パーソナルパワースポット

パワースポットが家にあればいいのにな。

と思いませんか?

今回はそういうことができる、というお話です。

事件が起きたのは、サウスダコタで開催された2015年のラジオニクスシンポジウムです。
ある業者が二重うずまきアンテナをチャクラポイントに当てるとよいという触れ込みで7個(各チャクラ)ワンセットで販売していました。
写真でいうと、緑色の板にエッチングされた二重らせんです。

この二重らせんコイルは置かれた場所で自然な共鳴をするエネルギーを受けとるアンテナでありす。ニコラテスラの1894バイファイラーコイル特許に基づいています。これらのコイルは次の用途に最適だと言われております。

  • エネルギーの活性化:生体の患部の近くにコイルを置くことにより、痛みや痛みへの自然治癒エネルギーの流れを増やします。
  • エネルギー共振器:飲料水、水晶、肯定、神聖な物体、その他の情報パターンのエネルギー的な共振を増やします。。

たしかにそれは本当にチャクラにおいても非常に心地よい効果をもたらします。

しかし場所が場所で、多くの優秀なラジオニクスオペレーターが会場にいたわけで、彼らがそれで遊び始めるのは時間の問題でした。
ある人が二重うずまきコイルにテンソルリングを重ねると、それが大量のスピリチュアルエネルギーを投射していることを発見しました。

考えてみれば当然でテンソルリングは宇宙エネルギーを集めますから、宇宙エネルギーのパワースポットとなるわけです。

それを会場の人々はRadionics Power Pod(RPP)と呼びはじめました。

Radionics Power Pod(RPP)でできることは、たくさんあります。
RPPを使用すると、対象にエネルギーをプッシュできます。

例えばRPPの上にウィットネス(写真、爪、髪など当人のエネルギーが残留するもの)を置きます。
エネルギーが柱の形でRPPから押し出されます。体の上に置いたり、身につけてもち運ぶと、あなたの体に直接エネルギーが届きます。

パーソナルパワースポット

ご覧のようにパーソナルパワースポットはコイルと上に乗せるテンソルリングからできています。ここから発生する宇宙エネルギーは中立的なものですから、さまざまな用途に使えます。
ダウジングをしてみれば、エネルギーの発生を検知できると思います。

裏面にはゲルマニウムダイオードが取り付けられています。これはコイルとしての方向性を出すものです。
ダイオードがあるためコイルを浮かせるために4つゴム足が必要となっています。

苦労してパワースポットに出かけても、周囲にたくさん人がいて思ったことをできなかったり、簡単には足を運べなかったりします。

この装置をお部屋の隅に置いておけば、毎日、パワーを得たり、パワーストーンやエネルギーグッズを再活性化したり、願いに宇宙パワーを入れる、水にパワーを与えるといったことができるわけです。

全体は透明なプラスチックケースに入れてあります。
形が形なので持って歩くことは想定してありません。

宇宙からエネルギーを組み上げるものですから、特にメンテナンスはいらないです。

今回は治療家の先生にまず試してもらいました。

パワースポットはチャクラのラインに近い部位(体幹)を中心にしっかりと反応をします。(効果も出ます!)

テンソルリングはなぜかそこまでの反応は感じないのですが、面白いのはリメディやパワースポットコイルと一緒に使うとその反応の感じ方は強化されますね。

なので昨日はクライアントに

  • 触診やエネルギーを読む
  • パワースポットコイルをかざし、その部位を細かく限定する
  • パワースポットコイルにテンソルリングを重ねて放置する

という感じで行ってみるとエネルギーの流れや触診に変化は即現れています。

昨日特によかったのはメンタル系のダメージからネガティブエネルギーを纏っていた人の変化でした。一瞬で体が緩みました^^

ただ全ての人に同じ変化が出ている訳ではないのでこれからも検証して行きます。

治療院から帰って家では

パワースポット状態にして枕の下に置いていますが、この2日間目覚めがスッキリしています。隣で寝ている8ヶ月の息子も置いてからの2日間は夜中のぐずりがほぼ無し!

先日お伺いしたSE-5 1000のユーザーの方は
「見ただけでパワーが来たので、すぐ購入したんですよ」
とおっしゃっていただきました。

ということで、多くの人への効果が証明されつつあります。

投稿者: たかお

毎度、お世話になってます。店主です。