです。
しばしば「この身のまま仏に成る」と解釈されていますが、長年の私の経験では違うと思います。

「この身が仏であることに気づく」ことが秘密の教えなのです。
密教で加持祈祷という願望を達成する、自分が仏であることを体験する方法があります。
この時、「三密」が方法の要(かなめ)とされます。
「身密(しんみつ)」「口密(くみつ)」「意密(いみつ)」です。

願う対象の仏を現す「印(いん)」を手で結ぶことを、「身密」といいます。
真言を唱えることを「口密」といいます。
仏の姿を心(意)に思い描くことが、「意密」です。

この3つで自らを仏と一体化させるといいます。
これをやると人は仏になれる時があるのです。
人にはもともと仏に変身する能力が備わっているということです。

実際に加持祈祷を長年行っておられる阿闍梨(あじゃり)は「加持祈祷は叶うこともあれば、仏の都合により変化したり、叶わないこともある」とおっしゃいます。

我々が潜在的にもっている能力で仏とつながっても(個人的には集合意識だと思います)物理的な達成は多くの人の思いの集合体として達成されるということではないでしょうか。

密教がはじまってから1000年以上経っていますが、現代人は当時の人よりもはるかに多い知識をもっています。
大昔に書かれたお経の知識を超え、私たちは「即身成仏」の可能性が十分にあります。

もっと自分と潜在意識を信頼してください。

エンドルフィンと瞑想

 

エンドルフィンとは

神経伝達物質のひとつです。エンドルフィンが有名なのはモルヒネなど以上に、脳に快感をもたらすからです。
脳内で生産される安全性をもちながら、鎮痛系や多幸感をもたらすと考えられているのです。
エンドルフィンは一般的には次のような状況で発生することが確認されています。

  • 好きな事、楽しい事をしたとき
  • 性行為をしたとき
  • 高カロリーの食事を取ったとき
  • (スポーツやギャンブルで)勝ったとき
  • 熱いお風呂に入ったとき
  • 辛いものを食べたとき

気持ちいいことっていうのが、実はエンドルフィンのもたらす結果だということに気づいてください。

また、恐怖を感じた時も発生します。
それゆえ、ジェットコースター、ホラー映画などのファンがいるのです。

さらに複雑なエンドルフィンの発生の仕方もあります。
しばしば、ひどい肩こりをもっている人が、マッサージ屋さんに行って強い痛いくらいのマッサージを受けた時。
強くもめばもむほど気持ちよさを感じることがあり、あとからひどい「揉み返し」にあうことがあります。
でもマッサージ中の気持ちよさはマッサージによる痛みを抑えるためにエンドルフィンが分泌されているからです。
辛いもの、熱いお風呂同様、人間は苦痛を感じると苦痛緩和のためにエンドルフィンが発生します。

ランナーズハイも同じ原理でエンドルフィンの作用だといわれています。
苦痛を和らげるためにエンドルフィンが発生するという人体の特徴については、大人の事情でこれ以上のことは書けません。

少なくともストレスの多い社会をエンドルフィンでリフレッシュして耐えているおかげで人は生きて行けていると考えておかしくないでしょう。

エンドルフィンは人を変性意識状態に導きやすいといいます。
変性意識状態(Altered state of consciousness)とは1960年代に心理学者のチャールズ・タート博士が定義した意識の状態です。我々が日常の意識でいる以外の瞑想、催眠、トランス、夢、ドラッグ、神秘体験などのことを呼びます。
決しておかしな精神状態ではなく、ビジネス界でゾーンとかフローとかいわれる極度に集中した状態も変性意識状態です。
決して「日常状態か、編成意識状態か」という二分法ではありません。
我を忘れた状態から軽いものまでさまざまな程度状態があるということを覚えておいてください。

エンドルフィンの効能を利用することで、他者より強く生きていくことができます。

エンドルフィン発生の試み

マインド・クラフトの記事をご覧になってお気づきの方もおられると思いますが、音の研究の記事はとても多く、世界的にも実験がなされています。
なにもしなくてもエンドルフィンを発生できないかということについても例外ではなく、世界各国のさまざまな研究によりエンドルフィンを誘発する周波数はわかっています。

とくに有力な周波数は38Hzと111Hzです。
このふたつはさまざまな試み、商品に使われています。

が、38Hzをそのまま聞くと音というよりブザーです。
そこで111Hzに38Hzを加えた149Hzを発生する装置を製品として作りました。
(実は149Hzはスピリチュアルの世界でとても多く使われている周波数です)

音にはうなり音という作用があり、違う周波数が響いているとその周波数の差分がうなり音として生じます。
バイノーラルビートと呼ばれているものはこの物理現象を使っています。

耳に心地よい点ともっとも単純な音であることから正弦波にしました。

瞑想

この段階で試作品を何人かの方に配ったのですが、思わぬ効能を教えていただけた方がおります。

その方は「これ、瞑想する時に使うとすぐに深い瞑想状態に入れる。たとえば飛行機の中とか条件が悪いところでもすぐに入れる」と教えていただけました。

深い瞑想に入れるということにどういう価値があるかといえば、いわゆるマインドフルな状態になるということですが、願望達成にとても役立ちます。
しばしば社会的な成功をした人はみんな瞑想の習慣をもっている、と言いますが当然です。
瞑想により心の中が整理され、フォーカスが定まっているのです。

装置の完成

しかし、エンドルフィンを出して楽しもうという時に単純な音だけというのも味気ないものです。

そこで自分が好きな曲を混ぜて聞くことができるミキシング機能を付加しました。(左からボリューム、ミキシングの電線、イヤホン)

もちろん音源を繋がずに正弦波のみを聞くことも可能ですが、正弦波なればこそ音楽と合成(加算)すれば音楽自身がその周波数をふくむことになります。

チラ見のために3種類の音源を用意しました。イヤホン、スピーカーで聞いてみてください。
最初はデバイスのバイノーラル音のみです。

次はサンプルの音楽です。

エンドルフィン・リリーサーで混成した音です。(音質は若干おとしてあります。スピーカーで聞くと妙な広がりを感じます。)

ケースの寸法は7cm×3cm×12cmくらいです。シャツのポケットには入るように設計しました。

イヤホン使用だと瞑想、曲の感情の増幅にいいですし、スピーカーで聞くと奇妙な音の広がり、作業中の集中力維持、頭が冴えてくるという効果がさまざまな人から寄せられます。

内部はこのようにCPU2つとオーディオアンプでびっしりです。コンデンサーも音楽用のものを使用しています。
マインド・クラフトの製品の中でももっとも複雑なもののひとつです。

瞑想による願望達成

一般的に瞑想とはちょっとかわったことで、普通の人には難しいと思われています。
しかし、いわゆるボーッとしている時とは、軽い瞑想に入った状態です。そういう時間が人には必要だから、思わず人はやっているのです。
ぼーっとしていることは決して悪いことではないのです。

この装置はとくに瞑想による願望達成に向くということで、小冊子「エンドルフィンリリーサーを使ったヨガが伝える願望達成の原理と方法」を特におつけします。
16ページですが、

内容は

  1. この世は行動の場
  2. 潜在意識はあなたの本音を知っている
  3. 願望の持ち方こそ重要
  4. 「今」に心をむける
  5. 現実の認識
  6. 心の構造
  7. エンドルフィンリリーサーを使った瞑想
  8. 直感に従う

です。

この本でユング心理学に基づく願望の持ち方と、ヨガが伝える願望が達成される原理をご理解いただき、この装置でうまく瞑想を願望達成に使ってほしいと思います。

製品には写真のウォークマンははいりません。イヤホンは添付されていますが、写真とは別の機種となります。
本体、ケーブル、視聴用イヤホンと小冊子のセットです。
バシャールによるとこの周波数の音を聞くことでゾーンに入るといいます。
脳はより活発に、より調和され、より高い次元を知覚できるといいます。

使用上の注意

よく寝てから使ってください。睡眠不足ですとエンドルフィンの出ようもありません。
また、残念ながらどちらか片耳が不自由な方、てんかんの方は思わぬ症状を引き起こす可能性があるのでご使用になれません。

いつもの間違い記事の指摘

しばしば脳がアルファ波であるとエンドルフィンが発生すると書いてある記事をみかけますが、十分な説明ではありません。
楽しいことをしている時にエンドルフィンは発生します。
いいかえるとエンドルフィンが出ているから楽しいのです。
アルファ波状態だから発生するわけではありませんので、ご注意を。

立証された「幸福を感じる能力」

まず、この新聞記事を読んで欲しい。

幸福の度合い:強く感じる人ほど右脳側面に特徴 京大

毎日新聞 2015年 (最終更新 11月21日 12時36分)

強く幸福を感じる人ほど、右脳側面にある「楔(けつ)前部」の体積が大きいという傾向が、京都大大学院医学研究科の佐藤弥(わたる)准教授(脳科学)らのグループの研究で明らかになった。幸福の度合いを客観的に測定できることを示した世界初の成果といい、20日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツ(電子版)に掲載された。

これまでの研究では、質問による主観的な幸福の測定はできたが、客観的な測定方法は一切なかった。
グループは成人男女51人(平均年齢22・5歳)に対し、生きるうえでの目標の有無や、同年代と比べて自分が幸福かどうかなどを尋ね、総合的な幸福感の強さを調べた。一方、各自の脳内を磁気共鳴画像化装置(MRI)で調べたところ、うれしい、楽しいと感じる時に活性化するとされる楔前部の灰白質が、幸福感が強いとされた人ほど大きかったという。

佐藤准教授は「瞑想(めいそう)トレーニングによって楔前部の体積が変わるという研究報告もある。科学的データに裏打ちされた幸福増進プログラムを作ることも期待される」としている。

これの意味するとこがおわかりだろうか。

普通の人は「幸福とは探して、努力して出会うものだ」と思っていないだろうか。

だから、次々と幸福になれそうないろんなものを得ようとする。

しかし、スピリチュアルの世界やマインド・クラフトでずっと言ってきているように、幸福への感受性を高めるトレーニングをすれば、幸福を感じる能力は高まる、ということだ。

スポーツなどとまったく同じで、楔前部が生まれながらに発達している人もいれば、トレーニングで発達する人もいるということ。

しばしば「自分の心の問題なんて自分が1番よく知っている」というエゴがもたらす思い込みがエゴの大好きな客観的事実でくつがえされてしまいました。

あなたはこの事実をどう受け止めるだろうか?

ダウジング-Lロッド

ダウジングの基本については[こちら]に書きました。しかしダウジングを屋外で行う場合、振り子は向かないです。

振動や風に弱いのです。繊細なものを持って外に出ると気づきますが、意外に揺れたり風が吹くことは多いです。

llodそういう時のために、というよりおそらく振り子より歴史が古いであろうダウジングの道具がLロッドです。 “ダウジング-Lロッド” の続きを読む

水素水を作る

水素水の効能

(2018・6・11: マグネシウムだけは扱いを再開しました。)

アンチエージングの手法のひとつとして、テロメアを保つに書いたように体内の活性酸素(フリーラジカル)を素早く中和するためには、体内の抗酸化酵素を活性化する方法と、水素の多い水を飲むという方法があります。

理論的な根拠があるのです。

またエステサロンで水素トリートメントをすると、

  • シミが気にならない明るい肌になった
  • 目の下のクマが消え、皮膚の透明感が増した
  • ニキビ跡が薄くなった
  • 髪にハリとツヤが出た
  • 身体が温まり便秘が解消した
  • 熟睡できるようになった
  • 疲れやすさが減った

というような効果が巷ではうたわれています。

たしかに美肌効果があると毎日、水素水で顔を洗っている女性もおられます。

アンチエージング、美容に利くというのが、あながち勘違いといえないと思うのは、もっとシリアスな病気がなおる「奇跡の水」、たとえばドイツのノルデナウ、メキシコのトラコテ地方の水などは水素が豊富だといいます。

さて水素水を自分で作れば、飲み放題、使い放題ですよね。
実験してみました。
これが大成功!
“水素水を作る” の続きを読む