マイクロラジオニクス

世界最小?のラジオニクス

*この装置でレメディ・ポテンタイザーの代用はできません。内部の回路がまったく違います。なによりダイヤルの数が違います。

友人が出張用に欲しいということで、とても小さいラジオニクス装置を作りました。13cm x 6.5cm x 3cmです。マッチ箱で大きさをご理解いただけるでしょうか。

スティックパッドは、Mind Craftでいろんな素材を試した結果、最善と思われるガラスエポキシ製です。

“マイクロラジオニクス” の続きを読む

気オーガナイザー

在庫限りで、この製品は終了です。
長い間、お使いいただきありがとうございます。
この技術が、気オーガナイザー2, Chi-O Phi, マイクロ・シールドといった製品へ展開されていきました。記念碑的な製品でした。

Mind Craftではしばしば「電磁波の悪影響から逃れるツールはないか?」というお問い合わせをいただいてきました。
しかし、今まで、理論的にも実効的にも「これは!」というものがありませんでした。銅板の模様ごときで電磁波の悪影響が消えるはずもありません。
ようやく友人のドン・パリス博士達がよい製品を開発しました。
この装置は気のバランスを調整し、肉体、感情、精神のレベルでの健康を保つことができます。

“気オーガナイザー” の続きを読む

思念を書き込む

サイコメトリーという言葉を聞いたことがあるかも知れません。
一般的にはこの言葉は、モノから持ち主や置かれていた周囲の環境を読み取る能力をいいます。

そんな特殊な能力がなくても、モノに記録された思念に人は影響を受けることがあります。
“思念を書き込む” の続きを読む

SE-5で処理した水

このビデオはSE-5 1000のユーザーにより撮影されました。
SE-5 1000でエネルギーを与えた水とそうでない水を各々花瓶にいれ、切花をさしたのです。
写真は一定時間ごとに取られています。片方は生命と色が残り続けていることがわかります。
ほんの1分20秒のビデオですが、IDFが現実に与える影響がわかりやすいビデオだと思います。
見終えたら、ぜひ、SE-5 1000であなたも試してみてください。

SE-5入門コース

SE-5 2000/1000をお使いの方は、筆者もしくは代理店の方から装置の動作確認と、最も基本的な動作を学んだと思います。
(筆者もしくは代理店の知らないところでSE-5装置を譲り受けても、IDFSoftwareの使用ライセンスは譲渡されません。別途、有料です。)

その時にノートを取って覚えるくらいのことをしないと理解できないはずです。
取らないならば、何度も講義を聞いて復習するしかありません。

ここではそのために、あちこちにある資料を順序だてて紹介します。
何度か見て実機を触っていると知識が定着するでしょう。

1. 最初のオペレーション (日本語字幕ビデオ)
このシリーズで生徒をやっている人は本当に初めて体験している人です。
fSE-5 1000の本体のスロットに対象となる人の写真を入れているところに注意してください。これで装置の対象となる人を決めています。
教えている人は装置の考案者のドン・パリス博士です。

入門コース1ダウンロードして御覧ください。

入門コース2ダウンロードしてご覧ください。

入門コース3ダウンロードして御覧ください。

動きがわかったら次のPDFドキュメントを印刷、もしくはPCから見て単体の操作を理解します。

入門ブック日本語版

SE-5の付属品の説明と基本 このビデオは英語ですが上のビデオを見た人はわかります。復習です。
*ただし今のSE-5 2000はデジカメとプリンターのセットはついていません。携帯電話での撮影が普通になったからです。
プリンターは私はCanonのスマホプリンターInspicを使っています。スマホからPCにうまく転送できるならば、それがベストです。GoogleドライブやMicroSoftのOneDriveが無料でファイルをスマホとPCと共有できます。

レプリケーション(転写)の仕方。本体だけでできます。メチャ簡単

PCソフトウェアのインストール方法 導入されていれば見る必要はないです。

PCソフトウェア(IDFSoftware.exe)による分析

これは大事なビデオです。PC版の基本的操作です。概要を下に記します。

  1. オペレーター、クライアント、なんのセッションかを入力する。クライアントの写真はできればPCにダウンロードして、ここに入力しておいたほうがよいです。
    *のマークのついた項目はすべて入力する必要があります。
  2. 妨害要素を確認する (あまり厳密にやらなくてもよいが、+が頭についているものはポジティブ要素、ついていないものはネガティブ要素。これはすべてのチューニングに共通)
  3. データは「プログラム、サブプログラム、チューニング」の階層構造になっています。
    最初はプログラムの単位でスティックがないかを調べ、あれば次にサブプログラムの単位で調べ、チューニングを調べます。
  4. 該当したチューニングで「選択」をすると、チューニングを調査するダイアログが出ます。ここでどれくらいの強さかのポテンシーをダイヤルを回しながらスティックプレートで反応を調べます。
    ここに何度も入力できるタブがありますが、改善したかどうかを記録する機能です。測定したらSaveします。
  5. さらに同じ動作でチューニングを見つけては「選択」し、ポテンシーを測定して記録します。
  6. すべてをSaveすると、選んだチューニングがリストに残っているはずです。Saveします。
  7. 作ったセットは再度、編集できます。
  8. 次にWord Tuningをしてみます。SE-5ではすでにレートはあまり気にしていません。
    (注意:伝統的なラジオニクス装置はダイヤルでしか表現できないので数値を使うしかありませんが、コンピューター化されたSE-5ではアルファベットで考えを入れる、このワードチューニングが主流です。日本語の場合、ローマ字で構いません)
    必要な言葉を設定して、セッションに追加できます。
  9. (1:03くらいから)バランスの取り方の説明をしています。セッションでポテンシーを測定しました。そのポテンシーをどうするか、がバランスという方法の目的です。望ましいチューニングのポテンシーは100にしたいでしょうし、望ましくないチューニングのポテンシーは0にしたいでしょう。
    それをポジティブチューニング、ネガティブチューニングとしています。
    +ーのチューニングが混在している場合、Run Bothでポテンシーをセットしますが、この時は50としてください
  10. バランスを取る一回あたりの時間をスティックパッドで測定します。Delayは次のバランスまでの待ち時間です。1,2秒でいいでしょう。何回繰り返すかもスティックパッドで選定します。トータルの時間が出ますが、1日、2日くらいはよくあることです。
  11. バランスを取る画面になったらポテンシーダイヤルを100,50,0にしてバランスをスタートします。
  12. バランス中にビデオ、音楽、イメージ色など(imagesフォルダー)を流すことができます。これもスティックパッドの感覚で選択をオススメします。
    お経などを私は流すことがあります。デフォルトでジオメトリーレメディもいくつか入っています。
    セッションの編集で設定します。
  13. バランスをスタートすると、その時点時点でチューニングデータがSE-5 2000本体に転送され、表示されていることに注目してください。
  14. (1:23.17) レメディの作り方。バランスでpotentizeを選ぶか、データからPotentaizeを選びます。
  15. 例えばArnica(アルニカ:ホメオパシー) 6xをセットし、転写時間はスティックパッドで今までのように決めます。いくつでも設定できます。
  16. リストを作ったら選んで、SE-5 2000本体のポテンシーダイヤルを100にセットし、転写したいボトルはスティックプレートの上においてバランスを開始します。
  17. その他の細かい機能。
    セッションをエクスポート(持ち出し可能ファイル)にして、他のSE-5ユーザーに送りインポートすることができます。
  18. (1:32:04) セッションデータはSE-5 2000本体に送ることもできます。そうすると本体だけで特定のクライアントのバランスを取ることもできます。(容量に限りあり)
  19. (1:34:55)独自のプログラムやチューニングを加えることもできます。
    データからプログラムに入り、作った人の名前をいれ、descriptionに機能などを書きます。
  20. Addすると新しいprogram名などの入力画面が出るのでそれを埋めます。サブプログラム欄はダブルクリックして入力します。Addします。
  21. Addしてからチューニングの項目を入力します。
  22. チューニングにイメージを入れることができます。チューニングのリストでチューニングを選ぶとイメージを入力することができます。(これをやっておけば、セッションで入力しなくてすみますね。)
  23. (1:39:00)データベースバックアップとリストア
    重要なデータが入っている場合、バックアップ取ってください。
  24. タイマーは割愛。
  25. Tool->Optionで背景を変えられます。
  26. Tool->Calendarに日記や覚え書きを書いておけます。

 

ステップの7までが、人や対象物にどういうIDFが関係しているか調べる(分析)の方法です。
ラジオニクス装置を実際に使ったことがない人は、レートや装置でレートが的中したというシナリオにこだわります。
たしかに医療的に使うのであれば、この方法を取ります。日本でラジオニクスはあまりに医療目的での使い方に傾斜しています。

ラジオニクス装置はそんなことよりも、はるかに価値がある使い方があります。

それは対象の人や物を「好ましい方向にバランスを取っていく」という機能です。この考え方からすると、人体の愁訴は現象のひとつに過ぎないのです。

その「好ましい方向にバランスをとる」具体的な例のひとつが以下のビデオにあるポテンタイズです。上のビデオのステップ14にもあります。

ポテンタイズの仕方(レメディの作り方)レメディの名前と希釈度を入力して作成します。

レメディを作る場合、対象は瓶に入った水です。これにポテンタイズするためにWord Tuning(言葉を書き込む)ことを行っています。
この言葉が「ビジネスでの繁栄」でも、もちろん動作するということです。

まとめると、従来存在する事象(病気や精神的な問題)を改善するためには、その事象(レート)にバランスを取り、ポテンシーダイヤルを0、50、100で望ましい方向にセットします。
まったく新しい事象を入れたい場合はWord Tuningで言葉をセットしてポテンシーダイヤルを0,100にセットするということです。

これがSE-5 2000の基礎であり、レートにあまりこだわるべきでないことがわかります。患者のカルテ機能やその他は付属品です。

食べ物のバランス(望ましい方向へ波動調整)を取る方法バランスプログラムはPCからダウンロードしているので操作方法のみみてください。

複数のセッションをまとめてバランスを取る方法

SE-5 1000ソフトウェアがバージョンアップしてからの新機能 SE-5 1000自身のプログラムをPCでみられるようになりました。

SE-5 2000になってついた機械式スティックプレート(PSD)の紹介
SE-5 1000プログラムでスティックパッドを使うべきところでは、感度調整ウィンドウが出ます

世界でもっとも売れているラジオニクス装置

それがSE-5 1000です。

ラジオニクス装置は当サイトに資料があるとおり、長年の実績があります。
SE-5は1986年発表以来、世界中で使われてきました。
SE-5 1000は2009年に発表され、2011年に日本語サポートが開始されました。

人体に限らず、農業、ビジネスに応用できる柔軟性、長年の経験によるノウハウ、多くのユーザーによる強い意識の場などなど、他の情報エネルギー分析器の追随を許しません。
外観を見ただけで、古典的ラジオニクス装置との違いがわかると思います。

SE-5が伝統的なラジオニクスより進化しているのは、装置の考え方にも現れています。
SE-5は次のような原理で動作すると考えています。

世の中の森羅万象のものは、固有の情報を持ちます。それは三次元世界で現実になる前から存在します。それを仮に「情報エネルギー」と呼びます。(SE-5の世界ではIDFといいます)

そのエネルギーを操作できれば、具現化する前に働きかけることができます。
東洋では古来、「気」と呼ばれ形がない情報を広く受け入れ、生体を流れる目に見えない、科学では見つからない存在を応用してきました。

すでに形があるものでも形になる時にこめられた思念によって、エネルギーの形は違います。
それはレトルト食品と家庭で作られた料理の違い、言葉になる前の感情などにより、誰もが感じることができるものです。

私たちは形になる前のなにかを感じ続けてきています。

SE-5が扱うのは、この見えない情報エネルギーです。見えない情報を扱うために、さまざまな工夫が詰め込まれた機械なのです。

目に見えない情報エネルギーを測定するということは、森羅万象、すべてのものの本当の意味を知り、コントロールできるということです。

あなたも少しの努力でそれが可能となります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAもう少し、SE-5 1000の概要についてご説明します。

もし、情報エネルギー分析システムについてあまりご存知でなければ、SE-5 1000は洗練された方法を研究のためにお届けします。

IDF、情報エネルギー、バイオフィールドなどと呼ばれるものとのインターフェースを提供します。さらに、小規模ビジネスや仮定での選択をするための完全な装置としても使うことができます。

なにを検知し、どれくらいのコストか?それについてはとてもよい話となります。

ほとんどのラジオニクス、情報エネルギーの分析システムは軽く数百万円します。そして、とても複雑です。そのためにさらに数十万円をトレーニング費用にあてねばなりません。

SE-5 1000はメールで購入できる程度で、トレーニングについてはほぼ無料です。
アドバンスコースこそ有料ですが、必須ではありません。

SE-5 1000の特徴をあげておくと、(以下、Don Paris博士の話のまま)

  • 遠隔で高いレベルのスカラー波をだします
  • 視認しやすいデジタルLEDディスプレイ
  • 早く簡単にリメディを作るための自動ポテンタイズ機能
  • PCとはUSBでの接続(最新のWindowsシステムに対応)
  • 正確なポイント、スキャンのために赤色LEDが点灯するプローブ
  • サウンドをブロードキャストするためにオーディオ・インターフェース付き
  • バランス(調整)をどんなものにでもできるようにELの出力ケーブル付き

そして、なによりも世界中の多数のユーザーにより意識の場ができており、信頼すれば思ってもみない速度で使用できるようになります。

マインド・クラフトはSE-5 1000の製作者Don Paris博士の承認を受けた日本総代理店です。

SANYO DIGITAL CAMERA

 

私の力の及ばないところは、博士に質問して答えをもらうこともできます。

ラジオニクスはマインド・マシンの最終形

現実と心の関係

みなさんは料理を自分でやられることはありますか?
少しでも料理にたずさわったことがある人ならば、いろんな味をよくするノウハウというものをお聞きになったことがあると思います。例えば、ゆでたタケノコはコンクリートの上に置くとエグミが抜ける、とか。

また、みなさんの中にはオーディオファンの方もおられるでしょう。少しでも音をよくするノウハウというものをお聞きになったことがあると思います。例えば、ブチルゴムでコネクターを巻いてしまう、とか。

物質科学的に考えるならば、料理は切る叩くなどにより形状を変化させ、熱をくわえたりすることで科学的変化を起こしているだけのものです。音の再生は電子機器による測定器により人間の感覚を超え、完全に状態を把握できるものです。

ところが、人は感覚器官の先にいわく言いがたい違いを感じます。
「そんなものはない」という断言は、ミョウに粗雑な感覚を我々の心の中に呼び起こします。

鍼灸や整体にいき、ツボや経絡といった話で体調を語ることは、ごく普通に行われています。しかし、ツボも経絡も科学的には証明されていません。
しかし、多くの人は傷みがとれたり、ラクになったりします。しばしば耳にする話は、「病院で痛いといくら訴えても、わからない、といわれていた傷みが、○○治療院ですっと取れました」
やはり、物質以外のなにかの存在を人は認めているのです。

人のみが意味を知り作る

人は、現象に意味付けが得意です。「雨が降らない」だから「作物が育たない」だから「作物が少ないと収入が減る」だから「雨が降ってくれなければ困る」
といった考えを瞬時に行い、「雨が降らない」「降ってくれなければ困る」と考えます。

ここで、「雨を降らせる」自然の存在を見出します。
その存在はどういう性格でなにをすれば、人間は雨を降らせてもらえるのでしょうか?
さまざまな伝説が付け加えられ、「雨の神様」の概念が出来ます。
その神様を多くの人が長年に渡り、敬い祀り意思を集め続けると、意思だけの存在が出来上がっていきます。そして雨は実際に降るから止められない、止めるとなにか気持ちが悪い。

同様のことは肉体でも起きます。
よく代替治療で治ると「プラシーボに過ぎない」といいます。しかし、その背後に注目しましょう。人の体を治すのは体自身であることを忘れ、まるで「プラシーボ」という物質が治しているような錯覚をしていないでしょうか。
真正面から生物の自己治癒力を前提とした時、自己治癒力の素晴らしさ、精巧さに人は神を見ます。なにが自己治癒力を引き出すかは、千差万別です。それは医療をふくめ数多い代替医療が示しています。

心の世界が現実に影響を与える

ここまでで、最初に微細な存在の話をし、次に微細なものから現実を作り出す話をしました。ルパート・シェルドレイク博士はこれらを「形態情報は記憶される」という表現を使いました。仮説に過ぎませんが、意識の蓄積、それに従う現実をうまく表しています。

これらが体系だてられている世界があります。ちょっと禍々しいですが呪術の世界です。心の動きで現実を変えるための原始的な意識工学といってもいいでしょう。そこから見出される原則を列挙します。

  • 象徴の概念にそった扱い方によるイメージの明確化
  • 繰り返し、もしくは多人数による思念エネルギーの蓄積
  • 現実界にひな形を作る

最後の「ひな形」について説明します。
どの宗教でも神に願うには、儀式、依り代(神が憑依するモノや人)、象徴的道具(剣、鏡、花、十字架、パン、などなど)を必要とします。これらは、概念を物質に象徴させているのです。

古来、人類はこういう所作により見えない世界に働きかけ、現実を変えようとしてきました。

人間主義

ここで少し、オカルトの分野の事例を見ます。実は、霊のみという存在は無力です。誰も人のいない山奥で大木を倒すといったことが霊だけで可能であった例を私は知りません。霊の物理作用としてよく引き合いにだされるのがポルターガイストですが、これも必ずパワーを発揮する人(多くはヒステリー気味な若い女性)が事件の中にいるのです。霊は触媒に過ぎません。さらにいうと、霊は思考が流れない、特定の意思だけが漂っているような存在ですよね。

霊能力者といわれる類の人の周りではあらゆるものに霊が感染します。パソコンも例外ではないようです。つまり、霊というものは人間を媒介として、もっというと、人の超能力を利用して始めて他の人や物に作用できるのではないでしょうか。今までのあらゆる霊に対する考え方を逆転したものだと思ってもらったほうがわかりがいいかも知れません。霊が主人のように言われていますが、実は霊能力者が本当の主人、パワーの源だということです。

似たものに、ダウジングの世界で「ソートフォーム(Thought Form)」という考え方があります。一番有名な例は、ある部屋で数人の人間が机を取り囲み会話しながら、強く机の上に箱などを想像します。そのまま念じた人々が部屋から出た後、ダウザーが机の上をダウジングすると箱を検出できる、という現象です。ダウジングを通して見た世界では実物と念じたものは区別がないのです。ちょっとした思念ですらこれくらいの影響度をもつのです。

万能の装置 ラジオニクス

このように、オカルトの世界では思念と物質の区別はありません。
かといって荒唐無稽とは言い難く、思念と物質の間には最初に見てきたような、まだよくわからない関係はあります。

その関係の原理はわからなくても、応用することはできます。
荒唐無稽な電子回路であるラジオニクス装置が動作するといわれているのも、内部の線は物理的というよりは「こう流れる」という意思を表した象徴です。それゆえ、紙に書かれたものであってもかまわないのです。

SE-5は20世紀初頭のラジオニクス装置をより使いやすくするために、操作する人が感知しやすいような図形、アンプ、浄化機能などを搭載したものです。
「思念を形にして、現実に影響を及ぼす」
これがマインドマシーンとしては究極であることが、ご理解いただけるかと思います。

 

情報の転写

なにかを複写する、ということはある物質のIDFを他の物質にポテンタイズする(活性化)ということです。

こんな経験があります。
仲間内でコーヒーショップでSE-5 1000で遊んでいて、カフェイン抜きのコーヒーにカフェインを入れられるか、という話になりました。
数分、試してみたところ、そのコーヒーを飲んだ人間はたいへん元気になりました。普通のコーヒーよりも元気になった感じです。間違いなく物理的なカフェインは入っていません。

別の時ですが、水にあるビタミンのIDFを入れてみたことがあります。知らずに飲んだ人はなにか水の変化を感じました。少し酸っぱい、と。
私はこれは二重盲検テストをやるいいチャンスだと思い、水の両方を外側を見えなくし、グラスにそれぞれ注いで飲ませてみました。
「酸っぱいほう」というと必ずビタミンのIDFを入れた水をあげるのです。

IDFを転写することで、このような感覚的な差異がしばしば起きます。

手順:

1. 通常のスタートアップ

もし、ふたつともとても小さいならば、リプリケーターが使えます。単純にINPUTのコイルのところに入力物質をおき、コピーされるほうの”ブランク”の物質をOUTPUTコイルにおきます。
星型のボタンを押してください。レプリケーション(コピー)が始まります。十分だと思うところで止めてください。とても簡単です。
以下の手順は比較的大きいモノを扱う場合です。

2. セルにインプットプレートを差し込みます

3. 転写したい物質のサンプルをインプットプレートの中心に起きます。

4. 転写される方の物質をアウトプットプレート(スティックプレートです)の上におきます

5. ポテンタイズ(Potentizing)プログラムを選ぶと、“Type IN NAME /POTENCY.”とディスプレイに出るはずです

6. 名前とポテンシーを入力する代わりに“FTHG / REPLICATE IDFs OF SOURCE.”と入力します。日本語でいえれば、”元のIDFをコピーします”という意味です。ローマ字で”Moto no IDF wo COPY”でもよいです。

7. アンプリチュードダイヤルを100(右に回しきる)にし、バランス(BAL)モードにセットします

8. コンピューターは“POTENTIZING.”と表示します。しばらくすると”COMPLETE”になり、IDFのコピーはおわります。

9. 測定モード(mes)にし、SE-5 1000から入力も出力に置いた物質もとりはずします。

Q. これは水をターゲットとした時、水になにかしているのですか?

A. この件についてふたつの経験を知っています。
The first was a process that Marcel Vogel did with programming a crystal with ‘white light’ IDFs, and then let wine spiral down in a tube around the crystal. He would measure the infrared and ultraviolet spectrum of frequencies of the wine before and after the run. His ‘potentized’ wine showed the I.R. and U.V. signature as that of the finest wines. His potentized wines have won the Finest Awards for the best wine for 5 years straight!

Then he tried putting water through the same process and the I.R. and U.V looked exactly like that of the wine! He said it even tasted a little like wine, but not enough to bring up conversations of the Second Coming. Another experiment was done at Harvard, I believe, where they put a substance in a small dish that had a strong magnetic field and then shined a laser over the top of the dish. At the other end of the laser light, there appeared microscopic traces of the substance. Somehow the light carried enough IDFs to complete the manifestation.

石や宝石の浄化

これはSE-5 1000の面目躍如の使い方です。すぐにできて、違いがわかりやすいのです。
指輪や石は長い間使っていると、汚れていないのに、くすんできます。それは「ネガティブ」が貯まってきたためです。
次の方法で石の輝きが微細な場の違いで変わることを、あなたも友人も理解するでしょう。
この方法は装置のクリア機能を使うだけなので、誰でもできます。

石のクレンジングや、自分のIDFを入れて人にプレゼントするといったことも可能です。

手順:
一般的には、3,5回、繰り返してみてください。

1. 通常のスタートアップ

2. インプットプレートをセルに差し込みます。

3. 石やリングを入力プレートにおきます。

4. 5秒ほど、SE-5 1000をオフにします。そして、またスイッチを入れます。

5. また五秒ほど待ちます

6. 石を見てください。前より輝いています。

強化するためには、ウィンドウに”“CLEAR INPUT OF ALL NEGATIVITY”といれ、MEasureスイッチをバランスにし、アンプリチュードを100にしてください。

自分にあった住居地を見つける

転居を考えていますか?どこが最適の場所なのでしょうか?(アメリカ人は大陸に住んでいるだけに、割合と簡単に場所を移る)

どこで成功するでしょうか?この質問に答える方法があります。同様の方法は休暇をどこで過ごすか、ビジネスをどこで展開するか、などにも使えます。

ぜひやってみてください。まるで冒険ですが、望む結果を得られます。ある場所は個人的に非常にあなたのビジネスなどに適合した場所でしょう。もし、家族などがおられるのであれば、彼らもサンプルに加えてください。より全体としていい場所を発見できます。

手順:(ログイン会員のみ)

1. 通常のスタートアップ

2. あなたの写真、髪の毛、その他あなたを表しているものをグラシン封筒にいれ、セルの中におきます。

3.スキャンするプローブをつなぎます。

4. ワードチューニングオプションでウィンドウに言葉を入れます。
“FTHG / MOST BENEFICIAL PLACE TO LIVE” 私に最適な場所

5. Normal/ScanスイッチをScanにします。

6. アンプリチュードは100です

7. 適当な地図を出します。世界から始めてもいいです.国、州など。
左端から右に向かってをスティックプレートをこすりながら走査していきます。スティックを感じたところをマークしておきます。
(もし、スティックするところがないならば、もっと広い範囲の地図を用意しましょう)

8.次に左端から下に向かって同様の走査をします。

9. 両方が重なったところのあたりが該当の地域です。さらに詳細な地図を用意します。

10.明確な場所がわかるまで7,8,9を繰り返します。
最後には実際に行ってみて、直感で最適な場所を決めます。

QA
Q. 私は友達のための場所を見つけることはできるでしょうか?
A. はい。誰のための場所も見つけられます。Step1をやった後、友達のサンプルでやってみてください。

ビジネスの決定

車を探したことはありますか?家を買うのはさらに面倒ですね。
リストの中から選べるSE-5 1000による方法はもっとも早く、決め事を終わらせられます。車を探す時間を新しい車を運転する時間に使えます。

いくつかの候補から自分の希望のものを選び出すことは、SE-5 1000の素晴らしい機能です。

Q.株のリストでも使えますか?

A.使えますが、未来は不確定で道が決まっているわけじゃないです。時間の流れが引っ張っているなら、強い傾向はありますが、変化の要素はワイルドカードです。
ただ、主なゆらぎやマーケットの動きは、強いIDFをもっっていると信じています。ある人は長い間それを呼んで、いい精度をだしているようです。

Q. ビジネスでバランスを使うのはどうするのですか?
A.SE-5 1000のバランスはいろいろ使えます。障害を検知したらいつも、Clearしてください。

手順:(ログイン会員のみ)

1. 通常のスタートアップ

2. スキャニングプローブを接続します。

3. セルにサンプルをいれます。

4. Normal/ScanをScanにセットします。

5. Windowsに “FTHG / MOST APPROPRIATE CAR (HOUSE, ETC.) FOR THE BEST PRICE.”
(よりよいか、もっとも適切な車(家、他)が最適の価格で入手できますように)

6. Amplitudeを100にし、スティックプレートをさわりながら名前のリストをプローブでたどっていきます。

7. スティックしたら、紙に小さなマークをつけ、残りも調べます。(心の中で私は「これかな?」と聞きながらやっています。)

8. マークをつけたリストに戻り、絞り込んでいきます。「これらのどれがベストでしょうか?」
ふたつに絞り込みます。ふたつにしているのは、バックアップのためです。

特有な用語

IDF (Instrinsic Data Fields)
情報の「場」一般に対象の周りを囲む一群の波または情報
サトルエナジー
しばしば誤用されてきた養護。これは一般的なエネルギーではなく、情報を含む場=IDFのことを指す。
プログラム
二種類あります。PC側「ソフトウェア」とSE-5 1000本体内の「ファームウェア」です。
スキャン
適切なコード、チューニングを見つけ出す操作をいいます。
バランス
対象のIDFが平均的なレベルまで回復するよう促すためにIDF情報を伝える、送信すること
チューニング
連続した数字や文字、あるいは来科学的なパターンでIDFを表現したり、選択できるようにしたもの
パターンニング
対象のIDFへバランスを促したり、または理想的なIDFを送ること
ミアズム
生体場に置けるバランスの崩れた情報
ポテンタイズ
ある素材の内側に特定のIDFの好ましい活性レベルを作り出すこと

装置や消耗品の販売について

SE-5 2000の購入については、まずお問い合わせいただくことを強くおすすめします。
基本的には最寄の代理店をご紹介します。
お問い合わせはこちらからお願いします

 

いくつか消耗品があります。

グラシン紙封筒

サンプルを入れる封筒。
grasin_s

なお、POGOプリンターの用紙は、Amazonなどでも売られています。

研修とサポートについて

SE-5 1000は、開発者のDon Paris ph.Dにより充実した教育プログラムが企画されています。

サポートは随時お受けしていますが、筆者もしくは代理店の知らないところでSE-5装置を譲り受けても、IDFSoftwareの使用ライセンスは譲渡されません。中古SE-5 1000のソフトウェアのアップデートは無償ではありません。機器の修理もふくめ、別途、有料です。

1. エントリーレベル
SE-5 1000を購入された方は必ず、100分の講義を受ける権利をもちます。
これはSkypeになる場合もあります。
しばしば雑談のつもりでいろいろな質問をされる方がおられますが、その時間を含んでいます。
東京都内以外での受講はスケジュールがあえば応じますが、交通費は別途いただいております。

2. 基礎的使用方法

このページを御覧ください。基礎的な操作は網羅されています。

3.アドバンスドコース(予定)
多くの例について学びます。
終了すると、認定証が出ます。

4.マスターコース
SE-5 1000の制作者、Don Parisから直々に講義を受けます。場所はバリ島の予定です。
終了すると、認定証が出ます。以下は前回の例です。

we will be having a 7 day SE-5 training seminar in Bali, Indonesia. It will be at our heavenly retreat center ( www.bali-shangrila.com ) and will be taught in English with Chinese translation available. I will be co-teaching with Jan van der Est from Holland of the Institute of Light Therapy.

We will be exploring a whole new direction of applying the SE-5 1000. The results have been amazing! You will be learning about the Miracle Meridian and how it plays the central role in healing based on Chinese Medicine. But we will also explore the relationship between the physical body and the informational body and how similar they are. We will learn how colors can be utilized with balancing for extreme effects.

Here is a basic overview:

The class will be divided into two parts. The first part will be taught mostly by me and the second part will be taught by Jan van der Est from Holland.

Part one will be more focused on theory and practice with the SE-5 1000 for personal use (and family etc.) and part two will be more focused on using the SE-5 1000 in a clinic.

Part One:

Review of basic use of the SE-5 1000 ( and accessories)
Basic analysis and balancing procedures.
The use of Reagents (physical substances to enhance Balancing)
Compatibility of foods and vitamins (both for health and to counteract disease)
Chakras and Organs

Part Two:

Working on the physical level:
Food and oxygen
Blood and the circulatory system
Lymphatic fluid and the lymphatic system
Disturbances by microbes (viruses/bacteria/parasites/molds)
Disturbances by toxins
Disturbances by environment (a.o. electromagnetic)
Physical disturbances (a.o. injuries/tissue trauma)
For each area we will:
explain importance and role
use a case (from my own practice) to illustrate
guide them into the database to find the related tunings
have them measuring it using their own picture (or their neighbor’s)
have them balancing it.
Then we will look at how the physical is similar to the Informational, for example:
(physical) nutrients and oxygen gather in the blood and are distributed via blood and lymphatic vessels
(informational) Jing and Shen gather in the Qi and are distributed via the meridians
Questions and Answers will be mixed in throughout the seminar.

Translate »