ニューライフリメディテクノロジーの応用

まずは、この動画をごらんください。

この装置は誰に対しても体軸を設定します。

プロ、アマチュアを問わずアスリートには必要なことです。
ゴルフ、筋トレ、テニス、バドミントン、ハイヒールでのウォーキングなどにおいて体軸を強化するとスポーツのパフォーマンスが向上することが確認されています。
当然、怪我をしにくく、姿勢がよくなり、疲れにくくなります。
介護などで重いものを持ち上げる方にもオススメできます。

今まで体幹を入れるために、さまざまなトレーニングや体の使い方が提案されてきました。
しかし、この装置ではものの数秒で体幹が設定されます。

原理

星先生が発見したニューライフリメディ療法は、ボトルに入れた水にライフの周波数を特殊な装置で転写して使います。

これは数多いボトルをあらかじめ準備しておき、クライアントの状態に応じたボトルを素早く、何種類も取り出して対応するためにはとてもよい方法だと言えます。

しかしボトルはガラスで中身は水とはいえ液体なのでさまざまな環境で使っていただくためには難しい点がありました。

それはわかっていたのですが。。。。

まったく関係ないつもりで制作した製品でパーソナルパワースポットのために二重らせんコイルがありました。
ところが、このコイルを使ってライフの周波数を人体に照射すると、リメディをかざした状態と同じ効果が得られるのです。

何度確認しても、その現象は起きます。

つまり、リメディの現物を作るまでもなく、その場でダイナミックにライフの周波数療法を実施できるということです。

そこで先の二重らせんコイルとリメディを生成する回路を超小型にする試みを始めました。
発振器は1ヘルツから5メガヘルツまでを正確に出力することができます。
人間の耳に聞こえるもっとも高い周波数が20キロヘルツです。5メガヘルツとは同じ単位で表現すると、5000キロヘルツまで出力可能ということです。
当然、耳では聞くことができませんし、音叉などで発生することは不可能です。
ライフの周波数療法ではここまで高い周波数を使います。

最終的には単4電池2本でシャツのポケットに入るサイズになりました。
ここまでたどり着くのに2020年末から2021年5月までかかりました。

バリエーション

もうひとつ、すぐに効果がもたらされる周波数リストに「筋肉疲労回復」があります。
ロイシン、イノシン、筋肉の疲労回復、神経の疲労回復のライフ周波数リストを順次発生します。
これはトレーニング後に筋肉痛を起こしそうなところにあててプッシュスイッチを押してLEDが消灯するのを待ちます。必要な箇所に繰り返します。

マインド・クラフトでは代替療法の機材をいろいろ扱っていますが、誰もが普通に体験できる機器として自信を持ってオススメします。
ぜひ、お試しください。

あっという間に200台売れてしまい、ご迷惑をおかけしております。
世界的半導体不足の影響を弊社も受けており、生産が遅れており申し訳ないです。
9月ごろには販売を再開する予定です。

工房こぼれ話

今回の機器は、過去の経験の上に開発された世界中で、ここマインド・クラフトにしか存在しない装置です。
可能な限りの実証を重ねた結果による明確な目的のある機器です。
しかも精神面やエネルギー体を対象とせず、肉体を対象としています。
しばしば「霊的なものは周波数が高い」と言いますよね。
しかしマインド・クラフトで長年製品を作ってきた経験からすると、エネルギー体を対象のほうが周波数は低い(たとえばシューマン周波数の7.83Hzなど)一方で、今回の肉体レベルだと数メガHzを必要とするということが結果なのです。
不思議です。
多くの人にお使いいただきたいので、ユニークな機能のわりに、お値段はかなり控えめにしたつもりです。

投稿者: たかお

毎度、お世話になってます。店主です。