キッチンハーブでも楽しめる薫香

マインド・クラフト運営の専門店を作りました。
ご提案どおりの材料を集めるために何年もかけました。
よろしければ、ご訪問ください。

一般的なインセンスの効能

お香をかぐと、鼻から脳に刺激が直接伝えられ、視床下部や脳下垂体に影響を与えます。
また、肺に到達するため薬効も期待できます。

とても不思議ですが、ホンモノ素材のお香を焚くと部屋の中が一段グレードアップした感じがします。
お店、客間などでもっとインセンスは使われるべきだと思います。

一般的にアロマとしてインセンスを見た時、次のような効能が種類にかかわらずいわれています。

疲労回復・リフレッシュ

お香の香りに意識をめぐらせていると、とてもリラックスします。
ぼーっとすることをよくないように言う風潮がありますが、とんでもないことです。
悩んでいたことの答えなどというものは、悩むことをやめてぼっとしている時に思いつくことはよく知られていますよね。
張り詰めた気持ちが柔らかな香りでほっとすることは誰もが感じることです。
さまざまなストレスで傷んだ心を癒やすことは、現代の日本では必須だともいえます。

脳の活性化

とても有名な話しですが、マルセル・プルーストの「失われた時を求めて」の一節に

「私は無意識に、紅茶に浸してやわらかくなった一切れのマドレーヌごと、ひと匙のお茶をすくって口に持っていった」

その香りで幼いころの記憶が呼び起こされたことから、「プルースト効果」と呼ばれます。
嗅覚は脳の意識野でも認知されますが、扁桃体への経路もあり匂いの刺激に情動的反応を引き起こしていると考えられています。

浄化

言うまでもないことですが、場の浄化に香はたかれます。
仏教でも、キリスト教でも、ヒンドゥー教でも、それぞれで香はたかれます。
場を清める強力な作用があるからです。

キッチンハーブでも楽しめる

意外かもしれませんが、スーパーマーケットの食品売場などに売られているスパイスの中にもインセンスとしてよいものが多数あります。
ご自分でどこでも購入できるものなので、当店では扱いません。


食べられるほど安心ってことです。
買い集めてテストした、感想です。

セージ

香りはGood

薬効も高いスパイスで、口内炎、気道の炎症によいとされます。
アユールベーダでは「気分をかえる」とされています。

また、邪悪な霊的な存在に対して効果があることはよく知られています。

ペパーミント

一瞬爽やかだが、後は臭い。オイルのほうがよいでしょう。

消化促進、消化系の問題にはよいとされています。
また鎮静効果も期待できます。

バジル

香りはGood

古くからインドで使用されつづけてきています。香りの心地よさと神性の素晴らしい組み合わせです。

体を癒しリラックスできます。

マジョラム

香りはGood

痙攣の緩和、呼吸系の緊張緩和、子宮と循環を促進、消化の改善、加湿、リラックス、頭痛、不眠、不安などに有効とされています。

タイム

香りはGood

強い殺菌効果と抗ウイルス作用で有名です。肺から吸い込むと風邪予防などにも効果が期待できます。

カルダモン

人を選ぶ香り

ただし、インドでは古くから香として焚かれていた実績があります。
神経のバランスを整えるため、ストレスのリリースに有効です。

コリアンダー・パクチー

香りはGood

デトックス効果があるといわれています。
偏頭痛、不快感、神経症の緩和に効きます。
アラブ人は愛の営みのための香としたそうです。
眠くなることがあるので注意。

*妊婦の使用は避けるべきとされています。

シナモン

軽く焚くとGood

おなじみの香りです。
消化促進に効果があるといいます。
くつろいだ気分になれる定番です。
ティータイムにいかがでしょうか。

クローブ・丁子

すっとする香りでGood

殺菌作用があるとされています。
一方、性的刺激作用があるともいわれています。
いずれにしても強い香りの香です。

八角・スターアニス

少しだとまろやかな香りです。

中華料理で多用されます。
消化促進が期待されます。
エストロゲンという女性ホルモンの分泌を促す作用があり、生理痛が酷い方・生理不順の方への効果が期待されます。

バニラ

香りはGood

おなじみバニラの甘い香りがします。

以上、専門店で買わなくても楽しめるハーブのご紹介をしました。

インセンスの本質

インセンスやアロマといえば親しんでおられる方は少なくないと思います。

ここでは他のサイトではまず見かけない、新しいインセンスの楽しみ方をご提案したいと思います。

マインド・クラフト運営の専門店を作りました。
提案どおりに材料の制作、機材の収集に何年もかけています。
よろしければ、ご訪問ください。

 

インセンス=お香 は世界で楽しまれている

こう書くと「当たり前だ」という感想をお持ちの方と、「え?」と思われる方がおられるかもしれません。

以下、日本で代表的なお香の英語名を挙げます。

日本語 英語
沈香 Agarwood
零陵香 Foenun Graecum
薫陸(洋乳香) Pistacia Lentiscus
大茴香 Star Anise
鬱金 Turmeric
白檀 Sandalewood
山奈 Hedychium Spicate root
龍脳 Borneol
丁字 Glove
桂皮 Cinnamon
貝甲香 Shellfish incense
甘松 Spikenard
安息香 Benzoin
かっ香 Pogeosemon Cablin
青木香 Saussuree Root
乳香 Frankincense

当たり前なのですが、アロマの世界でエッセンシャルオイルを楽しまれているものも多数あります。

なんとなく日本固有のもので敷居の高いお香も、エッセンシャルオイルを中心に扱うアロマも、広い意味ではインセンスなのです。

インセンスの素材問題

インセンスの王様と言っても過言ではない沈香という香木があります。木が樹脂を出し固まったもので、よいものは水に沈むため沈香という名前がつけられています。
奈良の正倉院には蘭奢待(らんじゃたい)と呼ばれる沈香があり、鎌倉時代に日本に持ち込まれたようですが、歴代の権力者が削って使ったことでも有名な沈香です。
現在、沈香の原材料は乱伐のため、ベトナムやインドネシアで栽培されています。

ところが沈香が入っているという線香はいともたやすく、安価に入手できます。
それは合成香料を使っているからです。
インドや日本のショップでも線香は安く入手できます。理由はほとんどが合成香料を使っているからです。
これは悪いことではありません。フェロモンと媚薬の記事にも記載しましたが、もし天然素材を使って香水やインセンス製品を作ったら世界中の動植物があっという間に消え失せることになります。
沈香はすでにワシントン条約の対象となっています。

ただし素材のもつ効能は当然ながら期待できません

またエッセンシャルオイルを作ることも簡単ではありません。バラの場合、わずか500グラム作るために0.5トンものバラの花を必要とします。

このように考えると乾燥した自然素材を使うことは比較的、環境に優しいといえます。

インセンスの医学的効能

一方で天然素材のインセンスが欲しい場合もあります。

それは古くからインセンスに言われている効能を期待する場合です。
この時は合成香料では効果はまったく期待できません。

ほとんどのインセンス素材は抗菌作用、抗酸化作用をもちます。

アロマでもどこからか言われはじめた漠然とした効能を見かけますが、古来、インセンスについては古い医学、漢方、アユールベーダやチベット医学など世界で効能について語られています。

インセンスは肺に吸い込んでいるという事実を忘れないでください。

例えば、チベット医学に基づいて作られた線香は31種類の植物性物質から作られているため、AGAR31と呼ばれている有名なインセンスがあります。
現在、ネパールで作られていて治療効果が非常に高い一方、副作用がないことで重用されています。

頭痛、ストレスフルな状態、不眠、背中や胸部の痛み、唇の乾燥、筋肉の硬直、痛みの緩和などに効くとされています。チベット医学の成果ですね。
あまり煙は出ませんが4mm-5mmの直径で太いです。

このお香は類似品が出回っているのですが、正しい製品は処方した医師の名前が入っています。
こちらの製品はDr.Tinlay Wangchunkとなっています。
AGAR31は香りを楽しんでもよいですし、体によい治療効果のあるお香なので、帰宅してリラックスしたい時、ヨガなどをやっている横で煙を吸うとさらに効果を期待できます。

詳しくは個々の「香りの天然素材」でご紹介しますが、
例えば大茴香(スターアニス)には、シキミ酸が含まれています。シキミ酸は強力な抗ウイルス作用を持つ化合物です。実際、インフルエンザの治療に人気のある薬であるタミフルの主要な有効成分の1つです。

大茴香をお香として楽しむことで、空間のウィルスの除去を期待できます。

薫香

ここまでお話ししたように、もっとも簡単で信頼できるインセンスを楽しむ方法は天然素材をそのままお香として楽しむ方法です。

もちろん従来、アロマで使われているエッセンシャルオイルを水皿に落とす方法もよいと思います。ただし、エッセンシャルオイルは高価です。

香道などでは火のおきた炭の上に雲母板を乗せ、そこで香を加熱します。
この方法は温度が高いため数分程度で香りはなくなりますし、炭を起こすのが面倒です(さすがに最近は電熱式炉もあります)
伝統的な儀式は気軽に楽しむためのものではありません。

それを解決したのが以下の方法です。

キャンドルで素材をゆっくりあぶる方法だと手軽にじんわりとおだやかに長時間、香りを楽しむことができ、空間に漂う薬効を吸うことで健康効果が期待できます。

 

Translate »